FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
天皇制問題(6)

天皇報道と記者たち(1)

  前々回の「岡留安則さんを悼む 」で取り上げられていた右翼テロ事件を改めて列挙すると次のようでした
1960年 浅沼稲次郎暗殺事件
1961年 嶋中事件
1987年~1990年 赤報隊事件
1990年 長崎市長銃撃事件
2006年 加藤紘一宅放火事件

  この後は右翼による大きなテロ事件はなかったようです。
  岡留さんが皇太子徳仁の妃雅子に敬語を使わなかったことで右翼団体から威嚇的な抗議行動を受けたのは2000年のことでした。

  現在では敬語問題でジャーナリストが右翼から威嚇されるようなことはなくなったようです。
  しかし、私は皇室関係の記事を読んでいて敬語だらけの文章に出会って辟易とすることが結構度々あります。
  実際にこの問題はどうなっているのでしょうか。
  この問題に対しては『週刊金曜日』の特集「天皇制」では山口正紀(新聞記者)さんと宮下正昭(鹿児島大学法文学部准教授)さんの論考が掲載されていましす。
  少し長いのですが山口さんの論考を使わせてもらいます。
  論考の標題は
   【天皇報道と記者たち「メディアの自殺状況」から抜け出すために】です。

      まず『30年前の代替わりを振り返る』という表題で前書きが置かれていますが、その趣旨と方法を次の様に述べています

   30年前、裕仁天皇の死去により日本国憲法下で最初の代替わりがあった。
     当時の雑誌記事(「法学セミナー」増刊)を再掲。今回の譲位報道記事に必要な視点を探る。


     それでは本文を読んでいくことにします。


30年前の代替わりを振り返る

  1998年9月19日の重体第一報に始まり、翌年1月7日の死去でピークを迎えた天皇Xデー報道、量的な過剰性、質的な無批判性、翼賛性によって市民から大きな批判を浴びた。一連の報道の結果、明らかになったことの一つは、現在のマスメディアが、どれほど市民感から乖離し、支配権力の広報に成り下がっているか、であり、庶民の目からはほとんど「こんなものいらない」の対象になったようにに思われる。

  とりわけ、ごく少数の地方紙を除くマスメディアが、天皇の死を「崩御」という反憲法的絶対敬語で表現し、読者に強要したことは、時計の針を一気に40数年前に巻き戻し、天皇を現人神(あらひとがみ)として復活させたもので、ジャーナリズムとしてメディアも、天皇とともに死んだ、といわれてもしかたのない行為だった。法的にも倫理的にも、アジア侵略戦争の最大の戦犯であり、名実ともに軍国日本の象徴であった天皇を「聖断神話」などの歴史の偽造によって「慈悲深い平和主義者」に仕立て上げた一月七日の新聞、テレビ。この報道を見れば、日本のマスメディアは、ことごとく天皇主義右翼に占拠されたかのようであった。

  それでは、メディアの記者たちは、すべて天皇主義者だったのか。答えは、明らかに否である。むしろ逆に、大半の記者たちは、天皇に対して尊敬の念を抱く どころか、“迷惑な存在”と受けとめていたように思われる。  「メディアの自殺」ともいえる一連の天皇報道の中で、記者たちは何を考え、どのように行動したのか。

(次回の続きます。)
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2571-6e0a40e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック