2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
永遠の不服従のために(2)

1999年問題

 辺見さんが前回で紹介したような激しい本を書き始めたきっかけは1999年に急変した政治情勢にある。『どのような時代』の対論は「1999年問題の重大性」を論じることから始まっている。辺見さんは「1999年問題の重大性」について次のように発言している

 じつは僕、しきりに「1999年問題」と言ってるんですが、これはある意味で戦術的な言い方です。99年の諸問題は、もちろん、ここに至る長いプロセスがあって、突然に降ってわいてきたわけではないですから、結果だけを論じることはできないのです。ともあれ、僕としては99年問題の重大性を最大限強調したい。年表で言えば、ここはいちばん太いゴチックにしておかないとまずい。それも私としての責任であるわけです。ほかの人たち、表現者、マスコミ、政治家、1999年の夏に立ち会ったすべての人たちの責任を問いたい気持ちもないではないのですが、僕はさしあたり、私個人の身体的年表のなかで私の責任を考えようと思ってるんです。象徴的には、この年の第145通常国会で成立した「周辺事態法」、「盗聴法」、「国旗・国歌法」、「改正住民基本台帳法」を、私は私の内面との関係でかつてなく重大視している。これらがこの国の短、中期的未来に向けた法制的かつ思想的祖型になることは、私の表現行為にとって耐えがたい圧迫なのです。つまり、これらの国家主義的浸透圧を、私の身体はとても不快に感じている。

 1999年問題については過去にも取り上げたことを思い出した。調べたら、2007年1月12日の「今日の話題」『戦後民主主義は決壊した。』だった。そこでは、『抵抗論』から「1999年の重大性」を具体的により詳しく語っているくだりを引用した。再掲載しておこう。

 まず、1999年夏の第145通常国会で、ガイドライン関連法案、いわゆる「周辺事態法」ができました。
 それから「盗聴法」というのも通ったわけです。「盗聴法」というのは「通信傍受法」ともいわれましたけれども、これは憲法第21条第2項の「検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない」に明白に違反するわけで、とんでもない法律だと私は思っています。
 それから「国旗・国歌法」というものもできました。これもまた、憲法第19条の「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」に抵触するものではないかと思っています。99年のときには、まだ海のものとも山のものともわからないという高を括った気分も一般にありましたが、いまや大変強圧的法律として定着しつつある。この法律が、とりわけ教育界にもたらした悪影響は計り知れません。
 さらに、「改定住民基本台帳法」というものも通ってしまいました。この法律が施行され、皆さんのところにも、人間を10桁の番号で表す、いわゆる住民票コードというものが送られてきているはずです。

 また、「国会法」を改正して、「憲法調査会設置法」というものもできました。この法律は、2000年の通常国会から施行され、早くもこの間、「答申」のようなものが提出され、過半数の議員が「憲法」改定を考えているということがはっきりしてきました。これにともなって、戦後の日本ではかつてなかったことですが、「有事法制」というものをなにはばからずいえる雰囲気が、99年ころからでてきました。
 そして、これは95年に起こったオウムの地下鉄サリン事件がきっかけになっているのですが、「団体規制法」(「無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律」)というものも、同じく99年に成立したわけです。他の事件やたくさんの法案がありましたから見過ごされていますけれども、これも大変な法律です。つまり、捜査令状無しに、宗教団体その他に踏みこむことができる。しかも、警察ではなくて、公安調査庁にその権限があるという、いわば何でもできるという法律だと思います。これを拡大し、援用していくとどういうことになるのか、考えるだけでぞっとする法律です。

 こういう大きな流れを見て、99年のその時点で、私は戦後民主主義という堤防が完全に決壊し、反動の濁流が押し寄せてきている、これからはもっとひどくなるぞといろいろなところで申し上げてきました。当時の私の発言は悲観的過ぎるとかオーバーだとか、ずいぶん反発もされたわけですが、いまの事態は、皆さんよくご存知のとおり、99年の第145通常国会のころどころの騒ぎではないですね。いったん決壊した堤防は、土嚢を積み上げることすらできなくて、もう濁流に身をまかせるしかないような状態を生みだしてしまった。私の予言はまったく不幸にして当たったのです。

 1999年の「反動の濁流」は、田中真紀子に凡人と揶揄された小渕恵三によって始められた。そして今、恩師の加藤節(成蹊大学名誉教授)から「安倍晋三くんは無知で無恥なずるい政治家です」と喝破された「アベコベ軽薄姑息うそつきカルト」首相がどす黒く汚れ切った「反動の濁流」を欲しいままに垂れ流している。念のため、その濁流が流した悪政として、まず第1次政権の時の教育基本法改悪が挙げられるが、現在では枚挙にいとまがない。取りこぼしがあるかもしれないが列挙してみる。全て1999年夏に成立した諸法案が源流となっていることがよく分かる。
集団的自衛権
テロ資金提供処罰法
非正規推進
生活保護・社会保障削減
原発推進
日本版NSC(国家安全保障会議)
特定秘密保護法
マイナンバーの導入
武器輸出三原則撤廃
消費増税
通信傍受法改悪
70兆円を越えるバラマキ外交
高江・辺野古での新基地建設強行

 そして更に次の悪法の成立を目論んでいる。
種子法廃止法
水道民営化法
家庭教育支援法
親子断絶防止法
共謀罪法
医療ビッグデータ法(本人の合意なくビッグデーター化)
放射線防護基準緩和障害防止法改悪

 さらに、戦前の教育を復活させようと、時代錯誤の教育破壊を目論んでいる。
体育科目に銃剣道導入
道徳科目に教育勅語の復活

 辺見さんは2004年の段階で「もう濁流に身をまかせるしかないような状態を生みだしてしまった。」と強い悔悟の念を表しているが、今の状態をなんと言い表したらよいのだろうか。そして、この状況を克服する道はあるのかを考えると絶望的な気持ちが沸き上がってくる。しかし、その困難の道を求めて行こうと思う。そのためには「反動の濁流」の底に何があるのか、より深く見極める必要がある。次回から「反動の濁流」の底を辺見さんの著作を頼りに見ていくことにする。
スポンサーサイト