FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
企業経営の社会主義化(1)

 『大搾取!』(スティーブン・グリーンハウス著/曽田和子訳 文藝春秋)という本を読んでいる。アメリカの労働者が置かれている悲惨な現状を克明に描いたルポルタージュである。著者は外交や労働問題を担当しているニューヨーク・タイムズの経済記者だ。目次を転載する。

第一章 酷使の現実
 分単位で休憩時間を計測、解雇社員にゴミ漁りを奨
 最低賃金は貧困ラインを下回る……
 救われないアメリカの労働者たち。

第二章 不満には恐怖で
 安全軽視の工場で次々と事故が起こる。
 声をあげた者に待っていたのは、ひどい罪の濡れ衣だった

第三章 働く意欲が失せていく
 街の歴史ある工場が大資本の傘下に。
 経営は赤字ではないのに押し付けられる人件費削減。
 絞って得た利益は吸い上げられるばかり。

第四章 戻ってきた十九世紀
 夜間閉鎖の家の中でサービス残業を強要され、通報者には匿名保護もない。
 今のアメリカは、貧しい人に三ドル貸してクビになる社会なのだ。

第五章 消えた会社との約束
 安定雇用が経営の定石だった時代はあった。だが、株主利益を会社が重視するようになるにつれ、労働者への報酬はコストとみなされるようになる。

第六章 弱者がさらに弱者を絞る
 電子化で、いまや重役達も些事まで把握できる。
 労働者の人間らしさを認めていたら、現場監督のクビはすぐ交換されるのだ。

第七章 派遣 終わりなき踏み車
 必要な時だけ呼び、不要になれば消えてもらう。
 経営者が重宝する使い捨て労働者たちには、保険や年金どころか誇りすら与えられない。

第八章 低賃金の殿堂ウォルマート
 万引き犯を捕まえた熱血警備員。その負傷で得た報酬は、医療費逃れの懲罰解雇。
 小さなスーパーはいかにして小売業世界一となったか

第九章 王道はある
 誰もが世界的市場を口にする。手厚く労働者を遇していたら生き残れぬと--。だが搾取経営に逆らって成功した事例はこんなにもある。

第十章 瀕死の労働組合
 労働者にとって必要なのは、労働組合なのだ。しかしアメリカの労働組合は腐敗しきっており、組織率は一割にも満たない。蘇る道はあるのか?

第十一章 はいあがれない
 金持の子は大学院でMBAをとって初任給十六万ドルも夢ではないが、貧乏人の子には大学は学費値上げでどんどん遠ざかっている。

第十二章 夢のない老後
 企業年金は資金不足で反古にされ、頼みの401kプランは欠点だらけ。
 年金で充実した晩年をおくるなど、夢のまた夢だ。

第十三章 すべての船を押し上げる。  グローバリゼーションで世界はフラット化した。ならば、世界中の労働者の非人間的な搾取にノーを突きつけるべきなのだ。

 新自由主義先進国アメリカが到達した惨憺たる現状が目次に目を通すだけでも読み取れよう。そして誰もが日本の労働環境も同じだと思うだろう。アメリカにあこがれた小泉・竹中が日本にも新自由主義を導入し、アメリカを後追いしたのだ。当然同じ結果になる。『大搾取!』の巻末に湯浅誠さんが解説を書いている。題して「日米大搾取のパラレル」

 ところで、第九章では「搾取経営に逆らって成功した事例」が取り上げられている。それらの成功例が示すさまざまな経営手法を、私は「企業経営の社会主義化」(厳密には「リバタリアン社会主義」と言いたい)と言ってよいのではないかと思った。このような観点をもって、第九章を読んでみる。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1362-58d410b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック