2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。

453 「正義論」は「現実」とどう切り結ぶか(11)
オウム真理教事件について(5)
2006年3月15日(水)


 吉本さんは麻原彰晃の何を高く評価しているのか。麻原彰晃が「生死を超える」という著書で、仏教の修行の内実を白日の下にさらしていることを評価している。「世紀末ニュースを解読する」から、その部分を、これも全文引用する。


 『生死を超える』という本の前半は麻原彰晃がヨガの修行者として経過した段階が実感的に書かれているので、実際に体験したことだとわかります。ヨガの修行者としてはそうとうのステージにあるのだということがわかります。これは仏教的修行がなにかを明らかにしていると思います。
 たとえはチベットの『死者の書』などには仏教でいう死後遊行のことが神秘めかして書かれています。彼は『生死を超える』でそのことを実感を込めて明らかにしています。こういうことをすれば死後の世界に接触できる、死んだあとにそこにいけるといっているんです。死後の世界は幻覚なんですが、そのように修練の体験を語っています。この本は僧侶の修行史と出家の修行史のなかで一つの場所を占める書物だと僕は思います。人によってはそうはいわないでしょうが、僕はそう思います。

 最澄も空海も自分がどんな修行をしたかについて、はっきりいえばいいのにいっていないわけです。ただ麻原彰晃がここで解き明かしていることを読めば、仏教の修行がいかなるものかがわかります。

 仏教が、死を恐れることはないという根拠は、修行により死後の世界にいけるからだということです。信仰者は、そういう修行をしている高僧がいうんだから極楽往生できるんだと信じてきたわけです。死後の世界はこうあるんだという死後遊行のところまでいったから、高僧は一般の信者に死は怖くないと説いているわけです。こういうことはそうとうはっきりした見解をもっていないとやれません。神秘めかしておいたほうが偉くみえるわけですから、そこまでは旧仏教はやらないのが普通です。

 麻原彰晃がそこまでやったということは、自分自身に対する自信や自負もあるのでしょうが、既成の仏教的なものや市民社会の上にある国家や政府に対する否定がそうとう徹底していることを意味していると思います。



 ここで吉本さんはヨーガの修行者としての麻原を「評価」しているだけである。また「評価」しているだけで「肯定」しているわけではない。むしろ吉本さんは難行苦行による解脱ということを根底にした仏教を否定している。だから、そのような仏教を否定することから考え抜かれた親鸞の思想を、吉本さんは考究し続けている。
 実はその親鸞の思想と関連する事柄の論述がまた、もろもろの宗教家・知識人・一般の新聞投書者たちからの激しいバッシングの対象となった。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック