FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。

   今回は、記録しておいた「辺野古・高江リポート」が二編残っていますので、それを転載します。 
辺野古・高江リポート(2020年4月21日に掲載)

続く基地工事 「不要不急だ」

 【13日】
      沖縄県名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は、同市安和などで工事を続けた。
      本島北部で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、抗議活動に参加していた西原町議の与那嶺義雄さん(六五)は「基地問題も新型コロナウイルス対策もウチナーンチュが団結しなければならない。県民はその力を持っている」と訴えた。

 【14日】
      オール沖縄会議事務局(福元勇司局長)は、那覇市の自治労沖縄県本部で会見を開き、国や県の新型コロナウイルス 感染拡大防止の取り組みを受けて、十五日から五月六日まで抗議活動を一時中止すると発表した。
      照屋義実共同代表は「苦渋の決断だが、やむを得ない。まずは抗議活動者の健康と命を守るのが優先だ」と述べた。また「これまで闘争を続けてきた皆さんのご労苦を思うと涙を禁じ得ない」と語った。

 【16日】
      辺野古の新基地建設に反対する市民らが、名護市の米軍キャンプ・シユワブ前でプラカードを掲げて抗議した。
      新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、互いに約二㍍の間隔を空ける「ソーシャル・ディスタンス」を守って抗議した。一部市民らは十五日以降も抗議している。

 【17日】
      辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は、米軍キャンプ・シュワブの工事関係者に新型コロナウイルスの感染者が確認されたとして同基地での工事を一時中断した。
      一方で名護市安和の琉球セメン下桟橋や本部町の本部港塩川地区では辺野古向けの土砂搬出を続けた。
      基地建設に抗議する人たちは「新基地建設は不要不急の工事だ」 など、国の対応を疑問視した。
      土砂搬出を監視している本部町島ぐるみ会議の高垣喜三さんは、本部港塩川地区で警備員が密集していることについて
      「ソーシャル・ディスタンスが守られていない。政府は緊急事態宣言で人の接触を減らすというが、沖縄は別なのか」 と憤った。
            (琉球新報の記事を転載しています)

辺野古・高江リポート(2020年4月28日に掲載)

「唯一の解決策」 国が固執

着工3年 軟弱地盤・サンゴで停滞

   【25日】
        米畢普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、政府が護岸工事に着工して三年が経過。埋め立て予定地の大浦湾に広がる軟弱地盤と多様性に富むサンゴ類が広がっているため政府は護岸工事を進められず埋め立て工事全体に影響を及ぼしている。
       このまま進めても工事の長期化と費用の増大は不可避だが、政府は辺野古移設が唯一の解決策として固執している。

       沖縄防衛局は二〇一九年度末、軟弱地盤のある大浦湾側の護岸・岸壁工事六件を打ち切った。
       最初に着手した護岸の建設が三分の一(百㍍)程度、進んだだけで、残り五件は軟弱地盤が見つかったため未着工だ。
       護岸・岸壁工事の最終支払額は約三百三億円。当初契約の一・四倍を超える二百二十四億七千七百八十五万九千円で契約を終えていた工事もあった。
       防衛局は今後、軟弱地盤に対応するため構造を大きく変えて発注し直す構えだ。

       防衛局は元々、大浦湾側に建設した岸壁を使って埋め立て工事現場に土砂を持ち込む計画だった。だが軟弱地盤の存在で岸壁を建設できず、護岸の一部を使って陸揚げ場所とした。当初の約束と異なるとし、県は問題視してきた。それでも陸揚げできる場所は二カ所のみで、搬入ペースは限定的だ。その結果、軟弱地盤がなく、先に護岸を造ることができた辺野古側の埋め立て工事も停滞した。
      県の試算によると、一月末時点で投入された土の量は事業全体の約1・6%ににとどまる。現在、土砂を投入している二つの区域のうち、九年三月に着手した区域は今年八月までだった工期を来年九月までの一年余り延長した。
      工費も約五十八億円増の三百十六億ハ千百五十六万円に膨らんだ。

      陸揚げ場所を増やすには、現在使っている護岸K8を拡張したり、別の護岸N2を造成して使ったりする方法がある。だが予定地には保護対象のサンゴ類が生息しているため、県からの移植許可がなければ工事はできない。
      サンゴ移植については総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会で審査が続いている。また、軟弱地盤に対応するため政府は設計変更の承認を県に申請したばかりだ。

               (琉球新報の記事を転載しています)
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2919-356956d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック