2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
(第一次安倍内閣の発足は2006年9月26日だった。勿論この頃から安倍は「無知にして無恥」だった。「美しい日本を取り返す」はこの時からの彼岸だった。では、この「無知にして無恥」な総理大臣の頭の中にある「美しい国」とはどんな国なのだろうか。「戦後レジームからの脱却」などと叫んでいるから戦前・戦中の日本国を指しているのだろう。10年ほど前、私はこうしたスローガンが「無知にして無恥」な結果の所産だと思っていたのだろう。2007年3月25日~27日の今日の話題はそれをテーマにしている。「無知にして無恥な歴史認識」というカテゴリをもういけて掲載し直すことにする。)

2007年3月25日(日)
軍神の母

 大日本帝国は敗戦が決定的となったにもかかわらず、国体護持の思惑ゆえに降伏を長引かせ、破れかぶれの無謀な作戦を立てては若者たちを死へと駆り立てていった。その無謀な作戦の典型が神風特別攻撃隊であり、人間魚雷回天であった。

 「天皇陛下バンザイ!」といって死んでいったものはいない、みな「おかあさん!」と言って死んでいったと、誰からか、少年の頃に聞かされたことがある。

 佐高信さんの『許されざる者、筆刀両断』で、『「軍神の母」と喧伝された』特攻隊員の母親・加藤まさ(仮名)さんの悲痛なエピソードに出合った。吉武輝子著『死と生を見すえて ー 娘あずさへの手紙』で知ったものだという。

 軍人一家の長男に嫁いだ彼女は、続けて三人、女の子を生み、男がほしかった加藤家の者たちに舌打ちされた。ようやく四番目に男子が生まれ、掌を返したように喜ばれたが、彼女はその息子を立派な軍人に育てるべく、厳しく教育した。

 中国とだけでなく、アメリカとも戦争することになった日本は、やがて、特攻という作戦とも言えない作戦を開始する。

 加藤まささんの息子もそれに出発する前、最後のあいさつに帰宅した。その息子に彼女は、先祖伝来の短刀を渡し、
「生きて虜囚の辱めを受けるなかれ」
と告げる。

 捕まるくらいなら自決せよということである。そんな〝護国の鬼″と化した母親に、息子はまるで上官に対するような敬礼をし、戦場に発って行った。22歳の誕生日を迎えたばかりだったという。

 そして一週間後、玉砕の知らせが届く。
「後に続く者を信ず」
これが遺書と伝えられた。

 しかし、敗戦後、息子の戦友だったという若者が訪ねて来て、母親は「もう一つの遺書」があったことを知る。

 仏壇に供えられたそれを開いて、彼女は慟哭した。そこには、震えるような文字で、
「僕はただ、母さんに抱いてほしいと願っていただけなのです」
と書いてあったからである。

 彼女はその後、88歳で亡くなるまで、「わが子の命を奪うことに手を貸してしまったという痛恨の思い」から逃れることができなかった。

 せめてもと、特攻の残骸を求めて南の島々を行脚し、それを見つけると、まるで、わが子を抱きしめるように、かき抱いたという。

 私が知っていた無謀な作戦は神風特攻隊と人間魚雷回天であったが、さらにむちゃくちゃな作戦があったことを知った。その名は人間潜水艦「伏龍」。次回で詳しく取り上げよう。
スポンサーサイト
2007年3月26日(月)
特攻隊員怨念の刀傷

 東京新聞(3月24日朝刊)のコラム「心のファイル」で瀬口晴義記者が『城山三郎さんと「伏龍」』という追悼文を書いている。その中の一節。

 経済小説で有名な城山さんの原点は、敗戦間際、海軍特別幹部練習生に志願した体験だ。戦争があと数カ月長引いていたら、伏龍特攻隊の要員になるはずだった。

 伏龍は、海底に潜む兵士が、竹ざおに装着した爆雷を敵の舟艇に突き上げて自爆する本土決戦用の部隊だ。

 漫画のような発想だが、三浦半島の久里浜や野比などで実際に訓練が実施され、装備が不十分なために殉職した兵隊が相次いだ。戦争指導者の愚劣さが凝縮されたこの特攻を発案したのは、山本五十六元帥の懐刀といわれた黒島亀人少将。予科練生たちの乗る飛行機がなくなり、余剰人員の〝有効活用″という背景があった。

 これが大日本帝国の戦争指導者の本性なのだ。もう狂っていとしか言いようがない。さらに瀬口さんは、城山さんから直接聞いたという次の話を伝えている。

 大分県中津市の料亭に、特攻隊員が出撃前夜の最後の一杯を飲んだ部屋が残っている。そこを訪ねた城山さんは次のように語ったという。

 柱や鴨居(かもい)が刀傷だらけ。明日、出撃するという悲しみとうっぷんを晴らそうと、狂ったように刀を振り回したんでしょうね。『特攻を考え、命じたやつは、修羅だ』という怨念の声が聞こえるような気がしました。

 続けて瀬口さんは言う。

 特攻は多くの場合、志願ではなかった。命じられた側は、絶望をのみ込んで出撃した。城山さんは特攻を命じた側には常に厳しかった。

 「日本が戦争で得たのは憲法だけだ」。それが城山さんの持論だ。

前回紹介した「軍神の母」は、知覧の特攻記念館を訪れて涙を流したというポチ・コイズミを叱咤して書かれた「泣くより怒れ」という小文の中のエピソードだった。その文を佐高さんは

 ただ、私はやはり、特攻記念館を訪れて涙する首相ではなく、怒りを新たにする首相であってほしいと思う。自らが同じ過ちを繰り返さないと誓うためにも、そこは感激して泣く場所ではないのである。

 さて、ポチの跡を継いだ狆ゾウはどうだろうか。(次回で)
2007年3月27日(火)
狆ゾウの欺瞞と浅はかさ

 『週間金曜日』(3月23日号)の「吉田有里の政治時評」で、吉田さんは『朝日新聞』(2月26日)の豊秀一記者の「歴史と向き合う」という記事を紹介して、次のように書いている。

 安倍晋三首相は、著書『美しい国へ』の中で、「たしかに自分のいのちは大切なものである。しかし、ときにはそれをなげうっても守るべき価値が存在するのだ、ということを考えたことがあるだろうか」と問いかけ、それを体現した存在として、「如何にして死を飾らむか」「如何にして最も気高く最も美しく死せむか」と書き残した特攻隊員鷲尾克己少尉の日記を紹介している。

 ところが豊秀一記者が日記を読み進めると、安倍晋三首相が美化した部分を書いた約4ヶ月後に鷲尾少尉は、「気高く死ぬる必要なし」「美しく死ぬる必要なし」と、全く違った言葉を吐露していたのだ。

(中略)

 事実は違っていた。鷲尾少尉は、最後の最後まで命じる国を問い、もがき、苦悩した。そして最後に、明らかに狂った国家が求めてくる非情な命令を受け入れるしかなかったのだ。その姿にこそ、私のような者にも通じる何かを見出すことができる気がした。

 豊記者が明らかにした事実は、他人事のように、国家のための死を「美しいもの」にできる安倍首相の欺瞞と浅はかさを明らかにした。そして、事実を闘わせる政治に身をおく者として、私自身も「事実の前に謙虚にならなくては」と、改めて痛感した次第だ。

 自分の都合のよいところだけを引用する詐術までポチ・コイズミを継承している。まともな感性をもつものなら、たとえ六十数年も前のことであっても、死を強いられた特攻隊員に大いなる苦悩や怨念があっただろうことは容易に想像できる。「美しい」などという陳腐で浅薄な評言で言い済ますことなどは、とてもできない。

 六十数年前ではなく現時点でのことなら、ポチと狆ゾウの想像力はリアルに働くだろうか。イラク侵略の手伝いに駆り出された自衛隊員の死の危険を、ポチと狆ゾウはどのように考えているだろうか。

 特攻隊員に感動して見せるポチと狆ゾウの「欺瞞と浅はかさ」を見事に示している記事があった。東京新聞(3月25日)の「新防人考1」より。

 昨年九月、首相官邸。安倍普三官房長官(52)=当時=のもとへ空自幹部が報告に出向いた。

幹部「多国籍軍には月30件ぐらい航空機への攻撃が報告されています」
安倍「危ないですね」
幹部「だから自衛隊が行っているのです」
安倍「撃たれたら騒がれるでしょうね」
幹部「その時、怖いのは『なぜそんな危険なところに行っているんだ』という声が上がることです」

 政府決定通りの活動を続け、政治家に知らんぷりをされては、屋根に上ってはしごを外されるのに等しい。安倍氏は答えた。

「ああ、それなら大丈夫です。安全でないことは小泉首相(当時)も国会で答弁していますから」

 確かに小泉純一郎氏は国会で「危険だからといって人的貢献をしない、カネだけ出せばいいという状況にはない」と述べている。「危険」は首相のお墨付き、というのだ。

 なんと言う無責任な奴らだろう。自分たちは現実の戦闘から最も遠い安全なところでふんぞり返っていて、死に対する想像力を全く欠いた次元で自衛隊員の死をもてあそんでいる。そしてもし戦死者が出れば、「美しい!」「感動した!」と涙を流すのか。