FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
戦争意志とは何か(2)

昭和の15年戦争年表


 昨日、久しぶりの本屋をのぞいたらすごい本が目 に入った。

半藤一利編著『昭和史探索1~6』(ちくま文庫)

 半藤さんの解説や論考もあるが、どちらかという と資料集であり、膨大な資料が収録されている。 これを教科書として追加する。

 さて、対米英戦争を太平洋戦争と呼ぶが、 この戦争だけを切り取って論じることはできない。 太平洋戦争にいたるまでに大日本帝国が「選択し ていった政治過程・政治的動向」の累積を無視して は事の真相はつかめない。少なくとも満州事変まで は視野に入れなくてはならない。満州事変から太平 洋戦争までを一続きと考えて「昭和の15年戦争」と 呼ぶ所以である。

 まず、「昭和の15年戦争」のうち、 1931年~1940年のおおよその経緯を、年表で確認 しておこう。(随時、訂正・追加をしていきます。)

1931(昭和6)年
  3月 三月事件(軍部内閣結成の陰謀)
  9月18日 柳条湖事件(満州事変勃発)
  10月 十月事件(政治結社「桜会」による クーデター計画)

1932(昭和7)年
  1月 上海事件
  3月 1日 満州国建国宣言
  5月15日 五・一五事件

1933(昭和8)年
   1月  山海関占領
   2月  熱河作戦開始
   3月28日 国際連盟を脱退
   7月  神兵隊事件
  10月14日ドイツが国際連盟を脱退

1934(昭和9)年
   3月   満州帝政実施(皇帝溥儀)
   8月   ヒトラー、総統・首相を兼任
   9月18日 ソ連が国際連盟加盟
  10月   中国共産党の長征開始
  12月29日 ワシントン海軍軍縮条約を破棄

1935(昭和10)年
  2月18日 陸軍中将・菊池武夫、天皇機関説 (美濃部達吉)を糾弾
  3月16日 ヒトラーがヴェルサイユ条約を破棄
     ナチス・ドイツの再軍備宣言
  8月   第一次国体明徴・機関説排撃声明

1936(昭和11)年
   1月15日 ロンドン海軍軍縮会議から脱退
   2月26日 二・二六事件勃発
   3月   メーデー禁止通達
   3月 9日 岡田啓介内閣総辞職
      広田弘毅内閣成立
   5月   軍部大臣現役武官制復活
   8月   五相会議、「国策の基準」決定
      大陸・南方進出と軍備拡充などを含む
  11月25日 日独防共協定締結

1937(昭和12)年
   1月   政友会浜田国松、衆議院で軍部を批判
   1月   広田内閣総辞職
   2月   林銑十郎内閣成立
   6月   第一次近衛内閣が発足
   7月 7日 日中戦争勃発(盧溝橋事件)
   8月 9日 第二次上海事変
   9月22日 中国、第二次国共合作が成立
  11月   日独伊防共協定調印
  12月13日 日本軍、南京占領(南京の大虐殺)

1938年
   1月   近衛声明(国民政府を相手にせず)
   3月   衆議院国家総動員法案委員会で陸軍省佐藤資了中佐、宮脇長吉委員に 「だまれ」と怒鳴り問題となる
   4月 1日 国家総動員法施行
   4月 5日 徐州占領
   7月   張鼓峰事件(満州国東部国境でのソ連 との紛争)
  10月   武漢占領
      国内では祝賀の提灯行列、旗行列続く
  11月   東亜新秩序建設の近衛声明
  12月   近衛首相、日中国交調整三原則声明

