FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題3

米国の属国・日本(14)

  安倍政権が発足した当初から私は安倍首相をアベコベ軽薄姑息うそつきカルト首相と呼んできましたが、その呼び方が決して間違ったものではないことが最近ますます顕著になってきています。

  夕刊ゲンダイ(デジタル版9日付)に是非紹介したい記事がありました。
『NHKジャック 辺野古工事“環境配慮”のウソ八百』

  安倍の発言を纏めた導入部分に続いて、横田一(辺野古問題に詳しいジャーナリスト)さんの厳しく真っ当な批判が掲載されています。興味のある方は是非全文をお読みください。ここでは安倍の発言を纏めた導入部分だけを転載しておきます。


  まるで所信表明演説のようだった。
  6日、今年最初のNHK「日曜討論」に登場した安倍首相。

 〈消費増税や参院選で与野党の党首が議論〉――。
  NHKは自社サイトでこう紹介していたが、〈「ある問題について、互いに意見を述べ合う」(大辞林)〉意味の「討論」とは程遠く、各政党代表のリレーインタビューで番組は進行。
  安倍首相は番組冒頭から30分近く電波ジャックし、独演状態で新元号や日米貿易交渉などについて持論を展開した。

  用意した原稿をダラダラと棒読み。年頭から言いたい放題の安倍首相の姿を見せられる視聴者はタマッタもんじゃないが、見逃せなかったのが沖縄の米軍普天間基地の名護市辺野古移設工事を巡るデタラメ発言だ。

「辺野古へ土砂が投入されている映像がございましたが、サンゴについては(他の場所に)移しております。(砂浜の)絶滅危惧種は(砂を)さらって別の浜に移していくという、環境の負担をなるべく抑える努力をしながら行っているということでございます」

  さて、辺野古ではどのような新年が始まったのだろうか。東京新聞(1月8日付)の最新の「辺野古・高江リポート」を転載しておこう。


ハワイの芸術家と心一つ

 【1日】
 米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、建設に反対する市民は早朝、辺野古の浜に集まり、「初興(はつうく)し」(主催・ヘリ基地反対協議会)を行った。市民、二百十六人は初口の出に向かって新基地建設反対の意思を新たにした。明るい新年を願い、地謡と踊り手が「かぎやで風」「谷茶前(たんちゃまえ)」などを披露した。

 【4日】
 沖縄防衛局は先月二十八日から中断していた埋め立て予定区域への土砂投入を再開した。米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ市民らは
  「政府の強行に負けることなく(座り込みの)輪を広げていこう」 と声を上げた。

  「こんな社会を子どもたちに残されへん」。
   辺野古のキャンプ・シュワブゲート前を訪れた大阪府在住の朴亜悠(パクアユ)さん(26)は大阪弁を交えながら思いを語った。
 朴さんは在日四世。「言葉の弾圧を受けたこととかは朝鮮と沖縄の似ているとろだなと感じる」と話す。
  「ここに来たのは政治的な思想が理由じゃない。政府の強硬的なやり方がおかしいと感じるから、そう訴えているだけ。そうした  訴えを批判するよう社会を子どもたちに残したくない」と話し、
  「沖蝿に来て感じたことを大阪でも伝えていきたい」と語った。

 【5日】
  新基地建設に抗議する集会が、米軍キャンプ・シュワブゲート前であった。年明け初の毎月第一土曜日恒例の県民大行動に約千人が参加し、新基地建設を止める決意を新たにした。参加者はトランプ米大統領に二月の県民投票まで埋め立て作業の一時停止を求める請願活動を始めた県系四世でハワイ在住のアーティスト、ロバート梶原さん(32)とテレビ電話を通して、互いの運動への健闘を誓い合った。
  梶原さんが「一人一人が私にとってヒーローで、私を奮い立たせ、署名運動をさせた。大統領から確かに返事は来る」と語り、会場から拍手が湧き起こった。
                    (琉球新報の記事を転載しています)

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2548-893d6838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック