2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第705回 2007/01/12(金)

戦争と平和(6)
「防衛省」が守るのは何?


 イラクでの自衛隊は基地に閉じこもってシッカリと「自衛」してきたが、防衛庁から 防衛省に名称を変えたいま、防衛省は何を守るだろうか。

 昨年末、教育基本法改悪の攻防のどさくさにまぎれるような形で防衛庁の「省」昇格が 決まってしまった。しかしこれは、ただ単に名称が変わっただけではない。在日アメリカ 軍再編との関連を考慮すれば、自衛隊と在日アメリカ軍との一体化・融合が促進される のは明らかだろう。防衛庁は「アメリカ軍日本省」というわけだ。

 頓馬のトンちゃんが「国軍」と認めてしまった自衛隊が、こんどは「アメリカ国軍日本 方面軍」となる。あるいは「アメリカ軍所属日本外人部隊」か。

 昨年の5月に合意された在日アメリカ軍再編の問題点をおさらいしておこう。
 海上自衛隊はとうにアメリカ軍と一体化していた。
 今度は航空自衛隊の司令部が横田に移転する。米第5空軍と共同の作戦司令部が 設置される予定になっている。
 陸上自衛隊。アメリカ本土からキャンプ座間に第1軍団司令部が移ってくる。アメリカ軍の 海外展開のための中央即応集団を新設するためである。陸上自衛隊はその管轄下におかれ ようとしている。今年中に宇都宮に中央即応連隊が誕生するという。

 これに加えてさらに、「庁」から「省」への格上げにともなって海外任務が 「本来任務」に格上げされた。これからは自衛隊の海外派遣は米軍との共同作戦をと ることになる。政府が言う「専守防衛」など有名無実の虚言ということだ。

 「省」への格上げは、「実施官庁」から「政策官庁」への転成である。シビリアン コントロールからも遠のいていく恐れがある。防衛省が「日米防衛協力課」・「国際政策課」 などという課を新たに設け設けようとしている。

 狆ゾウは「集団的自衛権」の拡大解釈、いつでも派兵を可能にするための「恒久法」 の制定、「自衛隊の武器使用制限の緩和」などを企んでいる。すべて日本には 不用なものだ。では、何のため? もう繰り返しいう必要はないだろう。

 トンちゃんから狆ゾウまでの12年間で、ついに自衛隊はアメリカの意に沿った海外侵略 をするための軍隊に成り下がってしまった。もともと軍隊が国民を守ることなど金輪際 ない。そのことは、歴史をキチンと読み解く目をもっているものには明ら かなことだ。「自慢史観」が本当の歴史だなどと低級理論を押し戴いているものには 見えない。アメリカの下請け軍隊になってしまった「他衛隊」をいまだに 「自衛隊」と信じているのはそんな連中だけだろう。

 このような状況下で、なお戦争を阻止する手立てはあるのか。「リコール権」があれば 戦争阻止は可能だけれども、それを憲法に明文化するほど社会も国家も成熟していない。 絶望するほかないのか。

 教科書民主主義を信奉している人たちは選挙こそが「リコール権」だと主張しているが、 現段階での民主主義はまやかしであることを、既に何度も論じてきた。それを「戦争と平和」 の問題に即してウンと単純化して言うこともできる。オコチャマランチ・狆ゾウだって、 「戦争を起こすこと」を公約に掲げて選挙に臨むほどバカではない。「平和」や「国民の 安全」や「国民の幸せ」を言い立てるだろう。しかし、一度権力の座に座れば、国家権力は それにしがみつくし、公約にない悪行を平気でやってのける。それは、これまでの政治 過程をかえりみれば明らかではないか。「国益」(実は「資本益」)という旗を立てて 戦争に突入することは大いにありえる。いみじくも、「公約なんて守らなくともた いしたことではない」とほざいたポチ・コイズミの居直りを思い出しておくのも無駄で はなかろう。

 じゃあどうする?
 「政治的リコール権」はまだ遠い彼方にしかない。しかし、 高度に発展した消費資本主義下の国家においては、国民は「経済的リコール権」を 持っていると吉本さんは言う。(次回へ)
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/720-aa9ee26d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 (時刻 01:16:これから寝ます、明朝入力予定、三角合併を調べていて寒気がし
2007/01/14(日) 12:01:13 | 雑談日記(徒然なるままに、。)