FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第749回 2007/03/11(日)

《滝村国家論より》:政治とは何か(3)
直接<政治的社会構成>に関わる問題


 <共同体-内-国家>の具体的なあり方を考えるときは、理論的に 『<政治的国家>と<社会的国家>』 という二つの概念が必要不可欠だ。政治事象を扱う場合も、当然、 この二つの位相をふまえて構造的にとらえなければならない。

 これを<共同体-内-政治>事象の発生について敷衍すれば、 <国家>それ自体の根柢に関わる<政治的>問題から生起する場合と、 <経済的・社会的>レヴェルから媒介的に転化してくる場合との二 通りの場合に分けて考えることになる。

<政治的>問題から生起する政治事象

 社会の<政治的社会構成(秩序)>に直接関わる問題と実践的に 関わるとき、<国家意志>の最も本質的な部分に介入し、対立・抗争 することになる。
 例えば、<総資本>としての財界トップリーダーが、その政治的 代理人(政治家)や官僚に対して、各種法規の作成・立法・施行を 働きかけていく過程とか、あるいはこのような過程に対して 被支配階級の側から、 議会内・外においてあらゆる手段と方法で、ブルジョア政治構造 の根柢的止揚を目ざすような運動を積極的に強力に対置する過程とか を想起することができる。

 最近では<総資本>意志は、あからさまに国家の根幹に関わる 最高法規の改編にまで介入しようとしている。オテアライ・ビジョン はそのマスコミ向けの声明にほかならない。

 教育基本法改悪をめぐっての攻防は、国民的な強力な高まりを 創れずに予定どうり終わった。共謀罪・国民投票法・憲法改悪 と、政・財・官が打ち出している攻撃はまだまだ続く。

 社会の<政治的秩序>の問題から派生する政治事象は上のような 対内的政治構成の場合のほかに、<共同体-間-政治>によって媒 介される場合もある。つまり、<国家>それ自体の存立に関わる問 題として<国家>の外的規定性の問題、あるいは対外的な政治構成 の問題によって媒介される場合である。

 最も典型的には、対外上の基本政策をめぐる諸党派間の論争・抗 争・闘争がまき起されるケースである。滝村さんは、例として、対 外政策の根本的な問題である政治的・軍事的政策をとりあげている。


 政治的・国家的理念の問題を根本義と考え、国際世界における自 国の政治的および経済的な地位のゆるぎない確立と向上を追究する 政界のトップ・リーダーや、個別資本の利害にとらわれず何よりも <総資本>の立場と利害を巨視的かつ根柢的に把えることのできる 財界のトップ・リーダー、また、政治的理念よりもそのことによって 得られるであろう少なからぬ経済的利害を考え計算した一部の資本家 等が、他の友好諸国と政治的・軍事的な条約を締結して、敵対する 諸国との間の起りうべき衝突に備えようと画策した場合、 同じ支配階級内部でも、もっぱら自国の政治的理念と立場の考察か ら、友好諸国との条約は同盟形態による自国の実質上の屈服である として反対する愛国者や、それによって少しも利益にあずかれない 不満たらたらの資本家もいて、条約締結に到るまでの事態は非常に 複雑になってくる。

 また、当該政権担任者が軍事同盟条約の履行に忠実であろうとす れば、当然いざという場合に備えて<徴兵制>を施行しようなどと して、内的な政治体制を整備すべく対内的な関連法規の改正・補正 まで図るから、被支配階級にとってはたんなる思想上の問題ではな く、極めて切実な現実的問題として認識され、彼らの反対運動は高 度の<政治性>を帯びるようになる。

 さらに軍事同盟条約には、多くの場合リーダー・シップをもつ国 への基地提供等の条項も含まれているため、基地設置に伴なう様々 な実害〔土地接収・騒音・戦闘機の墜落・演習や爆発物の大量貯蔵 による危険性など〕を予想して反対する人々もあらわれ、この方面 からも条約反対運動は高度の<政治性>をもつようになるわけであ る。


 滝村さんのこの論文は35年前のものだが、まるで現在の政治状況を 述べいるようだ。

 「政権担任者が軍事同盟条約の履行に忠実であろうと」して、「いざという場合 に備えて「内的な政治体制を整備すべく対内的な関連法規の改正・補 正」を図り、成立せしめてきた法規は、
「周辺事態法」であり
「通信傍受法」あり
「国旗・国歌法」であり
「改定住民基本台帳法」であり
「憲法調査会設置法」であり
「団体規制法」あり
改悪「教育基本法」
である。
 共謀罪・国民投票法・憲法改悪の後には当然<徴兵制>が想定され ているだろう。沈タロウが「徴兵制度があれば90%が自発的に参加す る」と発言しているそうだ。
[政治とは何か(3)]の続きを読む
スポンサーサイト