2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
《「真説・古代史拾遺編》(107)
「倭の五王」補論(10)


「倭の五王」とはだれか:真説編(8)

 これまでのまとめとして、良山「古系図」で「倭の五王」と、今まで取りざたされてきた著名な王を比定してみよう。


初代玉垂命〔旨〕
 ↓
朝日豊盛命〔讃〕―暮日豊盛命〔珍〕
 |(九躰皇子次男)  (三男)
 ↓
物部日良仁光連〔済〕
 ↓
日往子明連〔興〕―日男玉頼連〔武〕
(宋書によれば
「讃・珍」と「興・武」は兄弟。
「珍」と「済」の続柄は記されていないが、
一応「讃」の世子とした。)
          |
          |(3代)
          |
         日往玉尊連
          ↓
         日明玉連尚
(「…連」から「連」+「一字名称」に変わる。
これは「松野連」系図の
「⑤「牛慈」(「武」の3代後)の時
  金刺宮の時、降伏して夜須評督になった。」
と符合する。)
          |
          |(10代)
          |
         神天子連家
                  〔多利思北孤〕
          |
          |(6代)
          |
         神面土連篤〔薩夜麻〕


 さて、稲員家の系図と高良大社の伝承によれば、稲員家は玉垂命の末裔であると言う。古賀さんは、広川町郷土史研究会より発刊された稲員家文書の冊子巻頭の佐々木四十臣氏(同会顧問)による解説を引用している。

 稲員氏の出自を同氏系図でみると高良大明神の神裔を称し、延暦21年(802)草壁保只が山を降って、三井郡稲数村(現在は北野町)に居住したことにより稲員(稲数)を姓としたという。

 正応3年(1290〉鎌倉幕府の下知により、稲員良参(よしなが)が上妻郡古賀村(現在は広川町)に移り館所を構え田戸70町を領したことに、広川稲員氏の歴史が始まる。

 南北朝時代の稲員氏の動静は不詳であるが、戦国時代に入ると一貫して豊後大友氏の旗下として行動し、在地豪族としての地歩を固めながら、高良社神管頭としても大きな役割を担った。稲員孫右衛門安則(1633~1707)の孫安綱が著した『高良玉垂宮旧傳祭祀神職略記』によると、
『(前略)八人神管の頭領にして、同社の諸式令の行務・御幸・遷宮ならびに神輿一件の司職にて、先駈の吏務あり。金鼓具の護人を司り、且つ当社の重器三種の神宝出納職たり(以下略)』
ということからも、いかに大きな役割を占めていたかがうかがえよう。

(中略)

 稲員氏は天正16年(1588)から寶暦2年(1752)に至る165年間、8代にわたり広川谷において大庄屋職を勤めた。中でも前掲した稲員孫右衛門安則は『家勤記得集』を著したのをはじめ、数多くの記録類を書き残したことで知られる人物であり、広川谷のみならず、あまたの水利土工を手がけて抜きん出た事蹟をも残している。はたまた寛文9年(1669〉大祝保正・座主寂源とともに、絶えて久しかった高良社御神事の復活を成し遂げたことは、同社の歴史においても燦然と輝く功績といえよう。

 この解説を受けて、古賀さんは稲員家についてさらに次のように解説を加えている。(少し長いがそのまま引用する。)

 このように稲員家は時々の権力者からも崇敬を得ていたことが、同家文書の内容からもうかがいとれるのだが、なによりも注目すべきは、同家が高良大社の重器「三種の神宝」の出納職であったことだ。天皇家のシンボルである三種の神宝を持つ家柄こそ、九州王朝の末裔にふさわしい。

 同時に高良大社が三種の神宝を持つ社格であることは重要だ。伊勢神宮や熱田神宮でさえ三種の神宝すべてを持っているとは聞いたことがない。しかも高良大社では三種の神宝を隠し持っているわけではない。御神事祭ではその行列中に堂々と並んでいるのである。天皇家以外で三種の神宝をシンボルとして堂々と祭っている神社があれば教えてほしいものである。

 康暦2年(1380)の奥書を持つ高良大社蔵書「高良玉垂宮大祭祀」にも
「三種之神宝者、自草壁党司之事」
「草壁者管長先駈諸式令職務也」
とあり、稲員家が草壁を名乗っていた頃から三種の神宝を司る高良大社でも中心的な家柄であったことがわかる。ちなみに、高良大社は三種の神宝のみならず、「神功皇后の三韓征伐譚」(八幡愚童訓等)で活躍する「干珠・満珠」の二つの宝珠も神宝としている。更には七支刀も持っていたのだから、なんとも豪華絢爛、九州王朝の天子の居所にふさわしい宝物群だ。

 しかし、これだけではなかった。この地が九州王朝の王都であった証拠が高良大社文書『高良記』(中世末期成立)に記されていた。

「大并(高良大菩薩)、クタラヲ、メシクスルカウ人トウクタラ氏ニ、犬ノ面ヲキセ、犬ノスカタヲツクツテ、三ノカラクニノ皇ハ、日本ノ犬トナツテ、本朝ノ御門ヲマフリタテマツルヨシ、毎年正月十五日ニ是ヲツトム、犬ノマイ今ニタエス、年中行事六十余ケトノ其一ナリ」 (( )内は古賀注)

 ここで記されていることは、百済からの降人の頭、百済氏が犬の面をつけて正月15日に犬の舞を日本国の朝廷の守りとなって舞う行事が今も高良大社で続いているということだが、初代高良玉垂命がこの地に王宮をおいた時期、4世紀末から5世紀初頭にかけて百済王族が捕虜となっていることを示している。これに対応する記事が朝鮮半島側の史書『三国史記』百済本紀に見える。

「王、倭国と好(よしみ)を結び、太子腆支(てんし)を以て質と為す。」(第三、阿莘宰王6年〈397〉5月条)

「腆支王。(或は直支と云う。)……阿莘の在位第三年の年に立ちて太子と為る。六年、出でて倭国に質す。」(第三、腆支王即位前紀)


 『三国史記』のこの記事によれば、397年に百済の太子で後に百済王となった腆支が倭国へ人質となって来ていたのだ。この397年という年は、初代玉垂命が没した390年の後であることから、倭王讃の時代となろう。

 『日本書紀』応神8年3月条に百済記からの引用として、百済王子直支の来朝のことが見えるが、書紀本文には『高良記』のような具体的な記事はない。すなわち、百済王子が人質として来た倭国とは、近畿天皇家ではなく、九州王朝の新都心、三瀦あるいは高良山だったのである。

 百済国王子による正月の犬の舞は、いわゆる獅子舞のルーツではないかと想像するのだが、七支刀だけではなく王子までも人質に差し出さねばならなかったことを考えると、当時の百済と倭国の力関係がよく示された記事と思われる。この後(402)、新羅も倭国に王子(末斯欣)を人質に出していることを考えると、東アジアの軍事バランスが倭国優位となっていたのであろうが、倭の五王が中国への上表文にて、たびたび朝鮮半島(百済など)の支配権を認めることを要請しているのも、こうした力関係を背景にしていたのではあるまいか。

 このような東アジアの国家間の力関係をリアルに表していた伝承が、百済王子による犬の舞だったのであるが、現地伝承として、あるいは現地行事として伝存していた高良大社にはやはり九州王朝の天子が君臨していたのである。

 もう少し正確に言えば、現高良大社は上宮にあたり、実際の政治は三瀦の大善寺玉垂宮付近で行われていたと思われる。いずれも現在の久留米市内である。大善寺坊跡が「天皇屋敷」と呼ばれていたことは既に紹介した通りだ。

 さて、初代玉垂命には九人の皇子がいたが、次男朝日豊盛命の子孫が高良山を居所として累代続き(稲員家もその子孫)、長男の斯礼賀志命は朝廷に臣として仕えたとされている。しかし、その朝廷が太宰府なのかどうか、今一つ判らなかった。それがようやく判明した。高良大社発行『高良玉垂宮神秘書同紙背』所収の大善寺玉垂宮の解説に次のように記されていた。

「神職の隈氏は旧玉垂宮大祝(大善寺玉垂宮の方。古賀注)。大友氏治下では高一揆衆であった。高良大菩薩の正統を継いで第一王子斯礼賀志命神の末孫であるという。」

 玉垂命の長男、斯礼賀志命の末裔が、三瀦の大善寺玉垂宮大祝職であった隈氏ということであれば、斯礼賀志命が行った朝廷とは当時の王宮、三瀦だったのだ。すなわち、長男は三瀦で政治を行い、次男の家系は上宮(高良山)で神事を司ったのではあるまいか。これは九州王朝の特徴的な政治形態、兄弟統治の現れと見なしうるであろう。

 こうして、わたしの玉垂命探究はいよいよ倭の五王から筑紫の君磐井、そして輝ける天子、多利思北孤へと向かわざるを得なくなったようである。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1405-b6443121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック