2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
457 ロールズとアナーキズム
2006年3月21日(火)


 「第443回」で紹介した川本隆史著『ロールズ』(講談社)。まだ読書中なのだが、その中で特に私の関心を引いた文章をネタにいろいろ考えてみる。
 まず「プロローグ」から。(「プロローグ」は川本さんによるロールズへの架空のインタビューの形で書かれている。)


ロールズ
 (『正義論』は)今でこそリベラリズムの経典のように祭り上げられたり、逆にろくに読んだ形跡もない教条的な痛罵にもさらされていますが、1970年代の初頭は社会主義の文脈で読まれることもあったのです。国家主導型の社会主義ではなくリベラルな社会主義なら、『正義論』の社会構想を実現することは可能でしょうし。

川本
 「リベラルな社会主義」でも「財産所有の分散に基づくデモクラシー」でも正義の二原理を満たすことができる、というのがジャックの持論でしたよね。社会主義が破産した以上「リベラル・デモクラシー」しか体制の選択肢は残っていないなどと言い張る論客たちからは、煮えきらない態度だと文句をつけられるスタンスでしょう。



 「国家主導型の社会主義」は双生児である。吉本(隆明)さんはそれを「国家社会主義」(ヒットラーのファシズム)と「社会国家主義」(ソ連のマルクス主義)と呼び分けている。ともに社会主義を騙った社会主義にあらざる「社会主義」だ。「国家主導型の社会主義」なんて矛盾もはなはだしい。もう80年ほども前、大杉(栄)さんはソ連を「国家資本主義」と呼んでいる。大杉さんによればそれは社会主義ですらない。
 「社会主義は破産した」などとしたり顔でのたまうものたちは、「国家社会主義」や「社会国家主義」のことを社会主義と思い込んでいるらしい。どっこい社会主義はなお発展中である。

 「マルクス主義は死んだ」という物言いも同じだ。「マルクス主義」は死んでもマルクスの思想はなお健在だ。上記の架空のインタビューでロールズも言っている。『マルクスの資本主義批判は民主主義の伝統の重要な一部をなすものと判断しています。それなのに天安門事件、ベルリンの壁崩壊と続いた1989年以降、彼の思想を真剣に受け止めとようとしない嘆かわしい風潮が広まっています。』  さて上の引用文中の「リベラルな社会主義」に私は注意を引かれた。アナーキズムを「リバタリアン社会主義」とも言う。
 また「財産所有の分散に基づくデモクラシー」というのは、詳しい説明がないので推測の域をでないが、 アナーキズムが言うところの「生産手段と生産物の労働者による自主管理」と同じではないかと考えられる。 土屋さんの「正義論/自由論」を読んでいるときにロールズの思想とアナーキズムとの近親性を感じていたが、それがますますはっきりしてきたと思う。

 「社会主義は破産した」とか「マルクス主義は死んだ」というしたり顔は「イデオロギーの終焉」という言い方で現れることがある。「イデオロギー」とは「共産主義」あるいは「マルクス主義」のことだという勝手な解釈による物言いだ。

 「イデオロギー」に私は「虚偽意識」というルビを振っている。
 自分の労働や生活を通して自分で得た社会や経済や文化などについての考えを思想という。それに対して、マスコミや学校教育などを通して身につけさせられた、本来は自分のものではないよそよそしいはずのドグマ(教条)をイデオロギーと言う。イデオロギーとは所有した思想ではなくドグマに所有されてしまった意識のことだ。

 先に私は「どっこい社会主義はなお発展中である。」と書いたが、真の思想は流動・進化・発展する状況に応じて変化・発展する。社会が発展したり変化したりすれば、思想もまた発展し変化する。それに対しイデオロギーは、信仰している硬直したドグマであっていつも現実を、つまりは生身の人間を無視する。信仰しているイデオロギーに合うように無理やり現実や人間を変えようとする。硬直したイデオロギーが不正義や不自由や不公正や不寛容の、つまりは圧政の根源となる。そして、ほとんどのイデオロギーは支配階層の利益にかなっている。けだし、日の丸・君が代を強制したがる天皇教国家主義は硬直したイデオロギーの典型だ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック