FC2ブログ
2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。

8. ホームページ開設一週間記念号
 2004年8月22日


 毎日更新する自信がないので、タイトルを「不定期便」として始めました。それでも一週間続けられたのでホッとしているところです。今日は一週間記念日と言うことで一息入れて一杯やることにします。(実は毎日一息入れて飲んでます。)

 私は元来たいへんな怠け者なので、いったん妥協するとズルズルと駄目になっていきがちです。よほどの事情がない限り日刊を続けよう、自分に言い聞かせています。

 そのためにいろいろな刺激がほしいです。刺激の一つとして、「メールの輪」に期待しています。「メールの輪」の中で、私への批判や反論があったり、メール発信者相互の間で議論が起こったりするといいなあと思います。
 また直接「君が代日の丸」に関係ないことでも、職場での出来事(もしあなたが教員なら、校長や教頭の言動や職員会議の様子や生徒たちのことや同僚とのやり取りとか)や本の紹介やデモなどのイベントの情報などを交換できたらと思います。

 いま毎日、私が元気と刺激をもらっているサイトを紹介します。

 今年早々に友人から「澤藤藤一郎の事務局長日記」というサイトを教えてもらいました。以来毎朝、コンピューターを起動すると、まず「事務局長日記」を読むのが私の日課の一つになっています。

 処分で脅し、スパイまがいの監視をつけた「君が代日の丸の強制」などというとんでもないことが行われているのに、ほとんどのマスコミは見て見ぬ振りを決め込んでいます。権力の広報機関に堕して、権力批判をほとんどしなくなっています。産経・読売などは強力に都教委の後押しをしています。
 マスコミを掌中にした権力は暴走します。怖いのです。ナチスや大日本帝国が国を挙げての狂気に邁進してしまったのには、マスコミの力が大きくかかわっています。9.11同時多発テロ後のアメリカがそうでした。

 もうこの国は「大日本帝国」の亡者たちに乗っ取られてしまったのか、と絶望と無力感でヤケッパチな気持ちになっている時に「事務局長日記」に出会いました。味方にこんな素敵な人がいる。まだ諦めるのは早い。絶望している暇などないぞ、と元気付けられました。

 澤藤さん(もちろん一面識もない方ですが、ついこう親しく呼んでしまう。)と、私はとても波長が合っています。朝、新聞に目を通して意識に引っかかった記事があると、食事をしながらカミさんを相手に批判したり、怒ったり、愚痴ったりしていますが、翌日には、ほとんど必ず同じ記事を澤藤さんが「事務局長日記」で取り上げています。カミさん相手の私のしどろもどろの愚説と違い、切れ味鋭く的確に論じていて、してやったりと溜飲が下がります。
 いつ寝ていらしゃるんだろうかと心配なほど、八面六臂の活躍でお忙しい方なのに、「事務局長日記」を毎日欠かさず書いています。頭が下がります。

 是非「お気に入り」に入れて下さい。

「澤藤統一郎の事務局長日記」
http://www.jdla.jp/jim-diary/jimu-d.html
スポンサーサイト