2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
昭和の抵抗権行使運動(49)

〔ドキュメント〕6・15国会流血事件(4)


 18時40分、輸送車が門外に引きずり出された。そのすき間かち、まき散らされる水をくぐって、学生たちが周囲を警戒しながら、車の間をすり抜けてバラバラと入ってきた。

 構内に入った学生は10メートルほどのところで足ぶみをしながら立ちどまった。学生側のリーダーが警官に向かったまま、隊列を整えるよう指揮していた。学生は次第にその数を増し、8メートル~10メートルの間隔を取って警官と対峙していた。

 そのとき、社会党の石野、井岡などの代議士が仲介のために出てきたが、警官と私服にとりかこまれ、売国奴とののしられ、蹴られた。学生たちの投石が激しくなった。

 18時59分、2台目の車を引き出そうとする。

 19時3分、門外に引き出される。後方にあった車2台も後ろへ押しやられ、学生がドンドン入る。放水効果なし。

 このとき官邸より第二機動隊二中隊が国会構内へ入る。

 19時4分、学生数約700。このとき学生の正面にいた警官隊が後方へ引きさがって袋状の隊形となった。学生との間は20~30メートルとなり、広い空間ができた。

 「警官隊が後方へ引きさがって袋状の隊形」をとった意図はなんだったのだろうか。「記録」の編集部は次のような「注」を付けている。

(注)
 「引きさがった」状態を説明する多くの人の形容詞は二つに大別される。一つは「逃げるように」「仕方なく」というもの。もう一つは「サッと」「整然と」というもの。この後退の意味は、じつは非常に重要な意味をもっている。なぜかならば、警官隊の学生に対する意図がなんであったかに関係するからである。しかし編集部が集めたところでは、これを決定する資料はない。もし意味を考えるとすれば、その後の警官隊の行動との関連において考えるより仕方がないだろう。

 その直後の「警官隊の行動」は次のようであった。

 19時5分、白い警棒が西側の第四機動隊の後方でふりあげられ「かかれ」と叫ばれた。警官隊はワッとかん声をあげ、警棒をふりあげて旧議員面会所方面に殺到した。

 学生は算を乱して逃げたが、一部は旧議員面会所のガラス戸を外して警官に投げつけ、一部はプラカードの柄をふりかざして打ち合った。警棒が学生の頭や肩を打ちのめす音が不気味に聞こえ、最前列の学生は両手で頭をかかえながら倒れた。

 倒れた学生は警官になぐられながら後方へゴボウ抜きに送りこまれ、そこでは私服が猛烈な一撃を加えてたたきふせた。私服は、男女を問わず負傷学生の髪の毛をつかんだり、足をもったりして新議員面会所にひったてた。

 19時20分、学生は門外に押し出された。すさまじい警棒攻撃と負傷学生のうめき ― 「だれかが死んだのではないか」と語られはじめ、やがて、19時30分を過ぎるころから、女子学生の死亡が伝わりはじめた。

 これよりさき19時ころ、南通用門の西側には、東大本郷の学生がスクラムを組んでいた。その先頭から十数列目に、薄クリーム色のカーディガンに紺のスラックスの樺美智子さん(22)の姿があった。

 やがて、阻止用の輸送車が引き出され、緊張が一段と高まったとき、二、三人の学生が、女性は危険だから後ろにさがるように叫んだ。樺さんの右隣の男の学生も、樺さんに後退することを勧めた。しかし、樺さんは、これを拒否し、みんなと行動をともにすることを主張していた。

 スクラムは前進した。警官の後退で、構内に入ることは容易だった。学生たちは構内で隊列を整え、スクラムを固めた。

 樺さんの姿は、前から十数列目に見られた。しかしつぎの瞬間、警官の突入と同時にスクラムは乱れ、樺さんは、前から押され、後ろから押された。転倒する学生もいたし、警棒で殴られる学生もいた。

 それから約10分後の19時30分ころ、一女子学生の死が報じられた。それが樺さんであった(東大生の話)。

 樺さんの死については、まだ不明の点が多い。死体搬出に関しては、南通用門からデモ隊医療班が運び出し、官邸付近からきた救急車に収容して、19時30分ころ、警察病院に運び込んだ(警察病院調べ)。死因についても、司法解剖に立ちあった坂本、中田両医師は、「窒息死であり、扼死の疑いが強い」と主張し、東京地検は、窒息死か内臓出血という線をとっている。

 学生は負傷者をつれて、首相官邸前などで、通行の乗用車に向かって「負傷者を病院に運んでください」と叫んだ。協力を惜しまなかった人が多かったという。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1154-ff3e1a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック