FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
今日の話題3

続「安倍政権6年間の悪行・愚行」(76)

《「日米安全保障条約」締結60周年》(1)

   現行の日米安全保障条約は一月十九日で、署名から六十年を迎えました。
   この事についての記事が東京新聞(19日付と20日付の朝刊)に掲載されていました。

   まずは19日と20日の【政治】欄に掲載された記事を転載します。

日米安保条約60年 対米追従、強める首相

  現行の日米安全保障条約は十九日、署名から六十年を迎えた。米軍に基地を提供して防衛を依存する日本はこの間、米国の求めに応じて自衛隊の役割を拡大。安倍晋三首相は自衛隊と米軍の一体化や米国製武器の購入を推進し、対米追従姿勢を鮮明にしている。

  首相は第二次政権発足以降、集団的自衛権の行使を解禁し、安全保障関連法を成立させて防衛政策を変質させた。防衛力整備の方針である「防衛計画の大綱」も見直し、防衛費を増額させている。

  茂木敏充外相と河野太郎防衛相は安保条約六十年に当たり、ポンペオ米国務長官・エスパー国防長官との連名で共同声明を発表。安保法による自衛隊の米軍支援の拡大を念頭に「日米同盟はいまだかつてないほど強固で、幅広く、不可欠となっている」と強調した。

  日米両国は一九六〇年一月十九日、改定された日米安保条約に署名。日本は米軍に基地を提供し、米国は日本を防衛するという双方の義務が明文化された。 (上野実輝彦)


首相「日米安保は不滅」 条約60年 都内で式典

   現行の日米安全保障条約の署名から丸六十年を迎えた十九日、日本政府が主催した記念式典が東京都内の飯倉公館で開かれた。安倍晋三首相はあいさつに立ち「今や日米安保条約は、いつの時代にも増して不滅の柱。世界の平和を守り、繁栄を保証する不動の柱だ」と表明した。宇宙やサイバーの新たな領域で日米同盟を強化する意向も強調した。

   式典には麻生太郎副総理や茂木敏充外相、河野太郎防衛相、米国のヤング駐日臨時代理大使らが出席。署名時のアイゼンハワー米大統領の孫メアリーさんも招待された。

   あいさつで首相は米軍による東日本大震災での支援活動「トモダチ作戦」などに触れ、自衛隊員や米軍兵士に謝意を表明。
  「六十年、百年先まで世界を支える柱として同盟を強くしていこう」と訴えた。
  二〇一五年の米議会演説で用いた「希望の同盟」に言及し「私たちが歩むべき道は、希望の光をもっと輝かせることだ」とも語った。

   飯倉公館のロビーには安倍首相の祖父の岸信介元首相とアイゼンハワー氏がゴルフをする写真などが展示され、首相とメアリーさんらは言葉を交わしながら見学した。
   現行条約は一九六〇年一月十九日、岸氏とハーター米国務長官らがアイゼンハワー氏の立ち会いの下、ワシントンで署名した。


トランプ氏声明

「日本の貢献増大を確信」
 【ワシントン=共同】
   トランプ米大統領は十八日、現行の日米安全保障条約署名六十年を祝福する声明を発表し
    「今後、日本の貢献が増え続け、同盟が発展し続けることを確信している」と表明した。
   トランプ氏は安倍晋三首相、茂木敏充外相、河野太郎防衛相に敬意を表した上で, 
    「両国の盤石な同盟は過去六十年にわたり、米国と日本、インド太平洋地域、全世界の平和と安全、繁栄に不可欠だった」と評価。
   その上で「安保環境が変化し続け、新たな挑戦が起こる中、同盟をさらに強化し深化することが必要だ」と指摘した。


(次回に続きます。)
スポンサーサイト