1939(昭和14)年
   1月 5日 近衛内閣総辞職
      平沼麒一郎内閣成立
   2月 日 国民精神総動員強化方策決定
   3月15日 全国の招魂社を護国神社に改称
   4月12日 「米穀配給統制令法」を公布
      コメが統制品となる
   4月   満蒙開拓青少年義勇軍の計画発表
   4月   「青少年学徒に賜はりたる勅語」下賜
   5月11日 ノモンハン事件(日本軍・外蒙軍の衝突)
   6月16日 国民精神総動員委員会、「生活刷新案」を閣議決定
      日本国民の男子の長髪及び女子のパーマネントを禁止
   7月   米国、日米通商航海条約廃棄通告
   7月 8日 国民徴用令公布
   7月 8日 日英会談決裂
   8月23日 独ソ不可侵条約締結
   8月28日 『欧州の天地は複雑怪奇』という声明 を出して平沼内閣総辞職
   8月30日 阿部内閣成立
   9月 1日 第二次世界大戦勃発(ナチス、ポーランド侵攻)
   9月 3日 イギリス・フランス・オーストラリア, ドイツに宣戦布告
   9月 4日 日本、欧州戦争への不介入を表明
   9月16日 ノモンハン事件の停戦成立
   9月18日 「賃金統制令」・「価格統制令」公布
  10月 1日 石油が統制品となり、配給制となる
  11月21日 イギリス、海軍軍縮条約の無期限停止 を国際連盟に通告
  11月25日 国民へ「白米禁止令」公布
  12月   内閣情報局設置。
  12月   朝鮮総督府、「創氏改名」を公布
  12月14日 国際連盟がフィンランド侵略を理由に ソ連を除名。
  12月25日 国内の木炭が統制品となり、配給 制となる。

1940(昭和15)年
   1月   阿部信行内閣総辞職
   1月15日 米内内閣成立
   2月 2日 斎藤隆夫、反軍演説
   2月11日 紀元2600年祝典
   3月   内務省、「不敬な」名前の芸能人十六名に改名を指示
   4月   米殻強制出荷命令
   5月   木戸幸一、内大臣に就任
   6月14日 ドイツ軍、パリ入城
   7月   ドイツによるイギリス本土空襲始まる
   7月   畑陸相単独辞職により米内内閣総辞職
   7月22日 第2次近衛内閣成立
   7月   松岡洋右外相が「大東亜共栄圏」「日 ソ独伊の四国同盟」構想を説明。
   7月   日本労働総同盟解散
   7月   独ソ不可侵条約調印
   7月15日 満州の新京に建国神廟創建
   7月   大日本農民組合解散
   8月   国民精神総動員本部、東京市内に 「贅沢は敵だ!」の立看板を立てる
   8月15日 立憲民政党解散
      議会制民主主義が実質上停止
   9月   日本軍、北部仏印進駐
   9月27日 日独伊三国軍事同盟成立
  10月12日 大政翼賛会成立
  10月   ダンスホール閉鎖
  11月   大日本産業報国会結成
  11月   日華基本条約調印

1941(昭和16)年
   1月   全国の映画館でニュース映画強制上映開始
   1月 8日 東條陸相、陸軍全将兵に戦陣訓布告
   2月   情報局が各総合雑誌に執筆禁止者の名簿を 示す
   3月   改正治安維持法公布、予防拘禁制を追加
   4月   国民学校発足
   4月13日 日ソ中立条約成立
   4月18日 ハル米国務長官、野村吉三郎駐米大使 に日米諒解案を提議
   5月27日 フランクリン・ルーズベルト米大統 領が国家非常事態宣言
   6月22日 ドイツ、ソ連に対し宣戦布告
   7月 2日 第一回御前会議、「情勢の推移に伴う帝国国策要綱」決定
      南進決定、「米英戦を辞さず」
   7月12日 英ソ相互援助協定締結
   7月18日 第二次近衛内閣総辞職
   7月19日 外相松岡洋右を豊田貞次郎と交代させ 第三次近衛内閣成立
   7月25日  米英、在米英日本資産を凍結
   7月28日 日本軍、南部仏印進駐
   8月 1日 米、対日石油輸出全面禁止
   9月 6日 第二回御前会議、「帝国国策遂行方針」決定
      戦争準備、外交交渉を併行、10月上旬までに打開の目途なければ開戦
   9月30日 ドイツ軍、モスクワ総攻撃開始
  10月18日 第三次近衛内閣総辞職
      東條内閣成立
  11月 5日 第三回御前会議、対米交渉甲乙案決定
      来栖三郎大使をアメリカに派遣
  11月   米、日本の甲乙案を拒否(ハル・ノート)
  12月 1日 第四回御前会議、開戦決定
  12月 8日 日本軍の真珠湾攻撃、太平洋戦争開戦
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/09(火) 23:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/889-694e6dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック