FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
562 「創価学会」とは何か。(4)
梅原さんの牧口「価値論」批判
2006年7月28日(金)


 新カント派→左右田の影響を受けて構築されていった牧口の価値論は、新カン ト派の理想主義と全く違った功利主義の価値論になっていった。牧口は自力で 独創的な思想を思索していった点では評価できる。しかし、「利」を最重要な 価値とする功利主義が人類が目指すべき理想世界の指導原理にはなり得ないこと を、私(たち)はすでにロールズの「正義論」において学んでいる。(「第440 回 2月19日」参照)

 梅原さんの批判を読んでみる。

 創価学会が言うように、この価値論が現在の世界の指導原理になるかどうかを 問う時、私は多くの疑問を感ぜざるを得ないのである。この点を明らかにするた めに、私自身の価値論を明らかにする必要があろうが、創価学会批判を目的とす るこの論文では、唯二つの疑点を指摘するにとどめるよりほかはない。

 真を価値の座からしりぞける牧口の理論は、実践的な結果として、真の価値を それ自身として求める人生態度を否定するということになる。創価学会ではしき りに空理空論にふける学者への攻撃がなされるが、利を尊ぶ創価学会は一見空 論に見えるものがいかに人間生活を変え、いかに人間の幸福を増進せしめるか ということに対してあまりに近視眼的であるかに見える。この態度は後に論ず るように彼らの宗教的ドグマを真理追求の精神によってあくまでも問いつめて いく理論的徹底さを許さない原因ともなろうが、今後人類はあくまでも科学的 な真理にもとづいて出来るだけ理性的に戦争をさけ、人類全体を平和と繁栄の 方向に持って行くという方向をたどらねばならない以上、価値の座から真を引 きおろした創価学会の価値学説は世界の指導原理として好ましくないものと言 わねばなるまい。

 同時に、美を部分的生命に関係する価値とする牧口の価値論においては、美は すなわち快であり、美、快は利よりも一段低い価値とされるが、私は美と快は 違い、しかも美は決して部分的な生命の価値と考えるべきものでもなく、ある 場合には利以上に全生命的な対象にたいする関係の仕方になりうると思う。牧 口は利及び社会的利である善にあまりに執着し過ぎるけれども、私は現在まで 人類はあまりにも善の価値に執着し過ぎ、現在逆に美と真の価値を強調する必 要があるように思うが、このことについてはまた後にふれたい。

 さて、以上みてきたように宗教色の見られなかった牧口の「創価教育学会」は どのようにして宗教教団へと変貌して言ったのだろうか。梅原さんは、牧口の「価 値論」と第2代会長・戸田城聖によって解釈された日蓮の「生命論」との教会内 での扱われ方の変遷から、そのおおまかな変貌をあとづけている。

 戸田城聖監修の第三版『折伏教典』では第二章として、生命論の次にあった 価値論が、池田大作監修の第四版では総論の終りの第十四章に移されている。 このような変化は創価学会の思想が牧口から戸田へ、哲学から宗教へと移りつ つあることであり、したがってその批判も価値論より生命論、宗教論に批判の 中心点を置かねばならないかのようである。

 第2代会長戸田のときに宗教へと大きく傾斜して第三代会長池田で牧口の哲学は 宗教の背後へと退けられていった様相がはっきりと分かる。ここから梅原さんの 論考は創価学会の「生命論」の批判にはいるが、それはしばらく後にまわして、 宗教との関わりを軸に「牧口→戸田」=「創価教育学会→創価学会」という変遷 の過程をを少し詳しくたどっておくことにする。
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
創価学会は真の宗教団体(4)
【私個人のコメント】
牧口先生は「真」を捨てたのではなく、論じる次元が違うということです。牧口先生の「真」は日蓮大聖人の仏法である南無妙法蓮華経を根本にすることです。美、利、善の価値論や他の意見、思想の中にもその「真」があり、南無妙法蓮華経を根本に美、利、善や善い意見、思想を充分発揮していこうということです。
「創価学会」の前身である「創価教育学会」の善を基盤とした「美、利、善」の「価値論」の主張は生活上の真理から正しいと思います。
2007/11/12(月) 11:10 | URL | すすき #-[ 編集]
霊感商法とマルチ商法を合体させた創価学会
【創価】創価学会員凶悪犯罪者リスト
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
●欧米各国でカルト指定された創価学会
●日蓮正宗から破門された創価学会
●池田大作『信平信子レイプ訴訟』
●池田大作『月刊ペン事件』
●池田大作『大阪事件』選挙違反で逮捕
●藤原弘達『創価学会を斬る』の出版を巡り創価学会と公明党による言論・出版の弾圧と嫌がらせ
●藤原弘達の葬式に祝電を贈る嫌がらせを行なった創価学会員
●創価学会による日本共産党委員長・宮本顕治宅電話盗聴事件
●創価学会による新宿替え玉投票事件
●創価学会副支部長 木村昌幸 強制猥褻事件
●迷惑電話3000回の地区部長 谷口博司 実刑判決
●NTTドコモ事件 福原由紀子さんに対する集団ストーカー事件で創価大学卒 嘉村英二に実刑判決
●元公明党委員長の矢野絢也氏への創価学会幹部による脅迫と言論弾圧事件
●公明党江戸川区議・松本弘芳(江戸川区文教委員)児童売春で実刑判決
●公明市議の赤井良一。妻を餓死させ実刑判決
●元公明党市議の山田喜八郎。道交法違反(轢き逃げ)逮捕
●覚醒剤取締法違反、公明党市議・大石尚雄。逮捕
●公明党参議院議員・片上公人セクハラ最高裁敗訴
●聖教新聞配達員 硲篤代 寺のお供え物を盗み窃盗罪で逮捕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』他。
http://53.xmbs.jp/SOUKA/
2009/05/03(日) 14:30 | URL | 池田犬作 #-[ 編集]
見方・考え方
真・事実の全体、 善、美、利・事実の側面(解釈)
2010/02/05(金) 20:36 | URL | 天蓋真鏡 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/235-8f14ea3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック