FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題3

続「安倍政権6年間の悪行・愚行」(47)

   (お久しぶりです。野暮用に関わっていて一週間もご無沙汰してしまいました。)


   さて、前回に転載した『日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”』の中に衛藤 晟一(えとう せいいち)というカルト政治家が登場していました。そして、この人物が関わったカルト履歴が次のように説明されていました。

   衛藤晟一1億総活躍担当相も、14年に統一教会系団体で講演。議員会館使用の便宜もはかった。田中和徳復興相は16年に川崎駅構内での街頭演説の際、自身の名刺とともに統一教会の機関紙「世界日報」を配布した。菅原一秀経産相は自身が代表を務める自民党支部が17年に統一教会系の世界平和女性連合に会費を支払っている。

   ところで、ネットで「日本会議」を検索していたら、日刊ゲンダイDIGITAL版のカテゴリ【安倍“お友達ねぎらい”内閣を丸裸】の中に『“爺や”衛藤晟一大臣は日本会議と安倍政権をつなぐパイプ役』という論説(2019/09/27掲載)がありました。
   もう一つ、カテゴリ【保守的・排外的思想の行く末】に中に『歴史修正と排外主義のおおもとをなす「日本会議」の実態』という 論説(これも2019/09/27掲載)がありました。
   今回と次回でこの二つの論説を転載させて頂くことにしました。

“爺や”衛藤晟一大臣は日本会議と安倍政権をつなぐパイプ役』

   衛藤晟一・1億総活躍/沖縄・北方担当相(参院比例・当選3回/衆院4回・71歳)
   自民党きってのタカ派。安倍首相の「側近中の側近」を自任しているが、ゴマをすってポストにすがる茶坊主たちとは少しタイプが違う。
   「第2次安倍政権の発足から7年近く、首相補佐官として安倍首相を支えてきました。年齢も上で、“爺や”みたいな存在です。小渕政権時代、それまでポストに恵まれなかった安倍首相を社会部会長(現・厚生労働部会長)に抜擢するように自民党上層部に働きかけたのが、当時政調副会長だった衛藤氏。安倍首相も恩義を感じている相手です」(自民党関係者)

   もともと、亀井静香・元金融担当相の子分。郵政民営化法案に反対して離党し、2005年の衆院選で落選した。    安倍首相の意向もあり07年に復党し、参院議員に転じた。

   衛藤氏は憲法改正や皇室制度をめぐり、安倍首相と思想信条が近いとされているが、むしろ保守派の論客として安倍首相を教育する立場にあるようだ。

●日本会議

   今度の改造内閣と党4役には、戦前回帰を目指す右派組織「日本会議」の活動を支援する国会議員懇談会幹部が12人いる。首相補佐官として日本会議とのパイプ役を担ってきた。

  「衛藤大臣は公式ホームページで、大分大学在籍時に『学園正常化運動に奔走した』と明かしています。実際、日本会議を支える『日本青年協議会』という新興宗教団体・生長の家学生運動にルーツを持つ右派団体の副代表として活動していました」(宗教ジャーナリスト)

●放言癖

   13年末の首相の靖国参拝に米国が「失望」を表明すると、「こっちこそ米国に失望した」とユーチューブにアップ。他にも中国人に向けて「日本に来るな」とブログで発信したり、集団的自衛権行使の必要性を理解しない有権者を「一国平和ボケ」などと罵った。いずれも後に削除している。

   豪快に見えるが、郵政造反で地盤(大分1区)を失い、参院比例区に転じたこともあり選挙は弱い。
   今年の参院選も当選した比例区自民党候補19人中、15番目でギリギリの当選だった。安倍首相不在となる次の選挙が潮時かもしれない。

スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2730-8a38e68b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック