FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第758回 2007/03/23(金)

今日の話題

学者先生の浅薄な国家意識

 またまた、学者先生の驚くべき言説に出合った。

 今朝の東京新聞・「こちら特報部」は「国民投票法案は真にフェア か?」を特集している。まず「国民投票法の法案作りにも参加した 小林節・慶応大学教授(憲法学)」の見解をまとめている。 しかし、私が今日取り上げるのは国民投票法案そのもののことでは ない。

 小林先生は、氏自身の憲法に対する基本姿勢を語っている。その 中で平和主義に関して述べている次の部分に私の意識が引っかかっ た。

「(前文で)『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して』としてい るが、北朝鮮のように、そんな国民ばかりではない。」

 この学者先生には「国民」と「国家」の区別はないんだろうか。 だとすると、そんな杜撰な国家観でよく学者が務まるものだと ほとほと感心してしまう。まあ、科学的国家論の欠如はブルジョ ア学者共通の欠陥だけどね。

 でもいくらブルジョア学者でも最低限「国民」と「国家」の区 別ぐらいはできているのじゃないかな? もし「国民」と「国家」 をキチンと区別した国家論を持っての上としたら、こんどはこの 発言は、沈タロウやそのご同類のネットウヨと呼ばれている糞バエ どもとなんら変わらない差別意識をはからずも露呈したことに なる。

 北朝鮮国家がどんなに圧制的で危険な国家であっても、北朝鮮の 圧倒的多数の国民が「平和を愛する」国民であることを私は疑わな い。現在の日本国家がどんなに醜悪で好戦的な国家であっても、圧 倒的多数の日本国民が「平和を愛する」国民であることも私は疑わ ない。

 ちなみに、憲法前文の主語は一貫して「われら=日本国民」であ る。国家は最後の二つの段落に初めて現れる。

『われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を 無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なも のであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と 対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想 と目的を達成することを誓ふ。』

 「国民」と「国家」をはっきりと区別して、国民の側から 国家に対して国家の理想的なありようを示し、日本国家を そのような国家にすべく全力を挙げることを誓っている。 しかし、日本国民もいささか、いや、かなりに不甲斐なく、 現実はますます理想から遠ざかる状況にあるけどね。

 あっ、小林先生は憲法学者だった。「釈迦に説法、孔子に悟道」でし た。
スポンサーサイト