FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題3

続「安倍政権6年間の悪行・愚行」(85)

   前々回と前回は1月28日付の【こちら特報部】の記事を転載しました。
   今回と次回はその続編と言える2月8日付の【こちら特報部】の記事を転載します。

【こちら特報部】の記事(3)

「桜」 深まる三つの疑問(1)

《前文》

首相答弁 ほころび隠せず

  先月27日から始まった衆院予算委員会などで、野党の追及が続く「桜を見る会」。時にしどろもどろに、時にお得意の逆ギレを見せつつ、とにかく「問題ない」を繰り返す安倍晋三首相だが、ほころびは隠せず、「あれで説明なのか」(経済同友会・桜田謙悟代表幹事)という声も。改めてその質疑を振り返ると、疑問はさらに深まり、真相についての仮説が浮かぶ。 (佐藤直子、安藤恭子)


一人一人がお得意様の不自然
    ホテル側と参加800人「5000円で個別契約」

   深まった疑惑の代表格は、昨年四月の「桜を見る会」の「前夜祭」をめぐる会場ホテルとの「契約」だ。
   安倍首相は五日の衆院予算委で大串博志氏(立民)の質疑で後援会の参加者がキャンセルした場合について
     「一人一人、ホテル側と契約していた」と説明。
     「安倍事務所とホテル側は(キャンセルの取り決めについて)合意はしていたが、契約ではない」 とも言った。
   ホテルと首相事務所との間で「契約」があったとした先月二十七日の答弁を「修正」したもの。
   八百人もの参加者が一人一人、個別にホテル側と契約するなど荒唐無稽な説明だが、そうなるとまた新たな矛盾が生じる。

   同じく二十七日の衆院予算委で、今井雅人氏(無所属)が五千円という会費は「安すぎる。不自然」と指摘したのに対し、
「相手によって違いますから。信用できる、何回も使っている方」と、一見(いちけん)の方では、商売において違うでしょう」
と語ったのは安倍首相だ。
   ホテル側は参加者の一人一人を「一見ではない、信用できる、何回も使っている方」と認識して「お得意さま価格」で契約したということになる。

   今井氏は本紙の取材に「安倍首相の答弁が矛盾だらけなのは森友学園・加計学園問題と同じ。いつもと同じパターン」と失笑。
   今井氏はホテル側に一人五千円で宴会できるかと尋ね、できないことを確認したという。
   「結局は安倍事務所側がこれでやってくれという『安倍価格』。となると契約主体は、やはり安倍事務所だ」

   「安倍事務所とホテル側は(キャンセルの取り決めについて)合意はしていたが、契約ではない」とも言った。
   ホテルと首相事務所との間で「契約」があったとした先月二十七日の答弁を「修正」したもの。
   八百人もの参加者が一人一人、個別にホテル側と契約するなど荒唐無稽な説明だが、そうなるとまた新たな矛盾が生じる。
   同じく二十七日の衆院予算委で、今井雅人氏(無所属)が五千円という会費は「安すぎる。不自然」と指摘したのに対し、「相手によって違いますから。信用できる、何回も使っている方」と、一見(いちけん)の方では、商売において違うでしょう」と語ったのは安倍首相だ。
  ホテル側は参加者の一人一人を「一見ではない、信用できる、何回も使っている方」と認識して「お得意さま価格」で契約したということになる。

   今井氏は本紙の取材に「安倍首相の答弁が矛盾だらけなのは森友学園・加計学園問題と同じ。いつもと同じパターン」と失笑。
   今井氏はホテル側に一人五千円で宴会できるかと尋ね、できないことを確認したという。「結局は安倍事務所側がこれでやってくれという『安倍価格』。となると契約主体は、やはり安倍事務所だ」

功労問係なく、ノーチェック招待
    「事務所が安易な臆測で作業」

   一方、「募っているが募集はしていない」という、まるで謎かけのような安倍首相の珍答弁も、笑い事ではなく根が深い。
   安倍首相は
     「事務所によれば、推薦すれば招待されるだろうという安易な臆測の下で作業を進めてしまったとのことだ。招待プロセスを無視した不適切な表現で問題があった」
と認めたが、宮本氏は本紙の取材に「表現が不適切なのではなく、やったことが不適切」と一蹴する。
   そもそも、桜を見る会の本旨は「功労があった人を招待しねぎらう」こと。安倍事務所が募って、それに応募した地元支持者らは、自ら「功労があった」と自薦していることになる。
   各省庁の推薦はすべて他薦で、異様な話だ。
   それでも安倍首相は、招待者が招待基準に合っているかどうかは内閣府で最終的にチェックしているとして、自身は関与していないと繰り返す。

       宮本氏は「首相は内閣府に責任を押しつけているが、地元で推薦を断られた人が一人もいなということは、ノーチェックで支持者は招待されていたということだ」と批判する。

  (次回に続きます。)
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2835-6f3f754d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック