FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題3

   続「安倍政権6年間の悪行・愚行」(103)

  またまた長らくのご無沙汰をしてしまいました。
  前回の記事をアップしたのは3月24日でしたから20日ものご無沙汰になってしまいました。原因は迂闊な誤動作によるパソコンの不具合でした。まだ完全に復旧していないのですが、ブログの再開を始めることにしました。

  前回は東京新聞の【本音のコラム】に掲載された論説をいくつか取り上げた記事でしたが、その論説の中の一つが3月24日に掲載された鎌田慧さんの「アベコベ軽薄姑息うそつきカルト首相」の「悪行・愚行」を取り上げた「三つの家族」と題する論説でした。その後3月31日・4月7日と一週間置きに鎌田さんの論説が【本音のコラム】に掲載され続けています。その二つの論説を転載させていただくことにします。

3月31日の【本音のコラム】

検察はもう怖くない

   安倍昭恵首相夫人が名誉校長に就任していた森友学園への国有地超安値払い下げ事件。公文書改竄に関与して自死に追い込まれた財務省近畿財務局職員・赤木俊夫さんの手記について、先週に続けて書きます。

  パソコンに遺された手記に「気が狂うほどの恐怖」など、怖さ、怖い、嘘.虚偽などの言葉が書きつらねられてある。この国有地売却は会計検査院の検査を受けたばかりか市民団体から証拠隠滅で告発されていた。

   妻の話では、赤木さんは「内閣が吹っ飛ぶようなことを命じられた」。「検察に狙われている」と怯えていたという。実際に事情聴取要請の電話がきたあと、恐怖に震え上がり病状悪化。「玄関の外に検察がおる!」と叫ぶほどになっていた。

   一九五四年四月、造船疑獄で佐藤栄作自由党幹事長が東京地検特捜部に逮捕されそうになったが辛うじて、法務大臣の指揮権発動で救われた。
   あるいは、七六年八月、受託収賄などの罪で田中角栄前首相が起訴された。政治悪は検事総長が率先剔抉(てっけつ)するはずなのだ。
    ところが、今回、佐川宣寿元国税庁長官など、誰ひとりとして有印公文書変造罪で起訴されなかった。
  さらに安倍内閣は黒川弘務東京高検検事長が定年になるのに延長ゴリ押しの閣議決定。検事総長に据える。赤木さんが死ぬほど恐怖した検察庁は、張り子の虎にされる。

4月7日の【本音のコラム】

緊急事態宣言の朝

   今日、緊急事態宣言の朝を迎える。東京、大阪など七都府県に限定されたのがせめてもの救いか。
   「伝家の宝刀」などと意気がる自民党議員もいたが、戒厳令など強権拡大、私権制限の暗い歴史に無知な能天気。
   関東大震災での大量虐殺の横行や既に改憲草案に挿入されている緊急事態条項を思えば支持しがたい。

   「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとして…必ずや成功させたい」。
   相変わらずの空疎な大言壮語。現在只今の疫病対策よりも、オリンピック開会式での自分の晴れ姿を夢想しているような、ジコ中の首相。

     今やるべきことは、かのトランプ大統領に押しこまれた一機百二十億円以上もするステルスF35の爆買いを撤回して、その資金でこれからまちがいなく路頭に迷う、コロナの犠牲者の生活を救うことであろう。人民を疲弊させて超高価な武器を何のために買うのか。

    いのちの優先順位が秘かに囁かれている。
    一方では買い占めの列。生存と生活が極端な条件下まで押し詰められている。

   この状況のなかで、あらたなモラルもではじめている。
   自分の存在を被害者としてばかりではなく、加害者としても認識する。
   もしも自分が他人に感染させる存在となってしまうなら、それは堪えられないことだ、と自分と見えない他人との関係について考える。
   それが相互扶助の考え方に繋がると思う。

スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2875-0e6cb3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック