2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
559 「創価学会」とは何か。(1)
牧口常三郎と「新カント派」
2006年7月25日(火)


 国政選挙のたびにまるで記憶にない中学校時代の同窓を名乗る人物から公明党 への投票の依頼電話がかかってきていた。ほとんど忘れていた教え子がやってき たこともある。そんなもので私の考えが変わるわけがない。またそんな人と論争 しても仕方ないのでただ生返事を返していた。しかしコイズミの自衛隊イラク 派兵に公明党が同意した後の選挙の依頼電話のときは強い口調で批判してやっ た。以来電話はない。それにしても、この人たちは創価学会の何に惹かれている のだろうか。

 創価学会について私が知っているのは、強引でしつこい「折伏」によって 巨大化してきた怪しげな教団ということと、公明党との関係が「政教分離」の 原則に反しているようだということぐらいだ。だから最近、創価学会の「マス ゲーム」の映像(「第545回」参照)を見てその異常さに本当にびっくりした。 創価学会の本質を知る必要を感じた。

 創価学会が関わってきた犯罪行為や教団のカルト性をただ糾弾をするのでは なく、創価学会・公明党の成り立ちや本質を客観的に分析している本を探してみた。

島田裕己著「創価学会」(新潮新書)

を選んだ。以下断りがない限り、この本から得た情報です。

 創価学会の創立者は牧口常三郎は小学校の校長を歴任した教育者であった。 牧口が1930(昭和5)年に創立した団体の名称は「創価教育学会」といい、これは宗教 団体ではない。会則要項の第二条でこの会の目的を「本会は創価教育学体系 を中心に教育学の研究と優良なる教育者の養成とをなし、国家教育の改善を 計るを以て目的とす」と記している。会則には宗教的な活動については何も 書かれていない。

 ではこの会はどのような思想を基本理念としていたのだろうか。「創価教 育」という独特な名称がその理念を示していよう。その根底には新カント派 の「価値論」を下敷きにした牧口独特の「価値論」があった。このことにつ いては梅原猛さんの「創価学会の哲学的宗教的批判」(「美と宗教の発見」 所収)を読むことにする。

 まず、日本哲学界における新カント派の位置とその浸透状況。

 価値論は日本の哲学界の潮流から見れば、新カント派という名前とむすびつ き、大正時代、日本の哲学界を風靡し、大正時代が終り、実存哲学とマルキシ ズムが流行するとともに「価値から存在へ」の合言葉のもとに忘れられていっ た、かつての哲学的問題であるかにみえる。西洋哲学の輸入に懸命であった明 治以後の日本の哲学界は、西洋、とくにドイツの哲学界の流行にはなはだ敏感 であり、ドイツで新カソト派がはやれば日本でも新カソト派がはやり、ドイツ で生の哲学が出現すれば日本でも生の哲学の講義が行なわれ、ドイツで実存主 義が流行すれば日本でも実存主義が流行するという風であった。

 ヴィンデルバント、リッケルトを代表者とするドイツ哲学の主流は、昭和2 年(1927年)のハイデッガーの「存在と時間』の出現とともに実存哲学にとっ てかわられるが、日本においても新カント派を熱心に読んだ多くの哲学者たち は、ドイツ哲学の潮流の変化とともにいつの間にか実存哲学を愛する哲学者に かわっていった。

 こうした風潮にあってあくまで新カント派の立場にたちつつ、しかも独自な 経済哲学を作り出したのは左右田喜一郎であろう。左右田銀行の頭取でもあり 日本のブルジョワ哲学の代表者であった左右田喜一郎はリッケルト的な新カン ト派の立場から、大正15年、アカデミックな哲学の代表者西田幾多郎に論戦を しかけたが、それに答えるというより強引な自説の主張をした西田の反批判に 反撥する前に自己の銀行のパニックにあい、その心労のあまりか47歳をもって 死んだ。この左右田の死とともに新カント派ならびに価値論は過去のものとな り、もはや二度と日本の哲学界の中心問題とならなかったかに見える。

 哲学界においてはたしかにそうであった。しかし左右田によって進められた 価値論は学界とは別な所で、左右田の影響を受けつつ独自な価値論を作り出し た牧口常三郎によって日本の民衆の中に浸透し、いまや巨大な文化的あるいは 政治的現象の源泉となったのである。

 このように考えると私は哲学というものの不思議な伝播力、影響力に驚かざ るを得ないが、問題は新カント派から左右田を通じて牧口に到り、価値論はい かに変貌したかということであろう。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
創価学会は真の宗教団体(1)
【私個人のコメント】
私は創価学会が南無妙法蓮華経を根本とした御本尊を弘めることに惹かれます。
「忠言耳に逆らう」「良薬は口に苦し」等(誰でも子供の頃の父子関係の一端からも解ります。)があって、しつこいと勘違いする「折伏」は、忙しい合間での大慈悲の行為です。反発がひどい場合は、その人の為に一時中断したり、後継の人に託すことがあります。
創価学会の「マスゲーム」は南無妙法蓮華経が根本の御本尊を守護している姿で、それによる人間革命は聖教新聞で枚挙にいとまがありません。すばらしいことです。
政教分離は公権を用いて特定の宗教団体に宗教上のことを強制したり優遇することを禁止する為のものです。いかなる団体でも政党に意見や応援は出来ます。創価学会と公明党は政教分離されています。
牧口先生の創価教育学会は創価学会の前身で宗教団体ではないでしょうが、今の創価学会は、第2条に 「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊を信受し、日蓮大聖人の御書を根本として、日蓮大聖人の御遺命たる一閻浮提広宣流布を実現することを大願とする。」とあり、現実に実行している宗教団体です。
「価値論」は社会、人生などに対する一定の見解で、つまり生活上で割り合い深い部分の思想です。善、利や美などが生活上の真理として用いることは良いと思えます。それを教義、つまり教法の義理と思って同列に論ずると、糸がもつれていくように論ずること自体が的外れです。生活上の思想は南無妙法蓮華経を根本に用いていく思想です。
2007/11/12(月) 10:24 | URL | すすき #-[ 編集]
創価学会は真の宗教団体(1)
【私個人のコメント】
私は創価学会が南無妙法蓮華経を根本とした御本尊を弘めることに惹かれます。
「忠言耳に逆らう」「良薬は口に苦し」等(誰でも子供の頃の父子関係の一端からも解ります。)があって、しつこいと勘違いする「折伏」は、忙しい合間での大慈悲の行為です。反発がひどい場合は、その人の為に一時中断したり、後継の人に託すことがあります。
創価学会の「マスゲーム」は南無妙法蓮華経が根本の御本尊を守護している姿で、それによる人間革命は聖教新聞で枚挙にいとまがありません。すばらしいことです。
政教分離は公権を用いて特定の宗教団体に宗教上のことを強制したり優遇することを禁止する為のものです。いかなる団体でも政党に意見や応援は出来ます。創価学会と公明党は政教分離されています。
牧口先生の創価教育学会は創価学会の前身で宗教団体ではないでしょうが、今の創価学会は、第2条に 「この会は、日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊を信受し、日蓮大聖人の御書を根本として、日蓮大聖人の御遺命たる一閻浮提広宣流布を実現することを大願とする。」とあり、現実に実行している宗教団体です。
「価値論」は社会、人生などに対する一定の見解で、つまり生活上で割り合い深い部分の思想です。善、利や美などが生活上の真理として用いることは良いと思えます。それを教義、つまり教法の義理と思って同列に論ずると、糸がもつれていくように論ずること自体が的外れです。生活上の思想は南無妙法蓮華経を根本に用いていく思想です。
2007/11/20(火) 07:12 | URL | すすき #-[ 編集]
創価学会の真実
http://z.z-z.jp/?SOUKA
2009/05/03(日) 14:22 | URL | 池田犬作 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/207-c969dfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック