2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
502 吉本隆明の「ユートピア論」(1)
<アジア的>ということ
2006年5月17日(水)


 吉本さんのマルクス理解は初期の頃から一貫して明瞭だ。「マルクスの思想」と「マルクス主義」を峻別している。
 「マルクス主義」とは、「マルクスの思想」をロシア的に(レーニン~スターリンと)展開したものをさし、「ロシア・マルクス主義」あるいは「スターリン主義」と呼んでいる。このマルクス主義に対しては一貫して激しく鋭い批判をしてきている。

 「マルクスの思想」については『今のところ異議を申し立てるところはない。』『優れたものは優れたものとして…それを信じる以外にない。』と手放しの評価をしているが、もちろん『(異議を申し立てるところが)もし見つかったなら、そこは否定すべきであるし、批判すべきであり、それは当然なんだ』という留保付である。そして、スターリン主義の弱点の特質は、実はマルクスの<アジア的>という概念の展開の不十分さに根ざしているのではないかと、最近の問題意識を提起している。

 マルクス思想のその弱点の淵源を吉本さんは、マルクスが「ヨーロッパの近代思想=世界思想」という前提の枠内で思想を展開していた点に求めている。古田さんがマルクスの宗教批判の弱点(第481回 参照)を、マルクスが「キリスト教単性社会」という枠組みを出られなかったところに見ていたことと重なる。


 アジアとかアフリカの問題については、マルクスの展開の仕方は不十分であるとおもっているわけです。マルクスは、…、あくまでもヨーロッパの近代思想の延長線に立ってかんがえを展開していますから、マルクスが<アジア的>というふうにいわざるを得なかった概念というのは、マルクスの中では割合に明瞭にあったとおもうんですが、その展開の仕方はとても不十分だったとぼくは理解しています。共同体論としても、あるいは共同体的所有という問題としても、もっとはっきりさせなければいけない。その中に全部、ロシアの問題も、アフリカの問題もはいってくるだろうとおもうんです。
 そうすると何が根本的な問題なのかというと、…、18世紀以降、西欧の近代思想イコール世界思想であるというふうにいえるから西欧近代思想が世界思想なんで、たとえば18八世紀以前の西欧思想は、西欧思想というだけで世界思想ではないというところに、<アジア的>という概念が世界的な意味でたどれるのではないか。ぼく自身はそう理解します。



 吉本さんは<アジア的>という概念を何よりもまず「共同体論とし
て、あるいは共同体的所有という問題として」重視している。インタービューアーの高橋さんの次の発言から、それをもうすこし詳しく汲み取っておこう。


 吉本さんは前に「アジア的なものについて」と題された講演をされて、<アジア的>なものの中に、ある意味では人類史の理想的なものというのが孕まれている、それと同時に、非常に迷蒙な部分もまたあり、この迷蒙な部分については徹底的に解除されなければいけないとおっしゃっている。これは吉本さんがずっと解明されてきた<天皇制>の問題とも関わってくるとおもうんですが。
 <アジア的>なものの中で救済すべき人類史の理想的な部分というものと、迷蒙として徹底的に解除すべき部分というものが、弁別した上でひとつの歴史概念として取り出し得るのかどうかというのが、ちょっとひっかかるところなんです。私はむしろ吉本さんが迷蒙といわれた部分も含めて<アジア的>なものの思考とか、文化とか、共同体の組まれ方というのは成り立っているんじゃないか、その辺のことを、先ほどの問題との絡みでお聞かせいただければとおもうのですが。



 <アジア的>共同体の組まれ方、さらに言えば<アジア的>所有=共同体所有が理想の共同体のあり方として、どう生かせることができるのか否か、という点が焦点となる。ロシア・マルクス主義がこの点において、一つの踏み外しをしたと、吉本さんは見ている。


 それからいま、高橋さんのおっしゃった<アジア的>ということなんですが、それはどこでかんがえているかというと、これはロシアのマルクス主義が、あるいはレーニンがといってもいいのですが、共同体所有という問題を先験化しすぎた。つまりレーニンは、共同体所有というものを生産手段の社会化とか、もっとひどい場合には国有化といっていますが、そういうことを資本主義から社会主義へ移行する場合に、疑問の余地ない前提のように理解している。けれどもこれはマルクスの思想の曲解だろうとぼく自身はおもうわけです。

 そのばあいの生産手段の社会的な所有というものが、共同体における個々のメンバーにとって利益である限りにおいて、共同体所有とか<アジア的>所有というのは、復元し得る余地があるということで、前提なんかではちっともない。マルクスも前提だというふうにはいってないとおもいます。

 だからぼくは、<アジア的>共同体の組み方とかが弱点だけじゃなく利点として、つまり迷蒙だけじゃなくて、開明的なものとして蘇生できるとすればどこまでできるか、どういうふうにできるかという原則が重要なのだとおもいます。その原則は、個々の成員にとって利益である限りでだけ生産手段は社会化されなければいけない、そこだろうとかんがえています。もっといいますと、レーニンが社会主義イコール生産手段の社会化あるいは国有化というふうに理解しているのはまちがいだとおもいます。



 「社会主義イコール生産手段の社会化あるいは国有化」というレーニンの誤謬が、反発するにしろ賛同するにしろ、そのまま通俗的な社会主義理解となって多くの人をとらえている。この弊害は大きい。
 またもうひとつ指摘しておくと、「共同体における個々のメンバーにとって利益である限りにおいて」という大原則は、アプローチの仕方の違いはあれ、ロールズの「正義の原理」に通じていると思う。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/128-401bad1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック