2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
433 「アイデンティティ」について(1)
2006年2月6日(月)


 シリーズ「Kさんへの批判・反論」の最終回(第30回 2004年9月13日)で

 『ただ一つ宿題が残りました。「アイデンティティ」です。これは一度きちんと考えてみなければならない問題だと思っています。今は取り敢えず、それは国家権力への「アイデンティティ」であろうはずがない、とだけ申し上げておきます。』

と自分自身に宿題を出した。
 この宿題を忘れていたわけではない。時々あれこれと考えてはいたが、私には独力で思考を発展したりまとめたりする力がない。これまでと同様、他者の言葉を借りながら考えていくほかないと思っていたところ、格好のテキストに出会った。前回に紹介した「正義論/自由論-寛容の時代へ-」だ。
 この本は、ジョン・ロールズ(1921~2002年、ハーバード大学教授、倫理学・政治哲学者)の「正義論」という著書を下敷きに自由と寛容を論じたものであり、二部に分かれている。

Ⅰ リベラリズムの政治哲学
Ⅱ 寛容の時代へ

 このうちの「Ⅰ」を読んでいく。まず結論を提示する。


 コミュニティは、あくまでも個人相互の関係の集積としてあるのであって、なんらかのコミュニティのイデオロギーへの忠誠を前提にしない。
 相互の自由と平等への配慮によってのみ、コミュニティは成立する。私たちが、ロールズの正義論から学ぶことができるのは、このことである。
 また、その場面で、私たちは共同体論者とわかれるのだ。
 共同体論者の決定的な過ちは、いつでも共同体独自の価値を設定してしまうことである。強固な中心のもとでの共同体を構想してしまうことである。

 私たちは、そうした立場をとらない。いえるならば、こういってしまうのがいい。「中心なき統一性」と。あるいは、「中心なき共同性」ともいっていいだろう。
 これには、ただちに国家主義的な側からの反論が予想される。伝統主義の側からの反論があるかもしれない。しかし、私はあくまでも強固な価値を中心にして構成された共同体は、必ず人間を不幸にするといいきってしまおう。


 ここでいう「コミュニティ」はどんな種類どんな規模の集団としてもよい。しかし、今の私の問題意識からは「日本国家」を想定して読むのが一番わかりやすい。「コミュニティのイデオロギー」とは、もちろん、「日の丸・君が代」に象徴される天皇制イデオロギーであり、そのイデオロギーを中心においた国家を恋い焦がれて、そのイデオロギーへの忠誠を教育を通して強要しようと愚昧な暴走をしている代表がイシハラということになる。イシハラは本人の自慢に反して文学者とはほど遠い。単なる国家主義イデオローグである。そのよって立つ「共同体論」は、本人は新しい独創と得意がっているようだが、大日本帝国時代に農本ファシズムに対抗するすべなく萎んでいった社会ファシズムの亡霊である。

 次回から上記のような真っ当な結論に至る論理の道筋をたどってみる。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック