2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
『続・大日本帝国の痼疾』(49)

自由民権運動(3)―民権運動年表


 民権運動は明治維新の革命課題を人民 自身が担い推進しようとした一大革命運動だった。 時期としては、 民撰議院設立を要求した1874年から 実際に国会が開かれた1890年ごろまでを指している。 この運動の最大の目標は「国会の開設」という 参政権(政治的自由)を獲得することであったが、 「地租の軽減」と「条約改正」の実現も重要な目標 とされていた。

 まず年表で、その運動と関連事項のあらましを 見ておこう。

1874(明治7)年
 1月 民選議院設立建白書を政府に提出
 4月 板垣退助は,土佐で立志社を結成
 諸県で地租改正反対の農民騒擾

1875(明治8)年
 2月 大阪会議、愛国社の設立
 6月 讒謗律及び新聞条令(言論取り締まり)
 9月 出版条例改定

1876(明治9)年
 10月 神風連の乱 一日で鎮圧
   秋月の乱
   萩の乱
   思案橋事件
 11月 萩の乱鎮圧
 諸府県で農民騒動

1877(明治10)年
 2月 西南戦争
 6月 立志社、国会開設建白書を提出
 9月 西南戦争終わる

1878(明治11)年
 5月 大久保利通暗殺
 6月 竹橋騒動
 9月 愛国社再興大会

1879(明治12)年
 植木枝盛「民権自由論」

1880(明治13)年
 4月 愛国社大会、国会期成同盟と改称
 集会条例(集会・結社の自由を規制)

1881(明治14)年
 10月 国会設立(明治23年)の勅諭
 10月 自由党結成(総裁 板垣退助)
 民権結社の設立、憲法案起草活動、最も活発(~82)  官有物払い下げ問題批判で、新聞・雑誌の停刊処分 相次ぐ。

1882(明治15)年
 4月 板垣退助、岐阜で襲われる
    改進党結成(大隈重信)
    立憲帝政党結成(福地源一郎)
 11月 福島事件
 加藤弘之「民権新論」
 中江兆民訳・ルソー「民約訳解」

1883(明治16)年
 3月 高田事件
 4月 新聞紙条例改定(さらなる言論取り締まり)
 馬場辰猪「天賦人権論」
 植木枝盛「天賦人権弁」

1884(明治17)年
 5月  群馬事件
 9月  加波山事件
 10月 自由党解党
    秩父事件
 12月 名古屋事件
    飯田事件

1885(明治18)年
 11月 大阪事件
 12月 太政官制を廃し、内閣制度を採用

1886(明治19)年  6月 静岡事件
    公布雨宮製紙工場で女工スト(日本最初のスト)

1887(明治20)年
 5月 大同団結運動(民権派の反政府統一運動)
 10月 2府18県有志、三大事件(言論集会の自由・条約改正中止・地租軽減)建白提出
 12月 保安条例(反政府運動の弾圧法規)

1888(明治21)年
 4月 枢密院設置
 6月 高島炭坑事件
 11月 条約改正交渉開始(大隈重信)

1889(明治22)年
 2月 大日本帝国憲法発布
 9月 大阪天満紡績で賃上げ争議

1890(明治23)年
 1月 自由党再建(大井憲太郎、中江兆民)
 7月 第一回衆議院議員総選挙
 9月 旧自由党主流 立憲自由党結成
 11月 第一帝国議会、日比谷議事堂で開会

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1019-e5da23d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック