2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第670回 2006/11/30(木)

唯物史観と国家論の方法(1)
国家論の現状


 これまでに取り上げてきた「滝村国家論」のうち、<近代国家>を直接対象にした記事 は次の通りです。これはを改めて読み返してみたら、前回抽出した諸問題はあらかた論じ つくされている。興味ある方は目を通してみてください。

第93回 2004/11/15:滝村隆一の国家論
第291回 2006/06/04:統治形態論・「民主主義」とは何か(3)「民主主義」と「専制」
第292回 2006/06/05:統治形態論・「民主主義」とは何か(4)議会制民主主義とブルジョア独裁の仕組み
第293回 2006/06/06:統治形態論・「民主主義」とは何か(5)統治権力としての官僚
第653回 11月10日:国家の起源とその本質(13):<世界史的>国家と<近代国家>(1)
第654回 11月11日:国家の起源とその本質(14):<世界史的>国家と<近代国家>(2)

 柄谷さんの国家論が、諸説を切り貼りするものに始終するほかない理由の一つは、 文献の渉猟というアカデミシャンの悪癖もさることながら、確固とした方法論の欠如に あると思う。その根源はマルクスを誤読(だと、私は思う。)して、「史的唯物論」を 否定し去ったことに求められる。(「第640回 2006/10/22」参照)

 一方、滝村さんの国家論が見事なのは確固とした方法論のもとで理論を構築しているからに ほかならない。その方法論とは、ほかでもない、唯物史観における<世界史>の発展史観である。 今回の国家論はこの方法論に焦点をしぼってみたい。教科書は『国家の本質と起源』の 序論「唯物史観と国家論の方法」です。

 さて、他の社会科学同様、国家論においても真に目指されるべきは厳正な本質論の確定と その科学的理論としての体系的具体化である。つまり、<科学的>でなければならない。 しかし、国家論の現状は次のようである。


 <国家の本質は~である>といった類いのごく抽象的な本質論だけなら、古典的大家の 見地や先行諸説を適当に借用したり、批判的に検討することによって、たんなる言葉のう えだけのもっともらしい説明を与えることができるかもしれない。たとえ彼らが、歴史 的・現実的な国家的支配と正面から向い合うことなく、もっぱら空虚に抽象化された他人 の学説のなかに、不完全でおぼろげな表象として、歴史的・現実的国家支配を想像して いるにすぎないとしてもである。

 ところが国家的支配のより具体的な諸形態・諸属性、すなわち<政治的>と<社会・経 済的>とに区別される国家的諸活動や、それらを直接的に担掌する国家的諸機関の一般的 かつ特殊的な組織的・制度的構成に関わる諸事象としての、統治形態や<中央-地方的> 組織形態の問題、そして後者に関わる各地方的行政区画と領域・領土の問題、またかかる 国家的支配の全領域を法的形式において直接規定する法制的な分化的発展形態と様式、 及びそれに直接まつわる政治的思想・イデオロギー等を、それぞれ一つ一つとりあげて、 理論的に検討しなければならなくなれば、本質論を論じているときのような、抽象論 レヴェルでの思弁的論理によるとまかしは、一切利かなくなる。

(中略)

 ここで社会科学の歴史的発展を簡単にふり返ってみよう。
 19世紀後半期は、社会的諸学の発展的分化と個別科学としての確立期といわれる。 確かに形式的にみればその通りであるが、それは今日的意味においてではない。

 というのは、マルクスやエンゲルスが活躍した19世紀後半期には、自然的諸学と社会 的諸学との大きな学的・方法的分化と発展が、ようやく定着しつつも、政治学と経済学を 軸とした社会的諸学は、政治経済学としての内的実質を把持したまま、はじまったばかり の個別歴史的研究の諸成果を当然の素材的前提として組み込んでいたからである。

 社会的諸学における原理的ないし一般理論的解明が、個別歴史的研究からたんに 形式的ばかりか内容的にも完全に分離する一方、後者かもっぱら個別実証史学という形態 をとって独立化したのは、実は20世紀に入ってから、とくに第一次大戦後のことといって よい。

 ところが、かかる社会的諸学が個別実証史学と大きく切り離されるとともに、 個別科学としての形式的分化と独立を完成させるや、どうしたわけか、一様に著しい 原理的後退と理論的混迷がはじまり、今日に到っている。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/684-ad60e646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック