FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第745回 2007/03/06(火)


今日の話題

労働者にとって朗報と思いましたが…

 現在多くの企業で、正社員であっても無報酬の多時間残業を強い られている。正社員・非正社員の区別なく心身ともに疲弊している 奴隷的な状況が日々耳目に入ってくる。そして、政・財・官一丸となって 労働者の更なる奴隷化を企んでいる。

 ホワイトカラー・エグゼンプションという「過労死促進法」は 一先ず引っ込めたが、それ以上の悪法、「労働契約法」を今国会 で成立させようと企んでいる。この法律は、経営者が一方的に作 成する「就業規則」を「労働契約」にしようというとんでもない 代物である。これは労働者の生殺与奪の権をまるごと経営者に与 えるものである。経営側の思惑のままに労働者の奴隷化が促進さ れよう。

 このような折、昨日の夕刊(東京新聞)に目にとまった小さな記 事があった。

 ユニクロが販売スタッフのパート・契約社員約6,000人のうち最大 5,000人を二年程度で正社員にすると発表した。正社員化によって 賞与が支給されるようになるので年収で10%以上アップする。 また、特定地域で勤務する新たな制度を導入し、週40時間の勤 務と転居を伴わない異動を条件とした。

 中には正社員化を望んでいない人もいるだろうが、多くの パート・契約社員には朗報だろう。もちろん、発表どおりに実施 されるという条件でだが。特に「週40時間の勤務」は絶対に守ら れるべきだ。

 正社員化によるメリットは年収のアップだけにとどまらない。福利 厚生・保険・年金などの面でもメリットがあるだろう。将来への展望 も開き、精神的にも余裕が生まれるだろう。

 もちろん企業側は慈善事業をしているわけではない。企業側には そのような方針を採る経営上の事情がある。記事には「大型店など 積極的な出店展開をするため人材不足が見込まれる中、 経験を積んだスタッフの確保を狙う。」とあった。労働者の闘いに よって勝ち取られたものではないとしても、よいことには違いない。

 最近相次ぐ企業の不祥事の多くは「経験を積んだスタッフ」をリスト ラし、未経験の労働力を安く買い叩いて代替してきたことのツケなのでは ないか。経営者たちはそのデメリットに早く気づいて、労働者を「単なる手 段ではなく目的として扱う」真っ当な方向へと経営方針を軌道修正する べきだ。

 今回の施策によってユニクロの業績が上昇すれば、ユニクロに 続く企業がたくさん出てきて、労働者の奴隷化に歯止めがかかる ……、と経済問題や労働問題の事情に全く疎い市井のひとりのお じさんに淡い希望を抱かせた記事でありました。

スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/759-3f9a2ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック