FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
ひらりちゃんの童話集
「グリーン グリーン」(1)


(もうずいぶん昔のことです。私の身近にいた少女・にしのひらりちゃんが、小学校5年生~6年生の頃、「おはなしづくり」に興じていました。その「おはなし」のできばえに感心したひらりちゃんのお母様がその「おはなし」をまとめた冊子を何冊か手作りして、私に一冊下さいました。先日古い文書を整理していたら、長らく忘れていたその「おはなし」が出できました。改めて読んでみて、私もそのできばえに感心しました。私のホームページの所期の趣旨とは全く関係ないのですが、ちょっと息抜きということで、その「おはなし」を紹介することにします。)

グリーン グリーン

 1988年8月1日、南アメリカのアンデス山脈、ナスカはとても暑い。口では言い表せないほどだ。そこには不思議な地上絵がたくさんあった。くじら、鳥、魚、中でも一番大きく目立つものは、グリーンだ。グリーンと言っても緑色をしているのではない。ほかの砂地とかわらぬ白っぽい砂色だ。けれど、朝日が昇り始めた時や、夕日が沈み始めた時に、いつも
「グリーン、グリーン。グリーン、グリーン。オォー。」
という声が悲しそうにナスカの砂漠にひびきわたる。その声はどうやら、一番大きな地上絵から聞こえてくるようなのだ。
 地上絵の研究家はそれを聞いて言った。
「これはナスカの熱風が、夕日や朝日の一番きれいな時に一番速くなって、砂の吹く音が、グリーンと聞こえるのだ。」
「いいえ、これは飛行機の爆音です。」
などなど、もっともらしい話や、うそのような信じられない話、おばけ話、わらい話。そしてみんなはその声を録音したり、航空写真を撮ったりしてさわぎたてた。

 ある日の真昼、いつもと同じようにナスカは暑かった。その広い広い砂漠にポッツリと小さな点が二つ、グリーンに向かって歩いて来た。よく見ると、それは真っ赤なチョッキに真っ赤なくつ、真っ赤な帽子に真っ赤な半ズボンのふた子のかわいい男の子だった。二人はグリーンの長い長い角の部分に坐った。 グリーンは小さな声で
「お前達は研究隊か? もし研究隊員だったら、私の角に坐ることは許さない。」
二人の男の子はもっともっと小さな声で
「ボクたちは研究隊員なんかじゃありません。ボク、なんかあなたに呼ばれているような気がして、弟と来たんです。ボクの名前はサンライズ(朝日)。弟はサンセット(夕日)。」
するとグリーンは、感激したような大声で
「なんだって。君たちが、私のずっーと待っていたサンライズとサンセットかい。」
するとサンライズは人差し指を口にあて
「シ-ッ、ボクたち、アポロン(太陽)やムーン(月)やスター(星)たちに内緒で来たんだから。」
グリーンは小さな声で不思議そうに言った。
「えっ? アポロン? ムーン? スター?」
「そう、アポロンはボクの父さんさ。ほら、あそこだよ。空の真ん中にいるんだ。」
 グリーンは言われた通りに、カンカン照りつける大きな赤い太陽を見た。太陽はじっと動かずに自分の息子を見ているようだった。グリーンは大きなため息をついて
「君たちのお父さんは、あまりにも大きくて暑すぎるよ。君らはもう見つかっているさ。それにしてもなんて暑いお父さんだろう。」と言った。するとサンセットが弁解するようにしゃべり始めた。
「アポロンはとても大切だよ。アポロンが雲に隠れてしまって雨が降ると、町や村のみんなは『あーぁ、雨か。』とがっかりするよ。アポロンはとても好かれているんだ。」
するとグリーンは叫んだ。
「雨? 雨? 雨が降るの? あの冷たい小さな水の粒が雨でしょう? 雨! 雨!」
サンセットは不思議そうに言った。
「そうだよ。グリーンは雨を知らないの?」
グリーンは言った。
「知ってるさ、知っているとも。私が目を開いた時に見えたのは、青い空とコンドルと、ただ暑いだけのアポロンさ。暑くて暑くて身体がバラバラになりそうな時、降ってきたんだよ、雨が。気持ち良かったな。」
サンセットが口をとんがらせて言った。
「アポロンのこと、そんあふうに言わないで。」
 その時だった。空が急に暗くなった。夜のように暗くなった。三人はアポロンを見た。
「アポロン!」
「アポロン!」
サンライズとサンセットはびっくりして泣き出しそうになった。グリーンは
「心配することないさ。君らは知らないの? 今までに何回も何回もあったさ。ただの日食だよ。そんなに驚くことないよ。」
サンライズは心配そうに叫んだ。
「ちがう!」
「えっ?」
グリーンは訳がわからなかった。
「ちがうんだよ。アポロンが休憩する日は…つまり日食の日は。ボクや弟の誕生日や、春風が遊びに来た時や、何か特別なことがある時なんだよ。でも…、今日は何の日でもないんだよ。」
サンライズとサンセットはとうとう泣き出してしまった。グリーンはどうすれよいのわからなくて、ボンヤリと暗くなった空を見つめていた。

 その頃、人間たちもさわいでいた。
「日食が私たちに前もってわからなかったなんて、何ということだ。」
「地球に何かが起こったのだ! 地球は爆発するぞ。」
「私はまだ死にたくないわ。どこに逃げれば助かるの? お金ならたくさんあるわ。」
さわいでいるうちに夜が来た。といっても、空ははじめから暗いので人々にはそれとすぐにはわからない。ただ、月と星が出たのだ。時計を見て、人々は夜だということをやっと感じた。(つづく)
スポンサーサイト



 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1384-57876ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック