FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
65. 私も非国民です。
2004年10月18日


 4年ほど前に、俳優の天本英世さんが「日本人への遺言」(徳間書店)という本を 出しました。(天本さんは昨年3月に亡くなられました。合掌)
 たいへん分かりやすい文章で、反権力・反権威の真骨頂を示すような主張が 単純明快(時には単純すぎて、これはチョッと思う見解もありますが)に述べられていて 小気味よい本です。その中の「非国民について」という文章を

 『私は常々、「私は非国民である」と公言している。
 「非国民」。
 これは戦争中の言葉である。
 愛国者という言葉の反対の意味に使われる言葉である。
 今の日本で、非国民という言葉を使っているのは私だけかもしれない。
「非国民」=「国民に非ず」
 私は、日本国民をやめたいとさえ思っているのである。日本国民であることが恥ずかし いからである。』


と書き始めています。

 今年の4月、本屋の店頭で立て続けに「非国民」を表題に含む本に2冊出会いました。

   斎藤貴男著『「非国民」のすすめ』(筑摩書房)
 「噂の真相」のコラム「撃」をまとめた『「非国民」手帖』(情報センター出版部)

の2冊です。即購入しました。どうやら私は「非国民」に大変共感しているようです。 国家権力の支配・抑圧を保護と勘違いし、その奴隷状況を甘受するものを国民と呼ぶなら、 私も非国民のひとりと自認しようと思います。

 我が内なる「非国民」を再確認・強化するために、まず天本英世著「日本人への遺言」の中の「第4章  非国民と愛国者」を再読することにします。お付き合いください。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/294-82ddcda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック