2006年9月4日 ホームページ『「日の丸・君が代の強制」と闘う人たちと勝手に連帯するレジスタンスの会』からの引越し完了しました。
第700回 2007/01/06(土)

戦争と平和
一般民衆にとって戦争とは何か


 以下は、吉本隆明著「戦争と平和」(文芸社)所収の同名の講演録(1995年) を、私見をまじえながら、要約したものです。


 戦争・内乱・紛争・テロなどいろいろなケースがありますが、ここでは二つ以上の国家 間の戦争に限って考えます。

 戦争で兵士となって実際に殺し合うのは私たち一般民衆(被支配階級)です。近・現代 の戦争では戦争で殺されるのは兵士だけではない。一般民衆もそれをまぬがれる事はで きない。いまイラクやアフガニスタンやレバノンなどで行われている戦争での惨事は、 毎日絶え間なく行われている。マスコミが報道しているのはそのほんの一部に過ぎない。

 60年ほど前に私たちの国が行った戦争では、アジアの国々で2千万人ほどの民衆が殺さ れた。私たちの国では、兵士のほかに広島・長崎の原爆や東京をはじめ150余の都市での 無差別爆撃などの死者を合わせて約300万人以上が殺された。

 親や子や兄弟姉妹を失った上に家屋・家財を全て失い、食べ物も満足に得られない人々が 世界中にあふれた。私もそのうちの一人でした。

 戦争についてマルクスは次のように考えた。
 強い国(侵略する国)と弱い国がが戦えば、強い方の国が相手国を占領したり賠償を 取ったりして勝利する。これが戦争の一般的な形態です。このような戦争において、当事国 以外の民衆は弱い国(侵略された国)に加担すべきだ。それが一般民衆の立場であるべきだ。

 レーニンは次のように言っている。
 戦争の当事国の民衆はにとっては、自国が負けるような加担をするのが正しい立場だ。

 これらに対して異議を唱えた思想家がいます。シモーヌ・ヴェイユです。民衆の立場と いうからには、相手国の民衆の立場も視野に入れなければウソである。そうすると、 自国が負けるように加担するというのは相手国が勝つことに加担することだから、相手国の民衆が 自国が負けるように加担することと矛盾する、というのです。
 さらにヴェイユは、精神労働と肉体労働という観点から戦争を考えている。

(「精神労働と肉体労働」の問題はヴェイユがトコトン考えていった問題です。 『「ほんとうの考え・うその考え」―シモーヌ・ヴェイユの神』を参照 してください。)


 それではヴェイユはどういうふうに考えたかというと、こういうふうに戦争 というものを追い詰めていくと絶望的だというふうに考えたんです。

 どうして絶望的かというと、民衆がいて、どんな政府であろうと政府がある。 どんな政府もあんまりよくはないと考えたとしても、精神的あるいは技術的な 労働をする人と肉体的な労働をする人 - 戦争を例にとれば参謀本部みたいに、 図上で「こう考えて、こうやればいい」と言っている人と現に兵士となって戦 場に行って命のやりとりをする人 - との区別、つまりより多く精神的なもの が関与する労働と体を動かすという労働との区別は人間の中からなくすことが できないんじゃないか。そうすると必ず、より多く精神的な労働をしている人 がより参謀本部的な、つまり命のやりとりからはちょっと離れたところで何か 命令していればいいみたいな形に、どうしてもなっていくので、精神労働とい うことと肉体労働ということとの区別、差別といいましょうか、あるいは分業 といいましょうか、そういうものがある限り、ちょっと絶望的なのではないか というのがヴェイユの追い詰めたところであるわけです。

 ヴエイユはそれ以上の戦争についての考え方とか解決の仕方とかいうのを考 えることなしに、そこのところで行き詰まってしまったといいますか、終わっ てしまったというふうに、大雑把にいうと言うことができます。


 ここまで考え詰めてくると、もう行き詰まりです。これは戦争は起こり得るものという 前提で考えているからで、戦争そのものをなくす以外には方法はないということになる。
スポンサーサイト
第701回 2007/01/07(日)

戦争と平和(2)
政治的リコール権


 戦争を命令するものと実際に命のやり取りをするものとの区別はなくならないという ヴェイユが絶望して放棄した問題点は、敷衍すれば議会制民主主義(ブルジョア民主主義) の問題点でもある。

 『「国家意志」とは何か』で見たように、議会が国民の意思を反映するなどというのは 幻想にすぎない。理論的にそうだし、現実の政治過程を点検すれば実証的にも明瞭な事実 です。昨年末、この国の未来を誤まるような重要法案が国民の意志とは無関係に決められ ていったのを、私(たち)は見せつけられたばかりだ。あれは狆ゾウ政権がどうのこうのという 問題ではない。あれがブルジョア民主主義の本質なのです。12月22日・23日の 「今日の話題」『国会の「欺」事から見えてくる「ブルジョア民主主義」の正体』でも明ら かにしたことです。

 資本主義経済システムを下部構造とした近代国民国家を棄揚しない限り戦争はなくならない。 戦争をなくす方策を考えることは、近代国民国家を棄揚する道すじを考えることで もある。その道すじは①下部構造(資本主義経済システム)の棄揚と②上部構造(国家 =ブルジョア民主主義)の棄揚の二つある。この二つの道すじが一つに合流するところが目指す ゴールということになる。

 マルクス主義では「上部構造は下部構造に規定される」と言われている。吉本さんは 上部構造は下部構造とは相対的に独立していて、上部構造をそれ自体として扱うことがで きるという立場からさまざまな論及をしてきている。「戦争と平和」ではもっぱら②の問題を 考えている。『吉本隆明の「ユートピア論」』でも中心テーマであったように、 ②のための方策は「国家を開く」ということにつきる。具体的には「リコール権」の 確立ということになる。

 憲法は主権在民を謳っているが、その主権の行使は代議士を選ぶ選挙での投票だけという ように矮小化されている。しかも、社会的不平等のもとでの一票はまったく平等ではない。 さらにしかも、選ばれた代議士のおおかたは政治利権屋でしかない。間接民主主義は一般国民 意志を反映しない。国民が主権を直接行使できる仕組みを創るほかない。


 そこに、ただ一カ所(憲法に)条項を設ける。それは、国民が主権を直接に行使したい と考えた場合には、過半数の署名を集めて、無記名の直接投票によって過半数 を占めた場合には政府を取りかえることができるという条項を一つだけ設けれ ば、戦争は防止されるとは言わないまでも、どんな政府ができても大衆の同意 なしには戦争はできないということになるんじゃないかとおもうわけです。半 分はそれでできるんじゃないか。

 もっと極端に言えば、国家というのをなくしてしまえば国家間戦争というのはなく なってしまいますから、なくしちゃえばいいわけですけれども、ある限りはどうした らいいのかといえば、憲法の中にでもいいですけれども、一つ条項を設ける。

 要するに国民が直接主権を行使したい場合には、代議士さんを介さなくても、 過半数の署名を得て直接の無記名投票をして、それが過半数を占めたならば政 府を代えることができるという条項を一つ設ければ、戦争その他、あんまりい いことをやらないじゃないかという政府はリコールすることができるというこ とになる。民衆の意志によって代えることができるということになります。

 僕の考えでは、そういうリコール権というようなものを憲法なら憲法の中に 書き込むことができれば、戦争について政府の言いなりに命令で応召して兵隊 となって出て行くとかということなしに、もしその戦争に反対であるならば、 あるいは自分のほうが命がけになって頭を働かせている人はあんまり命がけじ ゃなくても済むというような不公正をなくするには、そういう一項目の条項を 憲法なら憲法の中に書き加えればいいじゃないかということが、僕が解決点だ と考えている唯一の点です。

 政治的な国民のリコール権、つまり国民主権の直接行使という条項を憲法の 中に設けるということが、僕に言わせれば戦争を防止する最後の課題になって いく。

 その課題が実現しない限り、戦争というのはしばしばやられちゃうと、僕に はおもえます。ですから、戦争をなくするにはどうしたらいいかというふうに 僕が考えたところでは、要するに国民主権の直接行使によって政府を代えるこ とができるという条項を獲得するということが、戦争をなくする唯一の入口に なるんじゃないかと考えております。

第702回 2007/01/08(月)

戦争と平和(3)
私たちにはどんな抵抗が可能か


 憲法に「リコール権」を追加することなど、現在のどの政党にも期待できないのは明ら かだ。どの政治党派もいったん権力を握ればそれに頑強に固執して手放そうとはしない。 もちろん歴史上、リコール権を明文化した国家は皆無だし、したがって国民の命運に関 わる重大時に対処するために合法的なリコールがおこなわれた事はかって一度もない。 しかし、これまでに民衆による「叛乱」という暴力的なリコールは枚挙にいとまない。 最も最近の例ではソビエットの崩壊がそれに当たる。(クーデターは民衆によるリコール とは全く異なる。)

 しかし、ソ連の創成期、レーニンにはリコール権という考えがあった。しかし、それが 明文化されることはなかった。もしソビエット憲法にそれが明文化されていたなら、ソ連 はもっとましな国家になっていただろうし、民衆の血を流しながらのリコールという惨事 は必要なかった。

 「リコール権」の獲得は容易には実現し得ない。しかし、それが現在では最も重要な 政治的課題であるという認識を一般大衆が共有して得れば、その実現への可能性は 芽生えるだろう。

(少し、吉本さんの著書から離れます。)

 法やシステムの改革を通して戦争をなくす道は遥か遠く、容易ではない。あとは 個人的な抵抗・非協力を貫く道があるが、現実の戦争が起これば、これは命を賭しての 闘いとなる。わずかながら「大東亜戦争」時の抵抗者が記録されているが、記録される ことなく埋もれてしまった無名な人たちの抵抗が、点の様にではあっても、存在したで あろうことを私は疑わない。しかし、いわゆるレジスタンス運動は皆無であった。 私たちが持っている無名者の記録は、靖国神社、知覧特攻平和会館、『きけわだつみの こえ』など、国家のまやかしの「聖戦」に殉じた悲劇ばかりだ。

 私は20年ほど前に手にした一冊の本を思い出した。『イタリア抵抗運動の遺書』(冨山房 百科文庫)。フランスのレジスタンスは侵略者ドイツへのレジスタンスであったが、 イタリアのレジスタンスは自国のファシズム政府へのレジスタンスだった。そして、 イタリアと同じような状況下の日本ではレジスタンスは皆無だった。何故なのだろうか。

 同書の河島英昭氏の「解題」から。


それにしても、イタリアにおいて、なぜ反ファシズム闘争が可能であったのか?  本書の《手紙》の老若男女の書き手たちは、どのようにして個人の苦しみと歴史の苦 しみによく耐ええたのか? この疑問に対する答えは、掛け替えのないこれらの魂の 記録の一篇一篇の行間に、いわば無限の深淵となって、垣間見えるであろう。それ らを覗きこむたびに、私たちは目の眩む思いがする。それはあたかもすぐれた詩に出 会ったときの衝撃に似ている。一瞬後に、私たちは閉じたおのれの瞼の裏に、永遠の 暗い輪を認めるであろう。死が永遠であるが.ゆえにそれは死から発せられた一つの 答えだ。思うに、本書ほど死の影に満ちみちた記録は少ない。しかも個々の戦士 は、みずからの意志で、死に立ち向かったのである。

 1920年代から40年代にかけて、イタリアの民衆はファシズムから反ファシズムへと、 激しい思想の変革を遂げた。もちろん、A・グラムシやP・ゴベッティのように、すぐ れた思想家や知識人たちが果たした指導的役割の重要なことは、言うまでもない。 しかし、それに劣らず重要なのは、民衆が彼ら自身の生活のなかで、結果的に思想の 変革を果たしたという事実である。その変革の日々のなかでの、個々人の精神の軌跡 が、そして彼らの共通の理想を支えた叙事詩的クリマが、本書のなかには読みとれる であろう。

 最後に、不幸にしてイタリアの民衆と同じく、困難な状況下におかれた日本人に とって、昭和18(1943)年から昭和20(1945)年にかけて、抵抗運動が、ましてや 解放闘争が、ほとんど存在しなかった事実を、確認しておかねばならない。この甚だ しく不幸な時期にあって、いわば体制の犠牲者としての魂が、なかったわけではない (たとえば『きけわだつみのこえ』のように)。′だが、私たちは苦しい共感をもって それらの記録に接することがあっても、それらが〈レジスタンス〉の記録でなかったこ とだけは忘れないでおきたい。なぜならば、彼らの銃口は ―たとえば学徒動員され た兵士のそれは― 別の方角へ向けられていたのであるから。本書の手紙本文や略歴 から容易に読みとれることだが、イタリア抵抗運動のパルチザン兵のなかには、正規 軍からの脱走者が数多く含まれていた。銃口の向きを変えるためには、おのれの肉体 の消滅を賭けて、思想の変革を果たさなければならない。

第703回 2007/01/09(火)

戦争と平和(4)
トルストイの「平和」


(吉本さんの著書に戻ります。)

 近代的国民国家という現在の枠組みを前提とする限り、制度的には「平和国家」とい う国家はあり得ない。国家規模あるいは社会規模では平和と戦争は同じメタルの裏と表 である。平和が平和そのものとしてありえるとすれば、それは個々人の日常生活の繰り 返しの中に求めるしかないのではないか。そのとき、その平和は一人一人によって異な るものであり、それを一くくりにした平和一般という概念は成り立たない。

 吉本さんはトルストイの『戦争と平和』のモチーフを探ることを通して、 「平和とは何か」という問題を考えている。この部分はそのまま引用します。


 この中で主人公であるアンドレイ公爵は二度負傷するわけです。一度は、ナ ポレオンのフランス軍が侵入してきて、オーストリアとロシア軍がそれを阻止 しようとしてダニューブ川を隔てて会戦が行われて、そこで負傷する。動けな くなって仰向けに倒れながら、空が見えますから、
 「空がきれいで、深いな。静かだな」
というふうに考えているわけです。

 そこにナポレオンが麾下の将校を連れて戦線視察に来て、倒れているロシア 兵を見て「勇敢に戦って、みんな勇者だ」と褒めたたえながら歩いて来る。ア ンドレイ公爵が負傷して意識は朦朧としているところへも来て、軍旗がそばに 落ちていて、「この若者も勇敢だった」とナポレオンが言うのが耳に入ってく る。でも答えることもできない。

 ただ、自分が非常に尊敬している英雄であるナポレオンがいまここにいるん だということは、かすかに意識に残るわけです。だけれども、その時にアンド レイ公爵は何を考えるかというと、
「いま見えている深く青く遠くて静かなその空の深さに比べれば、この英雄の 考えていることなんかちっぽけなことなんだ」
と、かすかな意識の中でそういうふうに考える。その時にアンドレイ公爵の 考えたことがアンドレイ公爵にとっては〝平和″ということの意味なんだとい うふうに、トルストイは描いています。

 空を見てというのは、トルストイが非常に固執したところです。アンドレイ 公爵はもう一度、ポロジノというところでのモスクワ攻略の最後の大会戦みた いなものにあうわけですけれども、そこでやはり負傷して瀕死状態になるわけ です。担ぎ込まれて家族の目の届くところに帰還するわけですけれども、それ でもなかなか意識が回復しないで、むしろ死の方がだんだん近くなっていくと いう状態になるわけですが、死に瀕した時にアンドレイ公爵は ― そこはトル ストイの描写は非常に微妙なんですが ― 自分はもう死んじゃったというふ うに考える。

 死というのが初めてよくわかったとアンドレイ公爵が考えるわけですが、そ れは何かといったら、生から目覚めることが死だと思うんだということ、それ から夢みたいな朦朧とした状態から目覚めることが死なんだ、と。

 そういう目覚めたところで、いままで何かに制約されていたような感じとい うのが全部取っ払われて解放されたというような感じになるというのが、アン ドレイ公爵の臨終の時のトルストイの描写です。

 それは何を書いているかというと、決してトルストイは生の状態、死後の状 態というふうには書いていないんですけれども、精神が肉体を離れる時の感じ 方だという意味合いで書いています。
 つまり、死というのは生からの解放でもあったし、夢からの解放でもあった なというふうに感ずるということ、そしてこれが自分にとっての解放感だとい うふうに感ずるというのが、アンドレイ公爵という主人公が死ぬ時の描写であ るわけです。

