FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
163. イシハラ・さらなる憲法無視の悪政
2005年1月24日(月)

 もう大方の人にとっては周知のことかもしれないが、私は1月10日の集会で知った。どうも情報に疎くていかん。
 チョッと遅きに失するが、イシハラの教育支配のための悪政の一つとして重要なことなので書き留めておく。

1  2004年12月3日、都高教組・都障労組・都校職組の3教職員組 合が日比谷野外音楽堂で「”日の丸・君が代”の命令・ 強制反対」の集会を開いた。主催者は学校の業務に支障がないよう配慮し 開催時間を午後5時30分~7時に設定している。勤務地が集会場から遠い教職員 でも1時間ほどの有給休暇をとれば参加できるようにとの配慮でもある。

 ところが都教委は、この集会を「争議行為」だといい、イシハラの腰ぎんちゃく ・横山教育長の名で全都立学校長に集会を妨害する指示を出した。

多数の教職員が職場を離脱して集会に参加することは正常な学校運営を妨げるものである。よって、集会に参加す ることを目的とした年次有休休暇の請求については、時季変更権を直ちに行使し、申請を認めないこと。


 これは何だ?
 有給休暇をとるのに理由など言う必要は毛頭ない。労働基準法第39条4項に「使用者は、有給休暇を労働者の請 求する時季に与えなければならない」とある。
 またその理由が上記集会への参加であっても、有給休暇をとっての参加に とやかく言われる筋合いはない。集会は学校の業務に支障がないように配慮した時間設定をしている。勤務時間中に職場放棄を するいわゆるストライキではない。断じて「争議行動」ではない。百歩譲って「争議行為」だとしても「正当な組合活動」だ。
 イシハラと都教委にとってはおおいに疎ましい集会だろうが、憲法第21条が保障している集会だ。この集会への嫌がらせ・妨害 は明らかに憲法違反である。

2
 2004年12月10日、都教育庁は「学校から児童・生徒及び保護者に配布する文書の取り扱いについて」という通達を 近藤精一都教育庁指導部長名で全都立学校長に出した。

配布物の制限について
配布物については、すべて校長が責任を負う。したがって、以下に例示するような、校長が決定又は承認をしていない文書は、 児童・生徒及び保護者に配布してはならない。
 (1)職員団体等学校及び東京都教育委員会以外の機関が作成した文書で、校長が配布することを許可していない文書
 (2)学級通信、行事の案内等教育活動に関する文書のうち、作成に当たって校長が決定又は承認をしていない文書
 (3)公務に関係のない私的な文書

 これは何だ?明らかに「検閲」だ。

 イシハラは現憲法を認めないと公言している。これ見よがしに次々と憲法の条文を狙い撃ちしている。今度のターゲットは 第21条だ。改めて第21条を掲載する。

第21条(集会・結社・表現の自由,検閲の禁止,通信の秘密)
① 集会,結社及び言論,出版その他一切の表現の自由は,これを保障する。
② 検閲(けんえつ)は,これをしてはならない。通信の秘密は,これを侵してはならない。

 憲法論議をおいて、このような事がまかり通る教育現場を想像してみよう。「茶色の朝」という絵本が評判になっているが、 まさに「茶色の学校」だよ、こりゃ。

 「学級便り」は生徒との問題共有の手段と同時に保護者とのコミュニケーションの一つでもある。話題は必要に応じてほとんど なんでも取り上げる。じっくり考えた上で、自分の責任において社会問題や政治問題についての意見だって述べる。 生徒は授業とはまた違った観点からものを考える機会になるし、自分の教師がどんな人物かも知る。
 私の先輩教師に専門科目外の見識も広く、深い思索をされる方がいた。その方は授業中に授業とはまったく無関係の 思索を記したプリントを配布していた。生徒にはとっても評判がよかった。
 私も「学級便り」を時々発行したり、飲み屋での議論だけではもの足りず、同僚向けの駄文も時々書いた。 (こちらはうるさがる同僚もいたに違いない。)もちろん校長・教頭にも配布している。
 生徒たちも生徒会報や委員会便りやクラブの同人誌などさまざまなプリントを通して意見を述べたり、情報を交換する。  PTAや保護者会が発行する配布物も重要な役割をする。
 教育委員会と教育庁からの配布物だけは百害あって一利もなしだ。

 生徒と保護者と教師の相互のかかわり合いは授業や部活や職員会議や保護者会や飲み屋での議論だけでなく、種々さまざ まな配布物の往来によっても深くなっていく。この配布物がすべて校長の検閲を受けるだって?
 学校は茶色になるだけではなく、骨と皮だけになってしまうよ。もうほとんど死に体だな。

 それに気の毒なのは検閲をする校長。学級便りを毎日書く人もいるぜ。私は全授業をプリントで進めた。毎時間数枚、 多いときは10枚ぐらいを配布した。検閲作業だけで寝る時間もなくなるだろう。それに学校では実にさまざまな分野の プリントが行き交うが、それを全部検閲する力量あるの?

 この件についての「孔の穿ち方」。
 全員でプリントを出しまくれ。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/410-0a8913f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック