FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
230 そのとき「大国民」たちは?(6)
言い替えごっこ
2005年4月2日(土)


 1943年7月にムッソリーニが失脚してからイタリア音楽も追放の憂き目に会いました。そして 外来語の使用そのものが槍玉に挙げられるようになります。「敵性語排撃運動」という言い替えごっこ で忠誠心を競い始めました。
 例えば楽器の名称が次のように言い替えられました。
 ピアノ=鋼琴、クラリネット=竪笛、ヴァィオリン=提琴、ヴィオラ=中提琴、チェロ=大提 琴、バス=特大提琴。
 こんなバカげた言い替えごっこに日夜頭を悩ますとは、まったくご苦労なことです。
 この言い替えごっこのエピソードは枚挙にいとまがありません。面白いといいましょうか、情け ないといいましょうか、ともかく噴飯ものの例が一杯あります。
 「前後左右自由機」あるいは「走行転把(てんぱ)機」。なにの言い替えか 分かりますか。自動車のハンドルだそうです。
 「自動昇降機」「自動階段」。これはなんとなく分かりますね。そうです。それぞれエレベーター 、エスカレーターです。
 「中庸」、「硬」、「3硬」、「軟」、「2軟」はどうでしょうか。鉛筆の芯の硬軟を表す記号 なのです。それぞれHB、H、3H、B、2Bです。

   「敵性語排撃運動」の一番の受難者は敵性スポーツでした。
 スポーツの名称の言い替えは今日でも使用されているものがあります。
 バレー・ボール=排球、ラグビー=闘球、フット・ボール=蹴球、バスケット・ボール=籠球、 ホッケー=杖球、ウオーター・ポロ=水球、テニス=庭球、ピンポン=卓球、ドッジ・ボール=避球、 インドア・ベース・ボール=蹴塁球、などなど。

 敵性スポーツの中でも、ゴルフはぜいたくでもあるというので、一番受難がはげしかったようです。 次が日本ゴルフ協会(大日本体育会に統合されていた)の労作です。

 ゴルフ=打球、ホールス=競区、フェア・ウェイ=芝地、ラフ=野地、バンカー=砂窪、 パー=基準数、バーディ=隼、イーグル=鷲、ホール・イン・ワン=鳳、ハンディキャップ=均率、 ティ=球台、フック=左曲り、スライス=右曲り、アウト・オブ・バウンズ=逸れ球、 ソケット=逸れ打ち、プロフェッショナル=専門選士、キャディ=球童

 隼、鷲、鳳とは恐れ入りました。お寿司などのランク名称「松竹梅」の替わりに使えそうです。

 アメリカ発祥のスポーツ・野球の場合はさらに悲喜劇的でした。
 まずチーム名。タイガースは「阪神軍」、イーグルスは「黒鷲」など。セネタースは「翼」だそうです。 はてな?これは何故でしょう。「オーナー有馬頼寧氏が大政翼賛会の事務総長であったため、翼賛の字か ら、翼を借りたもの」だそうです。
 野球用語の方は、まず審判用語ですが、それは選手に対する「号令」であるとして次の如く改められ ました。

ストライク     ヨシ!一本、二本、三本
ボール       一つ、二つ、三つ、四つ
三 振       それまで!
フェア。ヒット   よし!
ファウル・ヒット  だめ!(これはやがて「もとえー」と変る)
セーフ       よし!
アウト       ひけ!
ボーク       反則
タイム       停止
インタフェア    妨害
ホーム・イン    生還(後、得点と変る)

 また、スコア・ボールドは、ストライクが「振」、ボールが「球」となり、ツウ・ストライク、 スリー・ボールは「二振三球」ということになります。
 その他の用語も全て言い替えられました。次のようなぐあいです。

ストライク      正球
ボール        悪球
フェア・ヒット    正打
ファウル・ヒット   圏外
セーフ        安全
アウト        無為
ファウル・チップ   擦打
バント・ヒット    軽打
スクイズ       走軽打
ヒット・エンド・ラン 走打
ボーク        擬打
フェア・グランド   正打区域
ファウル・グランド  圏外区域
ファウル・ライン   境界線
グラブ、ミット    手袋

 このようなバカバカしいことをプロ野球連盟が自発的に真面目にやったのです。そうしないと プロ野球そのものが継続できなかったのです。末期段階では連盟名を「日本野球報国会」に、 チーム名も「産業軍」とか「近畿日本軍」とか時流に迎合したものに改めたり、ユニフォームの色を 「国防色」にしたりと涙ぐましい努力を続けます。

 最後に「ボクラ少国民第三部・撃ちてし止まむ」の結びの文を掲載してこのシリーズ『そのとき「大 国民」たちは?』を終わることにします。
 主人が番頭に、番頭は小僧に、小僧は犬に……式に錬成の命令は〈ボクラ少国民〉の上にひたすら天 下り続けた。しかも〈狂気〉を帯びて、その度合も「撃ちてし止まむ」と、とどまるところを知らずエ スカレートしていった。〈ボクラ少国民〉は無告の民として、その全てを受け入れ、ひたすら天下る錬 成に耐えた。それも「故山本五十六元帥・アツツ島玉砕英霊部隊」に続いて、天皇陛下の御為に「水づ く屍、草むす屍」となることを目指してである。
 戦後の多くの回想録に「この頃『撃ちてし止まむ』の合言葉が流行した……」というように、そっけ なく書きとばされているのを見るが、これはいままで述べてきたように、ただ単なる流行語といった性 質のものではなかった。多くの人々の理性を圧殺し、天皇制ファシズムを強力に支える狂気をあおりた てるための戦争指導者たちの呪文であった。そしてまた、彼らによって始められた無謀な戦争を「神武 東征」になぞらえ、「八紘一宇の聖戦であるが故に勝利は歴史的必然」とカリスマに陶酔させる魔力を 伴うキー・ワードでもあった。
 このスローガンがシュプレヒコールされたとき、翼賛壮年団は神社の境内で星条旗や洋書を焼き、婦 人会はルーズベルトのわら人形を竹槍で突き、校長は朝礼台で抜き身の日本刀をふりまわし、教師は酷 寒のプールで〈みそぎ〉を強いられ、子どもたちは教師の暴力を伴う錬成にひたすら耐えさせられた。 それはエスカレーションを伴う狂気性において、まさに悪魔のメッセージであった。確かに天皇制ファ シズム自体・狂気ではあったが、戦時下の日本国民のさまざまな狂気を、もっとも有力に、効果的に支 えたスローガンが、この「撃ちてし止まむ」であった。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
おしらせ
こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
「撃ちてし止まむ」が入った昔の広告などについても
とりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2007/01/18(木) 23:58 | URL | kemukemu #5jYE.wrM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/483-7b2fb7b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック