2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題

国土交通相中山成彬の超低級暴言


 またまた政治家のあきれ果てた失言があった。できたてほやほやの麻生金持ち自慢内閣・国土交通相中山成彬だ。

 曰く「ごね得というか、戦後教育が悪かったと思う」(成田空港建設への反対闘争について)

 曰く「日本は随分内向きな、単一民族といいますかね、あんまり世界と(交流が)ないので内向きになりがち」(外国人観光客の誘致策に関連して)

 曰く「大分県教委の体たらくなんて日教組(が原因)ですよ。日教組の子供なんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」(大分県の教員汚職事件について)

 そして、早くもその数時間後に、おきまりのようにステレオタイプの言い訳をしている。

曰く「誤解を招く表現であったので撤回します」

 辞書を引くと「失言:言ってはいけないことを、不注意で言ってしまうこと。言いあやまり。過言。」とある。政治家の数々の「失言」は「不注意で言ってしま」ったことには違いないが、「誤解を招く表現」ではない。だれも誤解なんてしていない。言ってることは明々白々で、だれもが言っているとおりの浅薄な認識の持ち主なのだと、誤解の余地なく理解している。無知と偏見でコチコチに歪んでいる頭から「正直に」出てきた「本音」であり、「失言」ではなく、誤謬だらけの「暴論」なのだ。

 自民党独裁政府が誤った政策を暴力的に押しつけて始まった三里塚闘争は、土地を強制的に奪われるという、突然ふってわいた不条理に対して、三里塚の農民たちがささやかな生業を自らの手で守ろうとした「非暴力直接行動」=「抵抗権行使運動」だ。得をしたのは利権に群がった政治家・官僚・資本家じゃないか。これがなんで戦後教育と関係があるのか。(この三里塚闘争については、ほんのちょっとだけど、 「非暴力直接行動(4):三里塚のこと」 でふれた。)

 日本は「単一民族」という誤認識も右翼政治家に度し難いほどこびりついている。政治家に限らない。御用学者・御用ジャーナリストもよく口にする。「天皇を中心とする神の国」とセットになっている右翼の共通認識だ。彼らには世界を正しく認識しようという知的誠実さなど、ほんのかけらもない。何の根拠もない幻想に脇目もふらずにすがりついているだけだ。

 全国学力調査という天下り先創出のためだけのような、有害無益な厖大な無駄は、「低学力は日教組のせい」ということを証明することが目的だったそうだ。全国学力調査は、中山(文部科学相当時)が提案したという。釈明会見で次のように言っている。

 曰く「日教組(日本教職員組合)の強いところは学力が低いんじゃないか。」(テストで何を調べたかったかについて)

更に曰く「現にそうだよ。調べてごらん」

 まともな思考力の持ち主ならば、こんなバカげた仮説は、実証するまでもなく、噴飯ものの謬論だと判断できる。「日教組」と「学力」に相関関係などあるわけがない。「学力」が 「銀行型教育」 の成果を指すのなら、「学力」と「親の経済力」にこそ相関関係がある。だいたい銀行型教育の成果を比べて何の意味がある。権力しか目に入らない政治家、金儲けしか頭にない経営者、甘い汁の天下りを口にするのが生き甲斐の官僚などは、銀行型教育の優等生のなれの果てではないのか。

 でもね、ご苦労なことに朝日新聞がまじめに「調べてごらん」に対応してあげている。

 データをたどってみると、成績トップの秋田の日教組の小中学校組織率が5割超で全国平均(34.1%)を大きく超えるなど、全体的な相関関係はうかがえない。現場の先生も「短絡的」とあきれ顔だ。

「日教組の子どもなんて成績が悪くても先生になるのですよ。だから大分県の学力は低いんだよ」

 教員採用不正事件を引き合いに出しながら中山氏がやり玉にあげた大分は、小中学校の日教組の組織率が6割を超える。今年の全国学力調査では、小6、中3の全科目で、平均正答率が全国平均を下回った。この点だけをみれば発言は「当たっている」ようにもみえるが、科目によって結果はばらつく。小6国語Aでは全国平均と2.9ポイントの差が付いたが、小6算数A、中3国語Aでは、わずか0.2差だ。

 では、調査の成績が良かったところはどうか。中山氏の出身地で選挙区でもある宮崎は、小6の2科目と中3の全科目が全国平均を上回るまずまずの成績で、組織率は1割未満。

 ところが、小6の全科目でトップ、中3もすべて上位3位に入った秋田の組織率は5割以上。組織率が9割近くと全国トップを誇る福井は、中3の3科目で1位だった。

 「中山説」では、成績の低いところは日教組が強いはずだが、小6、中3の全科目で最下位だった沖縄の組織率は4割弱にとどまる。中3の全科目でワースト2位だった高知に至っては1割に満たず、何ともバラバラだ。



 政治家の暴論にはうんざりで、もう取り上げるのはよそうと思っていたのだが、あまりの超低級暴言にのせられてしまった。麻生金持ち自慢内閣の暴言はまだまだ続きそうだ。いや、超短命内閣だから、これが最初で最後かな。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1113-9c7d9b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック