2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第717回 2007/01/27(土)

《滝村国家論より》:国家社会主義(1)
国家社会主義とは何か


 教科書は『アジア的国家と革命』所収の「国家論におけるマルクス主義と国家社会主義 (2)」です。

 さて、柄谷さんが『 社会主義にはさまざまなタイプがあります。人々が知っている社会主義は、おお むね国家社会主義というべきものです。コミュニズムに関しても同じです。』と断じるのは、 現実に存在する(あるいは存在した)社会主義国家が国家を死滅(棄揚)せしめることができなかった し、理論的にも国家は死滅せしめ得ないという認識による。つまり、社会主義も共産主義も国家社会主義 あるいは国家共産主義としてしか存在し得ないと言っている。

 しかし、国家社会主義は「国家権力による収奪・再配分という交換様式によって 資本主義社会から社会主義(的)社会への移行をめざす」ような政治思想という意であり、 このような意に解した場合、「国家社会主義」という言葉では、実は既存の社会 主義国家をどう規定するかという問題以前に、いわゆるファッシズムが想定されている。 ナチスやイタリアのファッシズムや日本のファッシズムが国家社会主義 の範疇に入る。

 滝村さんは国家社会主義を、「国家社会主義」=「国家主義」+「社会主義」の 「国家主義」の方から、大きく二つに分けて考えている。つまりそれがどのような国家観に 立脚した社会主義なのかという観点から、「<共同体―内―国家>社会主義」と 「<共同体―即―国家>社会主義」の二つに分けている。

 言うまでもないことだが、ここで問題になっている国家は近代的国民国家であり、 従ってこの場合の「共同体」(国家を存立せしめている「最大かつ最高の協同社会性」) は、「国民」あるいは「民族」と呼ばれるレベルの共同体であることを確認しておく。

<共同体―内―国家>社会主義
 この場合の国家社会主義は、内部的な問題を重視する。つまり<国家権力>の強化・集 中化を最重要事とする。そしてその独裁的な<国家権力>によって<共同体-内-社会改 革>、つまり社会主義的な国内改革を断行することを図る。それにひきかえ、対外的な 問題とか国際的な地位の問題はどちらかというと副次的な問題とする。
 このタイプの国家社会主義はイタリア型(ムッソリーニ型)ファシズムを典型とする。 日本でいうと、吉本隆明さんが「社会ファシスト」と規定した人達、つまり高畠素之、中野 正剛、赤松克麿、石川準十郎などの思想はこの部類に入る。

<共同体―即―国家>社会主義
 この場合の国家社会主義は、先の場合とは全く逆に、共同体の内部的な問題よりは むしろ、共同体としての民族の自立性・独自性、あるいは国際的な地位というような問題を、 民族の死活にかかわる第一義的な問題として考える。そして民族的な自立性・独立性を実現 するために、国民的・民族的な強固な結集が不可欠であり、そのためには共同体 内部における徹底的な社会主義的改革を断行する必要があると説く。
 このタイプの国家社会主義はヒットラーのドイツ・ナチス型ファシズムを典型とする。 日本の場合でいえば、吉本さんが言う「農本主義ファシスト」がこれにあたる。具体的 には戦前の日本の右翼の大半、つまり北一輝、大川周明、権藤成卿、橘孝三郎などであり、 いわゆる<アジア主義>もこの部類に入る。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/731-bf3fe5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック