FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
20. 「国家」について(1)
 2004年9月3日



 国家の本質は共同的な幻想である。この共同的な幻想は、政治的国家と社会的国家の二重性(二面性ではない)の錯合した構造としてあらわれる。」 (吉本隆明「自立の思想的拠点」所収「情況とは何かⅣ」より)


 私はよく、卒業式や入学式での「君が代日の丸の強制」に反対する人に「君が代・日の丸ではない国歌・国旗ならいいんですか。」と問いかける。「君が代日の丸」の代わりの国家・国旗を作ることを問題解決の一つの方法と考えている人たちは肯定的に答えるだろう。
 しかしたいていの人は、戸惑ってしまって答えに窮するようだ。はっきりと「君が代・日の丸ではない国歌・国旗でもだめだ。」と答える人に出会ったことがない。
この問はたぶん、「国家とは何か」と言う問と同義であると私は思っている。

 「12. 十年前の高校生の意識」で紹介した生徒たちの意見の特徴の一つは、「君が代」に対する拒否感はかなり強いが、「日の丸」は結構受け入れられていることだ。オリンピックやサッカーの国際試合などのスポーツから受ける感動と強く結びついて、その限りでは好ましいもののようだ。
 しかし一方で、卒業式などに現れる日の丸はなんとなくうさんくさいぞ、と言う感覚もあるのだろう。日の丸は否定しないが、卒業式に日の丸を掲揚することには反対だという生徒が多い。
この二つに裂かれた感情・感覚の根拠を掘り下げていくと、ここでもまたたぶん、「国家とは何か」という問いに突き当たる。

 道路を整備したり橋を架けたり学校を建てたりなど公共の事業を遂行したり、国民の財産・生命の安全を図ったり、福祉を増進したり、景気対策を遂行したりなどなどの社会・経済的な役割を果たす国家を社会的国家と呼ぶ。相互扶助を旨とする村落共同体が発展してきたものと言える。

 これに対して国民を支配し抑圧する国家、君が代・日の丸の強制のように心の中まで支配しようとする国家(元号の強制で時間まで支配しようとしている。)を政治的国家と呼ぶ。歴史的に「宗教が法となり、法が国家となる」と言うように展開してきた共同幻想としての国家である。 この二つの国家が二重に錯綜して一体となったもを普通国家と呼んでいる。

 吉本氏はわざわざ「二面性ではない」と注意している。国家の本質としては「社会的国家」に「政治的国家」が覆い被さると言うところか。
 しかし実際に私たちが相対する国家を考えるときは、 たとえばこんなイメージで理解したらどうだろうか。ギリシャ神話の二つの顔を持ったヤヌスのイメージ。 例えば、お巡りさん。やさしくて親切で頼もしい街のお巡りさん(最近そうでもないお巡りさんが増えているけど)は公僕であり、国民に社会的国家の顔を向けている。
 それがくっると首を一回りさせると、反政府や反戦のデモの行列に嫌がらせのような規制をかけたり、時には棍棒を振るって襲い掛かる。国家権力の番犬として、国民に政治的国家の顔をまざまざと見せ付ける。
 生徒・父母から見たとき、教師も二つの顔を持ったヤヌスだと私は思う。果たしてこのことを自覚している教師はどのくらいいるだろうか。
 政治的国家の番犬・代弁者のような言行を無自覚にしている教師にずいぶん出会ってきた。いや無自覚どころか、政治的国家に奉仕するのが教師の役割だと思っているらしい教師は結構多い。

 この二つの国家は二重に分かちがたく錯綜しているので国家に関かわる問題の議論もいろいろと錯綜することになる。
 この二重に錯綜した国家そのものは真っ二つに腑分けすることは出来ないが、国家に関かわる個々の問題については、社会的国家と政治的国家に腑分けして考えることは、とても有効だと私は思う。

 例えば「日の丸」に適用してみる。
 国歌・国旗は国家の象徴だから、当然、政治的国家と社会的国家の二重の役割を担っている。国際航路の船舶が掲げている日の丸や、航空機の機体に描かれた日の丸は社会的国家の役割を果たしており、ほとんどの人は不快感を感じないだろう。
 本来なくてもよいところに現れる日の丸は、国家権力の要請で強制されたもので、政治的国家の象徴となっているとみなしてまず間違いない。
 天皇を歓迎するために小学生に強制的に持たせる日の丸。学校の入学式や卒業式に掲示される日の丸。スポーツの開会式の日の丸。国家権力間の国際儀礼での日の丸。

  「君が代」に適用するとどうか。
 君が代が社会的国家の象徴として使われる場面を、私は想像することができない。君が代は言葉の意味が示すところ、政治的国家の象徴以外のなにものでもない。多くの生徒が嫌悪感を示すのは当然である。

 生徒たちの二つに裂かれた感情・感覚の根拠は、日の丸が政治的国家の象徴と社会的国家の象徴という二重の役割を担っていることにある。
  どの国家も教育(学校)を政治的国家の最も有効で忠実な布教者として利用しようとする。教育は政治的国家からは常に相対的に独立していなければいけない。「君が代・日の丸ではない国歌・国旗」だって、政治的国家を象徴する限り拒否すべき対象だ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック