FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
348 天皇制の基盤を撃つ ― 真説・古代史(1)
戦後史学批判
2005年8月1日(月)


 これからお世話になる古田武彦さんの著書を改めて挙げておく。
『「邪馬台国」はなかった』
『日本列島の大王たち』
『盗まれた神話 ― 記・紀の秘密』
        (いずれも朝日文庫版)

 さて、古代史解明のための文献(『記・紀』、中国の諸史書など) を「一切の先入観を排し、まず原文全体の表記のルールを見出す。つぎにそ のルールによって問題の一つ一つの部分を解読する。」という「もっとも常 識的な」研究方法を、古田さんは一貫して自らに厳しく課している。

 しかしこの常識的で最も実り多いはずの方法が戦後古代史研究からすっぽり と落ちている。なぜか。津田理論を金科玉条の大前提としているためである。 その大前提となっている「定見」はつぎのようであった。

 『記・紀』には造作が多い。つまり、その神話や説話は、後代天皇家の史官 が勝手に造りあげたもので、その記述を直ちに史実と認めることはできない。
 それでは何を基準に史実か否かを判別するのか。中国の史書を頼るほかない。

 一例。
 宋書(5世紀頃)に、「讃・珍・済・興・武」と呼ばれる倭の五王が南朝劉宋 の天子に使者を送っている。五世紀のこれら王者たちは『記・紀』に書かれ た「応神・仁徳・履中・反正・允恭.安康.雄略」の各天皇のいずれかに当る にちがいないとし、戦後の研究者はこの比定を大きな拠点とした。
 この方法(日中両記事の〝結びつけ″)は、すでに江戸時代、松下見林とい う民間の学者が『異称日本伝』の中で試みているという、この松下理論が、戦後 史学によって、ふたたび取り上げられることになったというわけだ。
 古田さんは戦後の古代史学をリードした井上光貞の文を引用している。

 原則としていうと、倭五王に該当する五世紀の天皇たち以後、仁徳または 履中以後は、天皇の名ばかりでなく、続柄も、皇居も、后妃も、皇子女も、 代々正しく伝えられた所伝を記録したものとみてよいであろう」(『日本国家 の起源』)

 つまり、津田理論の『記・紀』批判をふまえたうえで、「『記・紀』のこ この部分は信用できる」といっている。「倭の五王」以前が濃い霧の中 で混迷しているのは、けだし当然というべきか。

 ところで、『記・紀』の「応神~雄略」の項には宋と通行していたという 記事はない。この不一致は一体どう説明すればよいのか。
 「『記・紀』の記事は信用できないのだから、一致しなくても一向に差し 支えない。一致するところだけ採用すればよい。」これが戦後史学が拠ってたつ 基本的な研究方法だ。自説と矛盾する文言に出会うと「それは後世の造作だ」 とか「それは記録者の誤記だ」とつじつまを合わせる合理化が研究と呼ばれて いる。単なるこじ付けとしか思えないような議論のもある。この方法の行き着く 極限として、古田さんは川副武胤という学者の例をあげている。「盗まれた神 話」から引用する。

 津田は「神武東征」の説話に対し、〝これは全く歴史事実とは関係がない。 皇室が「日の神の子孫」とされたため、たまたま字づらがそのイメージに合う 「日向」(宮崎県)という地名をえんで「神武東征の発進の地」に 仕立てあげた(ヽヽヽヽヽヽ)のだ″と主張した。 つまり、美しい文字づらがお話の展開のために利用されただけであって、実際 の宮崎県の地は、皇室の祖先とは全く関係がない ― こういうのである。

 このような津田の解釈の方法を『古事記』全面におしすすめたのが川副だ。 たとえば、神武以降各代の天皇の名に「日子(ひこ)」という字のつくものが 多い(カムヤマトイワレヒコ〔神武〕、シキツヒコタマデミ〔安寧〕等)。 これらはすべて「日の子孫」というイメージにもとづく作者の創作だ、という のである。それだけではない。「春日」「日下」をはじめ、「日」のつく 地名・神名・人名、また「日を背負って戦う」とか「末だ日出でざるの時」の ような「日」にちなむ句が『古事記』全面にちりばめられている。これらはす べて作者(丸邇臣(わにのおみ) の一族と推定)が造り出し、「日」をめぐる独自の構想をもって配置した 「天才的な頭脳の産物」にほかならぬ、というのである。

 川副があげた〝造語の秘密〟の一例をあげよう。彼によると、出雲神話の 神名を連想させる「一言主神」という神名は、「天皇」という字の変形だ、 という。その理由はこうだ。
 (1) 「一言主神」と「天皇」とは、両者とも字画の総数が13である。
 (2) 両者とも左右相称の字から成り立っている。
 (3) 「天皇」の文字は「天」の第一画から数えて第七画は、かぎ (曲)形であり、「一言主」も「一」から数えて第七画は同様である。
 (4) 「天皇」の文字をつぎのように分析してみる。
     ①一、②大、③白、④王。
 上の②、③の「大日」は〝大いにまうす〟と読み、〝天皇の「言」(ことば )〟の意味であり、「王」は「主」と同義だから、「一言主=天皇」である。 (川副「日本神話」341~2ページ)。


 すごい!まさに天才的な分析だ。しかし、素人の常識はこんなご都合主義の 言葉遊びのような理論を肯えない。このような研究方法をもってしてはいかな る真実も掘り出すことはできないだろう。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/183-af798619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック