FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第641回 2006/10/23(月)

国家の起源とその本質(1)
国家論における二つの位相


 と、いうわけで国家について勉強しなおすことにした。このホームページでは 三回目の国家論ということになります。その後で「世界共和国へ」に戻ります。

 目標は、もちろん、科学的な国家論でなければならない。教材として、 とりあえず滝村隆一著『「アジア的国家と革命」第二部「国家の原理と 政治の論理」』所収の「国家論におけるマルクス主義と国家社会主義」 を選んだ。

 動物を逸脱してしまった人類(私はチョッとふざけて「ドウツブ」と 命名した。)は共同体を形成して生きるほかにこの地球という環境を生きぬくことができなかった。しかし、相互扶助を旨とした 共生のための共同体がいつしか国家という巨大な怪物に変貌してしまった。 人類を自然の脅威から解放するはずのものが自らの存続を脅かす脅威・桎梏 となってしまった。このドウツブが陥ってしまった陥穽、あるいは宿痾とも 言うべき巨大な怪物から人類が解放されることは、はたしてあるのだろうか。

 この巨大な怪物は一筋縄では捕捉できないしろものです。いきおい、 その怪物の解明は多面にわたり難解にならざるを得ない。
 滝村さんの論文は私にはとても難解です。白状すると私は滝村さん の労作を、必要に応じて拾い読みをしてきただけで、きちんと読んでいな い。しかも、手元にある本も20~30年ほど前に出版された3冊だけ。そのよう な事情の下での選択だから、今回選んだ論文が目下の目的にかなった適切な ものかどうか心もとない。途中で他の論文を追加したり、他の論文に鞍替えし たりするかもしれないが、ともかく読み始めます。(なお、これから 読む論文は講演録です。)

 滝村さんは国家を<共同体―内―国家>と<共同体―即―国家>という二つの 位相に分けて論じている。その二つの位相は言い方で<狭義の国家><広義の 国家>とも言っている。この二つの概念がどういう意味なのか、とりあえず 私の理解を述べておきます。論文を読み進めるうちにより詳しくはっきりとし てくるはずですが、あるいはその過程で訂正を要するかもしれない。

 <共同体―内―国家>あるいは<狭義の国家>とは一つの共同体の内部において 機能している国家、つまり<国家権力>のことです。
 <共同体―即―国家>あるいは<広義の国家>とは他の国家との関係において、 つまり国際社会の中で機能する国家のことです。

 次回に詳論します。
スポンサーサイト