 そうするとそこでも、トルストイが考えている人間にとっての平和というの は、アンドレイ公爵が死に瀕した時のそういう感じをトルストイが平和だとい うふうに言っていることを意味します。

 もっと簡単に言ってしまえば、死というのが人間にとっては平和なんだとい うふうに、トルストイは非常に平和について絶望的で、自分が書いている『戦 争と平和』という大長編のモチーフをそういうところに集約していっている というのが、トルストイの戦争と平和についての感じ方です。

 トルストイが、戦争というのはだめなものだというか、一方はナポレオンで あり、一方はオーストリアの皇帝であり、一方はロシアの皇帝でありという、 皇帝たちが自分たちの意向によって戦争を始めて、やはり死に行く者は一般大 衆なんだということを描きながら、主人公にとっては平和というのは死以外の ものではなかったし、自然を眺めた時の平穏の感じというのが平和なんだとい う以外になかったということが、トルストイの大長編のモチーフになっている とおもいます。

 戦争について突き詰めることは、ある程度はできるわけですけれども、平和 というのを万人に通ずるような意味あいで突き詰めることは、どういうふうに してもできない。

 トルストイでさえそれはできないので、主人公の死に瀕した時の気持とか、 動けない時に空を見た時の感じ、それが平和なんだというふうにしかいうこと ができなかったというふうに考えますと、やはり平和というのはむずかしいこ とで、それぞれの気持の中とか、それぞれの生活の中とか、家族の中とかとい うことの中にしか、平和ということの意味を認めることが、どうしてもできな い。むずかしいというふうになるとおもいます。

第704回 2007/01/10(水)

戦争と平和(5)
一人一人が自分の「平和」をバネに



 例えば僕にとって平和というのは何なんだというふうになれば、これは誰にも通じな くて、自分の持っている固有の生活状態とか、固有の家族状態とか、そういうものの中 から出てくる平和というものの感じとか波立っている感じとかいうものを見つけ出して いく以外にないということになります。

 つまり、一般論でいいますと、戦争についてはある程度、いま申し上げまし た通り突き詰めることはできますけれども、平和については各人の生活状態、 心の状態、それからそれを取り巻いている社会の状態というものの中に、それ ぞれが感じている平和というものを護っていく以外、あるいは実現していく以 外に、平和というのを一般論として定義することは非常にむずかしいし、また 極端に悲観的に考えれば、トルストイのように生きている限りはそれはないと いうふうに考えざるを得ないところまで、平和というのは個々別々の人々の生 の中にしかないということになってしまう。

 戦争と平和についての、僕等が考えてひとに言うことができるどん詰まりの 考え方といえば、そこの問題に帰着してしまうとおもいます。


 私の中には仏や神はいない。だから当然なこと、神頼みや仏頼みををするという発想も ない。単なる形式的な年中行事としても、お付き合いでも、初詣などしようという気には 全くなれない。

 もちろん、神仏を信仰する人を否定するつもりはない。しかし、「信仰のない心は貧し い」というようなもの言いには「よせやい。手前味噌もいい加減せい。」と言わざるを 得ない。
 こんな、テーマとはかけ離れたことを書き始めたのは、吉本さんの「平和論」から 神社への願掛けの絵馬を思い出したのだった。観光などで神社に行く機会があると、 私は絵馬に書かれている人々願いを読むのを楽しむ。そこに書かれている事こそ、 人それぞれののささやかながら切実な平和なのだと思う。

 それらのたくさんの平和が達成され守られることを願う気持ちにはおおいに 共感できる。でも、その願いを達成できるのは「神」ではなく、私たち一人一人の 平和への強い思いだ。ひとりひとりの持っている「平和」について考えは違っていても 、それを脅かす「敵」は同じはずだ。もちろんその「敵」は実際に行われる「戦争」 だけではない。現在進行中の経済政策や思想統制など、戦争を引き起こす素地全部が 「敵」なのだ。

 残念ながら、圧倒的多数の人が「敵」を見誤っているとしか、私には思えない。 一体どれほどの人が、現在の政治状況・社会状況が危険水域を越えているという認識 を持っているだろうか。いま、一人一人が自分自身の平和を確認し噛みしめて、それ をバネに一歩前に進みでるときではないか。

 次回からは「戦争と平和」の現状を考えます。