FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
91. 『「非国民」手帖』を読む(1)

『「非国民」手帖』は、国家に抗する社会を作るための教科書である。
2004年11月13日
 表題(「非国民」手帖』は、・・・)は解説(宮崎哲弥)の最後の一行です。


 まずこの教科書の成り立ちから説明しよう。

 「反権威・反権力」を標榜する『噂の真相』が今年4月号で休刊になった。
 『噂の真相』には93年4月号から時評欄「撃」が設けられた。それぞれ 「(ひ ずみ) (またはゆがみ)」、「(くぐい)」というペンネームで二人の匿名氏が 担当した。それを加筆修正の上まとめたものが『「非国民」手帖』である。

  「撃」の時評はそれぞれ短文ながら、その時々の言説に激烈な舌鋒を浴びせて、その切り口は鋭い。 読んでいて胸のすく思いがする。逼塞した世界状況に抗い、ともすると深く傷つき鬱積 しがちな心を慰藉してくれる。しかし、そのような読み方だけで終わるわけには いかない。いや、終わらせてくれない。

 『どこまでも抗い続ける精神。決して権力にまつろわぬ言説。そうしたものが、あるときまで--- おそらく1980年代の初頭までは、いたるところに突出し、遊撃戦を展開していた。
 ところがいまや満目蕭条、寂として声なき有様である。権力者たちは不祥に脅えることなく 高枕で熟睡している。良民たちはセキュリティ・ブランケットにしがみつき、惰眠を貪ってい る。権力は睡魔に似ている。メディアは子守唄に似ている。
 かつて安らかな眠りから見放された一群の人々がいた。悪い時代、うつつの闇によって熟睡 を奪われた。少なくとも彼らはそう信じていた。そうして誰に頼まれるでもなく、機嫌の悪い 不寝番を買って出、微睡む私達を揺さぶり起こしてまわった。「目を醒ませ。眠っちゃ駄目だ。 醒めた目で現実を見詰めよ」と。
 いつのまにか、信頼できる不寝番は『サンデー毎日』の辺見庸「反時代のパンセ」と『噂の 真相』の匿名コラム「撃」の二つだけとなってしまった。自称不寝番は幾らかいるが、自分だ けは醒めているつもりの夢遊病者ばかりだ。
 然るに辺見庸はとうとう病に倒れてしまった。そして「撃」は『噂の眞相』休刊でひとまず 打留めとなる。ついにこの国は眠りに制覇されてしまうのか。皆挙って迷夢に退歩していくの だろうか。辺見や「撃」の筆者たちからすれば「保守反動ブタ」に違いない私までも不眠症に なりそうだ。(後略)』
(宮崎哲弥・解説「眠れぬ夜の共和国のために」より)

     『今となっては悲しいほどによくわかる。暴力的な圧政に抵抗しうるのは暴力的な言論だけだ。
  9・11以降、加速する反動の波はとどまるところを知らず、憲法改正すら目前に迫っている。
  堤防が決壊したのは1999年のことだった。
  短期政権を予想されていた小渕内閣は自由党との連携を取りつけ、旧田中派に脈々と受け継 がれる公明党との太いパイプを用いて、「自自公」という巨大な《怪物》を作り出した。わた したちはあの無能そうな笑顔の裏に潜むものを見逃したのだ。
 かの政権は国家権力の強化につながる超重要法案を矢継ぎ早に成立させた。野党はもとより、 「反対」のスタンスをとる新聞メディアの《正論》や《客観報道》もあまりに無力だった。《敵》 は---例えば盗聴法が---憲法の精神に整合しない、欠陥だらけの法律であることなど承知の 上で国会審議に臨んでいたのだ。絡め取られるのは必然だった。
 虚無と無関心がこの社会を覆い、慣れ、そして忘れた。
(中略)  だが、著者たちが撃とうとしている《本当の敵》は、狙上に載せられている言説 ではなく、それを称揚し垂れ流すメディアであり、ひいてはそれを許容し、無批判に受け入れ ている《世論》、つまりわたしたち自身だ。  「撃」が数年前に撃ったはずの虚妄の言説が、姿を変え、今もなお蔓延(はびこ)っている。頼れるのは あらゆる情報の政治性を自覚し、批判的に受容する、名も無き個人が紡ぐ《倫理》だけである。』
  (編集部記「まえがき」より)

 「撃」は、「虚妄の言説」は今もなお垂れ流されている、「目を醒ませ。眠っちゃ駄目だ。醒めた目で 現実を見詰めよ」と「私たち自身」を撃つ。

 『「非国民」手帖』は、「虚妄の言説」に真っ向から相対するための「ものの見方・考え方」の宝庫だ。 「国家に抗する社会を作るための教科書」たる所以である。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/325-8021f1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック