2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
《沖縄に学ぶ》(1)

三宅島と辺野古の非暴力直接行動

 前回、私は辺野古問題について
「言うまでもなく、これは沖縄の人たちだけの問題ではありません。日本を牛耳っている愚者たちの狂犬政治(変換ミスではありません)の現状と、愚者たちが描くこの国の未来像を象徴しています。」
と書いたが、昨日、これと同じ趣旨のことを詳しく見事に分析している文章に出会った。

 私は「田中宇の国際ニュース解説」のメール配信を愛読してきた。昨日届いたニュース解説は「日韓和解なぜ今?」だったが、その終わりの部分に、辺野古新基地の問題が「日本・アメリカ・中国・韓国・北朝鮮」五ヶ国間の外交問題の中に位置づけられて論じられていた。その部分を引用しよう。

 もし今年、米国が6カ国協議の前哨戦として北との交渉を再開し、米国が北に譲歩するかたちで6カ国協議が開かれると、その落としどころは以前と同じ「北を中国の属国にする」ことだ。北の金正恩がそれを了承するのか疑問だ。しかし、もし6カ国協議が進展すると、それはほぼ確実に、日韓からの米軍撤退や、日韓の対米従属色の希薄化を引き起こす。慰安婦問題の解決と並行して、米軍撤退に向かう道の始まりである日韓の安保協定の締結が、すでに現実的な話として交渉されている。

 この話が進むと、沖縄の米海兵隊のグアム撤退の構想が再燃する可能性が増す。海兵隊の普天間基地の代替になる辺野古の基地の建設が、沖縄県民の強い反対を受けている。米政府は以前から何度か「日本政府が辺野古に基地を作れないなら、海兵隊をグアムに撤退するよ」と言っている。世界で唯一の、米軍海兵隊の米国外の恒久駐留基地が日本にあることは、日本の対米従属(日米同盟)の象徴だ。海兵隊の撤退は、日本の対米従属の減退を意味するので、日本の隠然独裁的な官僚機構は、海兵隊に出ていかれる前に、是が非でも、法規をねじ曲げても、急いで辺野古の代替基地を作らねばならないと考えている。

 6カ国協議の進展は、海兵隊のグアム撤退を阻止(できるだけ長く先延ばし)したい日本の官僚機構にとって、新たな脅威の出現になる。
6カ国協議再開の先鞭となる、慰安婦問題解決や、日韓安保協定の交渉再開が驚きなのは、この点においてだ。オバマ政権が日韓、特に日本政府に「核実験再開が近い北の脅威の増大」などを口実に、強い圧力をかけた結果、慰安婦問題が解決されたのだろう。

 慰安婦問題で日韓の関係が悪化する直前の20111-12年にも、北核6カ国協議の再開、日韓安保協定の交渉、米海兵隊のグアム移転など「米国が東アジアから出ていく方向」の流れが起きていた。だが12-13年にかけて、慰安婦と竹島の問題での日韓関係の悪化、日韓安保協定の棚上げ、尖閣諸島国有化を皮切りとした日中敵対の激化、北朝鮮の消極性による6カ国協議の頓挫、北の中国の属国化拒否としての13年末の張成沢の処刑、米軍グアム撤退の雲散霧消、辺野古基地建設をめぐる沖縄への異様な圧力などが起こり、米国の東アジア覇権が存続するかたちで今に至っている。

 今回、おそらく米国からの圧力による慰安婦問題の解決、日韓安保協定の再交渉が始まったことは、再び11-12年の「米国が出ていく流れ」の再開になるかもしれない。東シナ海紛争、南シナ海紛争への日本の介入、潜水艦受注に始まる日豪同盟の可能性(対米従属から日豪亜同盟への転換)などを含め、今年の展開が注目される。

 さて、私は「非暴力直接行動(3)」の中で、1983年に三宅島で起きたアメリカ軍の「夜間発着訓練」誘致問題を取り上げた。そのアメリカ軍基地誘致反対闘争が現在闘われている辺野古新基地反対闘争ととてもよく似ている。その闘争のあらましを改めてまとめると次のようである。

 その闘争中に行なわれた村長・村議選挙では反対派の村長が当選し、地縁・血縁の選挙で選ばれた各地区のボスが牛耳っていた村議会も一変し、議員構成も反対派が圧倒的多数派になった。これが三宅島の民意だった。しかし、国家権力は一小村の民意などは眼中にない。どんどん既成事実を積み重ねて三宅島の基地化を進めていった。

 村長選・村議選を制しても国家権力の意図を止めることは出来ないのだ。この国家権力の横暴に対して、村長を先頭とした村の行政機関の姿勢、村議会の活動、島外からのさまざまな支援などがあったが、国家権力を最もたじろがせたのは島のおばあたち(おばあちゃん、かあちゃんたち)の「非暴力直接行動」だった。

 反対闘争を暴力で弾圧しようと政府が送りこんできた「鬼の8機」と言われていた精鋭機動部隊に対して、おばあたちは身体を張って一歩も退かなかった。三宅島はまだ酷暑の9月の事、頭をそっくり覆うヘルメットまでかぶった完全装備の機動隊員が何人も脱水症で倒れた。闘いの最中に、おばあたちは息子や孫のようなその青年隊士たちを介抱していた。

 私は2004年の記事『「9/23労働者市民のつどい」の報告』を思い出した。その「つどい」のプログラムの一つ「辺野古の闘いのフォト・レポート」で、沖縄の闘う「おばあたち」につい涙を流してしまったことを白状しているが、実はこの三宅島のおばあたちの闘いがダブって、私の涙腺が刺激されたのだった。

 改めて調べてみたが、新基地を辺野古に決定したのは2002年7月29日のことだった。この時から13年以上が経過している。長い闘いだ。

 そして現在、県知事選や衆議院選の圧倒的な勝利で、辺野古新基地反対の民意が示されたのに政府は「粛々」と暴力的に工事を進めている。海上では海上保安庁の警備船が、陸上では機動隊が、反対運動をする人たちに対してほしいままに暴力を振るっている。

 私は、辺野古の非暴力直接行動の詳細に記録している目取真俊さんのサイト『海鳴りの島から』で多くのことを教えられている。その中の12月16日の記事『水曜大行動と右翼のデモ』に拍手喝采したくなる報告があった。最後の一節を引用しよう。

 この日は右翼グループ30数名による元気のないデモ行進がゲート前であったが、テント村ではいっさいの挑発に乗らず、歌って、踊って、笑って、デモをやり過ごした。
辺野古に現れた右翼
 右翼グループもヤマトゥではこんなふうに対応されたことがなかっただろう。戸惑った様子に思わず笑ってしまった。実に見事な対応だった。

 沖縄でも「おばあたち」がしなやかで優しい。

 上記の右翼グループのデモの動画をユーチューブでみることができる。
(どちらの動画にも「右翼デモとカチャーシ―」のあとに、右翼がアップしたと思われる動画が続いている。どうしてこうなっているのか、私には分からない。)

『右翼デモとカチャーシ―』
『右翼デモとカチャーシ―』
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/2029-d52fb8e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック