FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
205. 詩をどうぞ(16)
2005年3月7日(月)


トップへ戻る   目次へ戻る

205. 詩をどうぞ(16)

2005年3月7日(月)




犬      嶋岡 晨

Ⅰ
尻尾はあるか
と振り向いてみなくてもいい
他人のさし出す汚ない手を
なめたくなったらきみはもう
犬だ

あやしげなことばの煮汁をぶっかけた
人生の残りものに涎をたらし
無意識に尻尾をふったときから
きみは首輪と鎖の従属物だ

ああ 変身はこんなにかんたんだ

かつて枯れ枝のように折って燃やした
あの夢の地平線にむかって
せいいっぱい遠吠えするがいい
きみの「故郷」は
飼い主のなかにもないのだから。


Ⅱ
ぼくがこんなにいそがしげに尻尾をふり
きみたちの慈愛に甘えるからといって
ぼくの口がこんなに深く裂け
裏切りの牙を光らせ
しかもいじけた乞食の目をもってるからといって
ぼくを犬だときめつけないでほしい

ほんとうはぼくは
少しばかり毛深すぎ
みずからの動物性に忠実に
地面にへばりつくのが好きなだけだ

いやいやそんなに深刻に
考えないでほしい
きみたちとぼくが
生活の場を共有しているからといって
それほど関心があるわけじゃない
つまり「主従関係」や「家庭の事情」に
あるいは時代のいやな匂いに……

ぼくはただ
やむをえず犬の肉体を借りている
つややかな「自己愛」にすぎない
ときに
非人間的な疾走によって
センベイみたいな太陽にとびかかり
雲だらけになって帰ってくる
ささやかな「自由」のもちぬしにすぎない。

(「ユリイカ1974年6月号」より)


 もれ聞くところによると、最近都立高校ではイシハラ犬とかトキョウイ犬とか、権力・権威 の薄汚れた手をよだれを流しながら舐めている犬が増えているとかいうことです。もう一つ下の 科で分類するとコウチョウ犬・フクコウチョウ犬・シュカン犬・シュニン犬とかがあるといいます。 フクコウチョウ犬・シュカン犬・シュニン犬というのは新種でしょうか。私ははじめて知りました。 そういえばキョウトウ犬というのは絶滅したのでしょうか。
これらの犬は総称して奴隷犬と呼ばれているそうです。奴隷犬は奴隷根性でヤニだらけになった 牙をむき出して、かっての自分の同胞に威嚇のうなり声を浴びせているそうです。そして、盗人 にも三分の理、いや、犬にもドッグの理ありと、あのヒットラー犬・アイヒマンの言い訳を密かに翻 訳しているということです。
 いま都に増殖している奴隷犬の生態の一例でも紹介できればよいのですが、今日はこれにて 失礼します。ごきげんよう。
スポンサーサイト