FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
166. 『「非国民」手帖』を読む(31)
2005年1月27日(木)

前々回(1月25日)の続きです。

 この社会ではすべてが個別的で、私意と私欲を構成要素としているとすれば、どのような意 味でも普遍的な《正義》をうち立てることはできない。結局そんなものは私意のひとつに過ぎ ないからだ。
 普遍的《正義》をうち立てようとする者は、現実に根拠を持たない普遍性を求めていること において《信仰》を求める者であり、そして、個別的利害を普遍性に仮装して強制しようとい う点において、絶対的な《敵》である。普遍的《正義》が虚構であることをあらかじめ暴露し ているだけでも、資本主義は《愛》の対象になり得る。

 ある個別的利害を根拠に打ち出された正当性をその個別性の範囲を逸脱して主張したり強制 したりすれば、それは不当な主張、不当な行為といわなければならない。
 そして、剥き出しの私利・私欲を存立基盤にして成り立つ資本主義社会では個別的利害しか その現実的根拠はない。この社会で打ち出される普遍的《正義》は虚構としてしかありえない。
 私はイデオロギーに「虚偽意識」というルビを振っている。あるイデオロギーを普遍的正義と してかざすのものは、虚構の正義を普遍的正義と錯誤しているのだ。イデオロギーはまさに《信仰》 という「虚偽意識」の謂いである。
 「個別的利害を普遍性に仮装して強制しようと」する「絶対的な《敵》」とは、資本家であり、 国民のためを偽装する政治政党であり、イシハラであり、コイズミであり・・・ なんのこはない、敵だらけだ。

   では、個別的利害による個別的正義しか成り立たないこの社会に真の共同性を打ち立てる可能性は あるのか。真の人間解放は可能なのか。
 抑圧者には真の人間解放の契機はない。それは被抑圧者だけが担える課題だ。

  普遍的な《正義》が不在のこの《世界》で生きるためには、ささやかな《倫理》が個々に紡  がれ、その《共感》をゆるやかに広げていくしかない。《共感》の細い糸を浮かび上がらせるた  めに、《敵》をひとつひとつ撃っていくしかないのだ。

   ここで言われている「個々に紡がれた」《共感》を「ゆるやかに広げていく」というイメージは、 私の中では、水田ふうさんの「無数の水溜りと水溜りがプチップチッとくっいていく」(第160回・1月21日) という「潮が満ちてくる海」のイメージと重なる。

 そこで、だ。
成熟し、膨化する資本主義のもとで、進行する《個》への解体と共同性の希薄化に耐えられ ない者が出てくる。まさに《大義》を掲げて、共同体への郷愁を《国家》幻想を強化する言説 で支えようとすることは、言葉の真の意味での《反動》に過ぎない。やつらが永遠に《勝利》 を獲得することがあり得ないのは、はなから明らかなことである。この社会のあり方どころか、 好んで口にする《国家》も《歴史》も《伝統》もまともに考えたこともなく、その知識も誤謬 に満ちたものでしかない。
「進行する《個》への解体と共同性の希薄化に耐えられない者」がその矛先を、逼塞状況の根源である 「資本主義」に向けるのではなく、手前勝手な《国家》とか《歴史》とか《伝統》とかにす がりつく。その典型がイシハラであり、イシハラの腰ぎんちゃくであり、イシハラのポチども である。

 一方、資本主義社会においては、私意の解放や欲望の充足に過ぎないことを自覚もせずに要 求される《市民的自由》など、いかに《反体制》のポーズをとろうと、ロマンティックな幻影に 支えられた概念で終わるしかない。「自由な市場経済」なんてもの言いを思い浮かべればすぐ わかる。それは《個》の対立と社会的不平等を必然的にともなうものだからだ。国家の管理か らの解放にとどまらない《自由》への構想がなければ、《市民的自由》の要求が資本主義社会 のしたたかさの証明としてしか機能しないこともまた、確かなのである。
 《右》も《左》も現実に立脚しない空虚な言葉を垂れ流しているだけだ。ものを考え、ものを 書くことで生きていることになっているはずの、大学教師や売文業者たちの怠慢と不真面目は どうだ。それらは全て本書で明らかにされている。
 思想の風俗への迎合を《権威》と勘違いし、たぶらかされて舞い上がっている《大衆》とや らも、また耳ざわりのいい言葉と戯れることで現実から逃亡しているに過ぎない。
 遠くへ跳ぶための想像力と、それを語る言葉なんだよ。要請されているのは。
 もちろんここに収められた文章は時評であり、その時々の事件や現象を扱っている。しかし それだけにとどまらない射程は有しているはずだ。
 まだまだいける。おら。もう一撃かましてやれ。
 そう、特にマスコミをにぎわす言説は「《右》も《左》も・・・空虚な言葉」だらけだ。それ に対して『「非国民」手帖』は最後まで切れ味鋭い舌鋒で、私の期待を裏切らなかった。
 「解説」で宮崎哲哉さんが書いているように「豊かな教養と緻密な推考と潔い倫理に裏付けされ た批判」だ。私はすっかり「歪」さんのファンになってしまった。「歪」さんは今なお何処かで舌鋒を 振るっているのだろうか。正体を知らないが、是非再び出会いたいものだ。

 「歪」さん、隠れていないで、私たち《同志》(と言っても私はいまだ「保守反動ブタ」と如何ほども 違わない浅薄者だが)激しく鼓舞し、《敵》を正鵠に撃つために、出てきてくれないかなあ。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/413-0537be9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック