2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
424 天皇制の基盤を撃つ ― 真説・古代史(76)
日出ずる処の天子(7) ― 法隆寺の中の九州王朝(2)
2006年1月20日(木)


「上宮法皇=聖徳太子」という定説を誤りとする論拠をまとめてみる。

第一点・「法興」という年号
 これは「倭国年号」であって、ヤマト王権のものではない。

第ニ点・「法皇」という称号。
 前回引用の日本書紀の記事では「厩戸皇子と曰す。」の後に、後世の呼称と思われる 聖徳太子に対する称号が三種類書き添えられている。

 更(また)は名けで豊耳聡聖徳といふ。或いは豊聡耳法大王と名く。或い法主王と 云す。

 聖徳太子は終生天子となったことはないのだから当然「法皇」とは呼ばない。 あくまでも「大王」あるいは「王」である。

第三点・「上宮」の意味。
 定説が「上宮法皇=聖徳太子」と断じている最大の論拠「上宮」について、 古田さんは次のように論述している。

 聖徳太子における「上宮」の名は、奈良県桜井市に残る「ウエノミヤ」の字 地名がこれに当るとされている。ところが、阿蘇山にも「上宮」(山頂にあった というもの)「下宮」(現、阿蘇神社)があり、大分県の英彦山南辺にも上宮山 があり、太宰府裏の竃門神社に「上宮」(山頂)「中宮」(中腹)「下宮」 (山麓)があるなど、その例はおびただしい。

 したがって「上宮」の二字をもって、「聖徳太子にあやまりなし」と信ずるのは、 「関白」とあれば、すべて「豊臣秀吉」と盲信する類の理解法ではあるまいか。 平安や室町期の文献にも、関白の頻出すること、当然だ。

 その上、この光背銘の「上宮」と聖徳太子の「上宮」には、重大な差違がある。 なぜなら、この「上宮法皇」の方は、この「上宮」で死んだ。この銘文がひっきょ うして死亡記事であり、その中心人物に関する在地名、もしくは在処名が、この 「上宮」の一語しか出現していないのであるから、そのように判断するしか、道はない。  しかるに、聖徳太子はこれに反する。推古紀の、

(推古九年)春二月、皇太子、初めて宮室を斑鳩に興す。

の一文が明示するように、以後、太子は斑鳩の地(現、法隆寺近辺)に住み、ここ で没したのである。 (推古二十九年)春二月、己丑朔、癸巳、半夜、厩戸豊聡耳皇子命、斑鳩宮に薨ず。

と明記されてあって、疑うべきところはない。要するに「上宮太子」の名は、そこに 住んでいた頃の名が、一種の固有名詞化して残った、あるいは使われたものであって、〝聖徳太子 は、上宮で死んだ″というテーマの表現ではないこと、当然である。

 このように考えてみれば、この「上宮」の一字をもって、「聖徳太子」と同一人物視 することの、いかに皮相の見方にすぎぬかが知られよう。



第四点・没年月日の矛盾。
 銘文の上宮法皇は法興32年(622)の2月22日に没している。
 これに対し聖徳太子は推古29年(621)の2月5日)に没したと「日本書紀」は 伝えている。到底、同一人物ではありえない。

 この矛盾を「定説」はどのように言い逃れているのか。例によって「日本書紀」 の記録を誤りだとする。これについての古田さんの批判は次のようだ。

 しかし、静思してみると、これは不可解である。なぜなら、この没年の時期は 『日本書紀』成立の養老4年(720)から、わずか百年前だ。その百年の間に、 聖徳太子の正しい没年月日が全く失われてしまったのであろうか。
 しかも、『日本書紀』が一人の迂闊な歴史家による草々の間の叙述なら、まだよ い。さに非ず。近畿天皇家のフル・メンバーを動員し、舎人親王を中心として成立し た正史だ。大和を中心とする貴族や学者たちのすべてが、この高名な太子の正しい没 年月日を忘れ去っていたのであろうか。

 それだけではない。この正史は、作られたあと、ひっそりと、何人かの机底に眠っ ていたのではない。逆に、近畿天皇家内の人士の間で、あるいは前で、さかんに講読 の行われたこと、すでに諸研究の明らかにしているごとくだ。

 とすれば、聖徳太子の乳母や知人、その葬儀に立ち会うた家々の人々、その子供や 孫が、この正史の講読の席に参じたはずだ。その中の誰一人、この没年月日の錯乱に 気づかなかったのであろうか。信じがたい。

 第一、その百年の間、聖徳太子の命日に、誰一人、この著名な太子をまつることす らしなかったのであろうか。『日本書紀』中において、聖徳太子は―天皇を除いて― 最大のスターとすらいえよう。これに比肩しうる者としては、わずかに日本武尊を 数えうるのみであろう。
 ところがこちらはわずか百年前。全員忘却の霧に埋もれるにはあまりにも短かす ぎる。この判断は果たして不当だろうか。

 このように考えてみれば、やはり『書紀』の伝える聖徳太子の没年月日は正しい、 とせねばならぬ。一般的な『書紀』不信論の問題と、これを混交してはならぬ。なぜ なら、確かに『書紀』という史書には、遺憾ながらあまりにも欺瞞が多い。盗用と おぼしき部分も決して少なくない。けれども、それらはすべて、あくまで天皇家の ためという明確な目標をもつ欺瞞である。無目的に、ただ執筆者の好みで史実を 漫然と書き歪めた、などということをわたしは信ずることができない。多数の貴族・ 学者たちの共同著作であるという点、正史であるという点、いずれから見ても、それ は不可能である。とすれば、やはり、聖徳太子の没年月日は『書紀』の記す通り、 推古二十九年二月五日である。わたしはそのように考えるほかはないのである。


第五点・推古天皇の不在。
 古田さんの論述。
 この光背銘が聖徳太子に関するものに非ざることを決定的に立証するもの、それ はこの光背銘における推古天皇の不在だ。聖徳太子がナンバー・ツーであった生前 はもとより、没後の今(癸未年=623=推古31年)作られる釈迦三尊は、当然推古 天皇下、それもそのお膝元で作られたはずだ。それなのに、その推古天皇らしき存在が、名はおろか、 影も形も見えていない。この一事をもってしても、本来、この光背銘を推古朝下の 飛鳥仏と見なすことは、牽強付会に非ずんば、到底無理だったのではあるまいか。

では、「上宮法皇」とは誰なのか。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/610-2883e8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック