2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
不定期便991 《「真説・古代史」拾遺編》(10)

偽装「大化の改新」(2) ― 年号「大化」について


 明治以前には多くの研究者が九州年号について 論議を交わしていた。次のような関連文献が残さ れている。

『和漢年代記』『皇代記』『二中歴』 『麗気記私抄』『海東諸国記』『如是院年代記』 『春秋暦略』『塩尻』『万葉緯』『衝口発』 『和漢年契』『古代年号』『襲国偽僣考』 『清白士集』『紀元通略』『茅窓漫録』

 なのに明治維新以後、九州年号の研究は激減した。 その理由は言わずとも明らかだろう。要するに、 天皇神格化の上に権力を確立しようともくろんだ 明治藩閥政府にとって、近畿天皇家以外に元号を 持つ者などあってはならなかった。九州年号は 封印された。しかし、真実は必ず解き明かされる。

 ところで、 真説・古代史(72) ― 九州年号(1) で掲載した九州年号表は『襲国偽僣考』によるも のだったが、その後の諸研究の結果、『二中歴』が 九州年号の原型であるとされている。それに従って これからは『二中歴』を用いることにする。

 さて、確かにヤマト王権の年号である「大宝」 以前の年号で日本書記に現れる年号は「大化」 「白雉」「朱鳥」の三つだけである。

大化元年(645)~5年
白雉元年(650)~5年
ずっと飛んで
朱鳥元年(686)(元年だけで終わる)
また飛んで
大宝元年(701)

同じ時期の『二中歴』の年号との対比表を作っ てみた。

西暦セイレキ 九州キュウシュウ年号ネンゴウ 九州キュウシュウ王朝オウチョウ事件ジケン 日本ニッポン書記ショキ ヤマトの大王ダイオウレキ ヤマト王権オウケンナイ事件ジケン
640 命長1     641~皇極コウギョク  
645     大化1 孝徳コウトク 蘇我氏ソガシ滅亡メツボウ       大化タイカ改新カイシン
646         改新カイシンミコトノリ
647 常色1     孝徳コウトク  
650     白雉1 孝徳コウトク  
652 白雉1     孝徳コウトク  
654       孝徳コウトク10 孝徳コウトクボツ
655       斉明サイメイ(皇極コウギョクチョウ祚)  
661 白鳳1     天智テンジ(ショウセイ)1  
663   ハクムラタタカ      
668         天智テンチ即位ソクイ
671       弘文コウブン  
672       天武テンム 壬申ジンシンラン
673         天武テンム即位ソクイ
684 朱雀1     天武テンム12  
686 朱鳥1   朱鳥1 持統ジトウ(ショウセイ)1 天武テンムボツ
695 大化1     持統ジトウ  
697       文武モンム  
701 大化タイカ 九州キュウシュウ王朝オウチョウ滅亡メツボウ 大宝タイホウ 文武モンム 大宝タイホウ律令リツリョウ
 「大化」、「白雉」「朱鳥」が九州王朝の 年号の盗用であることが一目瞭然である。

 余談ながら、私は高校時代に日本史を学んだと き、「白鳳文化」の「白鳳」の意味が分からな かった。「飛鳥文化」は飛鳥に都が置かれた 時代の文化であり、「天平文化」は「天平」という 年号で表される時代の文化と納得できるが、 「白鳳」という地名も年号もない。なぜ「白鳳文 化」なのだろう?教科書も教師も説明してくれな かった。

 いま改めてウィキペディアで調べてみたら、 「白鳳とは日本書紀に現れない元号 (逸元号や私年号という)の一つ」と説明して いる。「逸元号」なのに今に残っているなんておか しくない?年号は支配王朝の専売品、「私年号」 なんて許されるわけがないでしょう? いわゆる「定説」なのだろうが、私には全く納得 できない説明だ。

 いまはすっかり納得できた。なんだ、「白鳳」も 九州年号の盗用だったのだ。

 さて、九州年号と比べて「白雉」は2年ずれている。 また「朱鳥」は1年だけで終わっている。この二つの ちょっとした手違いのような違いに対して、大化は どうだろう。50年もずれている。同じ盗用でもここには 大きな意図があるようだ。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adat.blog3.fc2.com/tb.php/1007-4d2dfd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック