FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
447 「正義論」は「現実」とどう切り結ぶか(6)
不寛容なものへの対処
2006年3月7日(火)


 「正義の原理」のもとに成り立つ社会では宗教の教義の内容は問題ではない。いかなる宗教もその社会のうちに存続することを認める。
 もしこの「正義の原理」を否定する不寛容な宗教があったならどうするのか。オウム真理教事件を想定すれば問題はより鮮明だろう。また問題は宗教 に限らな い。「不寛容な個人」でもよい。例えば私はイシハラを想定している。

 「正義の原理」によって立つ立場からは不寛容者の教義や思想には介入しないが、「この社会の正義の原理を認め、 自分たちの存在が認められているように、他の存在も認めること」を要求することになる。しかしこの要求によって不寛容な者たちが寛容へと改心するとはとてもありえない。その程度では改心するはずもないほど固陋だから不寛容なのだから。

 この問題に対するロールズの考えは次のようである。


 「原初状態」において、いかなる場合であろうと、自分の存在を保証する権利は誰にもあるのだから、自分の生が危険になってまで、寛容の原理に立つことはできない。
 しかし、ロールズは、そのことをいうために、相当に繊細な条件を設定している。その繊細な条件は、現実のまえで、はたして有効であるか否かを疑わせるものであるが、私たちが、自由の原理に立つ以上は、その織細な条件を確認しておくことが必要である。
 彼は、こういっている。

 正義にかなう基本法が存在するのであるから、すべての市民にはそれを擁護すべき正義の生来の義務がある。われわれは他者が正義にもとる行為をしようと思っている時でさえ、この義務を免除されることはない。(免除されるためには)より緊急な条件が必要とされる。つまり、われわれ自身の合法的利益にかなりの危険がなければならない。かくて、正義にかなう市民たちは、自由それ自体と彼ら自身の自由とが危険にさらされるのでないかぎり、市民の平等な自由すべてを備えている基本法を守ろうと努力すべきである。人々は、「原初状態」において自分が認める原理によって確立される権利を尊重するように要求されるから、市民は、不寛容な宗派に、他者の自由を尊重するように、当然強制することができる。だが、基本法それ自体が安全に守られている時には、不寛容な宗派の自由を否定すべきいかなる理由もない。

 私たちは、思想、信条、宗教の違いによって、その人間を排除しない。それは、「無知のヴェール」のもとでの選択が条件づけていることであった。この原則は、いかに不寛容な人間に対してであっても、維持しなければならない。むしろ、私たちは、平等な自由の原理のもとでは、不寛容な人間の存在も認めることによって、不寛容な者自身が、その正義の原理を承認するようになることを、期待する。
つまり、どこまでいったら不寛容な者を否定するのかは、結局、自由の条件、自己保存の権利が、どこまでいったら危機にあるということになるのかを決めなければ、決断することはできない。
 きわめて具体的で繊細な条件の設定が必要なのだ。



 なんとも歯切れの悪い言説だが、要するに基本法(憲法)に基づいて判断すべきと言っているようだから、穏当といえば穏当な結論だろう。
 また、しかし、だ。「日の丸君が代の強制」問題に引きつけてみると。
 「自由それ自体と彼ら自身の自由とが危険にさらされ」ている状況を基本法(憲法)にてらして、「他者の自由を尊重するように強制すること」ができると言っても事はそう簡単ではない。「自由が危険にさらされている」とだれが判定し、だれが不寛容者(イシハラ)に「他者の自由を尊重するように」強制するのか。裁判に訴えるほかないということになる。
 ところが再三いうように、私は日本の裁判官のほとんどを信用していない。「法の番人」ではなく、「権力の番犬」に成り下がっている。そのように判断せざるを得ない事例は枚挙にいとまない。「日の丸君が代の強制」関係の訴訟に限っても、すでに判決が出された裁判では原告側の敗訴が続いている。それでもいじましいことに、もしかしたらという期待と希望をまだ全部は失ってはいない。

スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック