FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
恥を忍んで、自作品の公開

作詞作曲編(1)

赤ん坊のやつめ



 3月以来約5か月間「明治150年、何がめでたい」を続けて更新してきました。これまでも「詩をどうぞ」など時々気安い話題を盛り込んで気分を変える機会を作ってきていますが、そろそろ気分転換をしたいという思いが強くなってきました。
 60年ほども前になるでしょうか、初の甥っ子が生まれました。その赤ちゃんを乳母車に乗せて弟と二人で近くの公園によく出かけました。その頃手慰みに、「赤ん坊のやつめ」という詩を書いて、それに曲をつけてみました。それがきっかけで童謡(?)のようなものをいくつか創りました。また、童謡と限らず詩を創る楽しみを覚えて詩(?)のようなものを書き始めました。

 そのようにして始めた詩ですが、かつて思い切ってその愚作の内2編を 『 詩をどうぞ(19)』で」公開しましたが、今、それらの童謡や詩を全部公開しちゃおうと思い至ったのでした。私の勝手な遊びに気安く付き合ってくださる方がお一人でもおいでになればという気持ちで、思い切って連載をすることにしました。

 ではまず童謡のようなものから始めます。詩を作るようになった切っ掛けの「赤ん坊のやつめ」です。


1
赤ん坊のやつめ
小さいやつめ
花びらみたいな爪はえている
生まれたばかりの生意気なやつめ

2
赤ん坊のやつめ
心もあるのか
ほっぺをつくと顔じゆうで笑う
そんなにうれしいか生意気なやつめ

3
赤ん坊のやつめ
あったかいやつめ
だっこをするとかがやく瞳
見えないくせに生意気なやつめ

4
赤ん坊のやつめ
大事なやつめ
母さんの胸にだかれて眠れ
なんだかこわれそうな生意気なやつめ

(下の楽譜は当時書き留めて置いたものを縮小してアップしてみたのですが、こんなに見にくいものになってしまいました。いずれ新たに書き直してアップし直そう考えています。どうぞご容赦ください。)

akanbou(3).jpg
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2439-a360b7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック